2020年12月17日

#差別企業DHCの商品は買いません



化粧品会社ディーエイチシー(DHC)のオンラインショップのサイトに、在日コリアンを差別する文章が吉田嘉明会長名で16日までに掲載され、SNS上で批判が相次いでいる。ヘイト問題に詳しい専門家も「ヘイトスピーチそのもの」と批判している。
b409ee126b95eacc5facca24cb144289_1.jpg

文章はDHCが販売するサプリメントについて書かれており、競合他社について「CMに起用されているタレントはどういうわけかほぼ全員がコリアン系の日本人です」と記述。さらに、その企業名を「ネットでは揶揄されているようです」とし、在日コリアンの蔑称を用いて表現する一方、DHCは「純粋な日本企業」と記している。SNSなどではこの文章について「差別発言だ」などと批判する投稿が多く上がった。ツイッターには「#差別企業DHCの商品は買いません」というハッシュタグ(検索目印)を付けた投稿も続いている。ヘイト問題に詳しい師岡康子弁護士は「ヘイトスピーチそのものだ。蔑称を用いてコリアンルーツの人を侮辱し、社会から排除することを扇動している。大企業の代表が公式サイト上で文章を公表しており、その扇動の社会的悪影響は大きい」と指摘している。DHC広報部は文章掲載の理由や経緯などに関する共同通信の取材に「回答することは特にない」としている。

以上(2020年12月16日付共同通信報引用)

----



----

ビジネスと人権に関する国連の指導原則を、企業=ナイキがその実行の枠組みとし制作したCMに他ならない。DHCの広告で揶揄の対象とされたサントリーはDHCの件の広告に対するコメントは控えているが、同社の公式サイトでは ”「社会の一員である企業として、すべての活動において人権尊重の重要性を認識しています。私たちは、国連『ビジネスと人権に関する指導原則』(UNGPs)を実行の枠組みとしてとらえ、事業活動を行うそれぞれの国または地域における法と規制を遵守します」” と謳う。

「人権への負の影響を特定し、防止し、軽減し、そしてどのように対処するかということに責任をもつために、企業は人権デュー・ディリジェンスを実行すべきである。」(ビジネスと人権に関する国連の指導原則から)

----

DHCという企業は「人権デュー・ディリジェンス」に背くばかりか、本来防ぐべき人権への負の影響を自ら引き起こし、または負の影響を助長・利用した企業活動(やけくそくじ)を行っていると誰もが認識せざるを得ない言葉を、同社の会長・CEOは公に発していることになる。

「創業以来ずっと消費者の動向を見続けてきた私のやけくそな気持ちをわかっていただけたと思います。」(DHC 会長・CEO 吉田嘉明)のやけくそ=自棄糞=乱暴・捨鉢、な気持ちになる商品など誰が買うだろうか(「くそ=糞」は言葉としても汚い)?人権に責任をもたない(デューがない)企業の「やけくそな気持ち」が籠もった商品に、「賢明な消費者」ならば「#差別企業DHCの商品は買いません」となるのは理の当然。「人権デュー・ディリジェンス」を実行し、消費者をして「今日、NIKE履いてるのが誇らしい(SNSでの消費者の反応)」とまで言わしめるナイキとの企業責任のあまりの違いに愕然とする。「動かしつづける。自分を。未来を。」と「やけくそな気持ち」... 言葉遣いのみならずメッセージ性の違いは、DHCに企業として品性まで問われる。「人間として」という国際社会の大命題に背を向け「純粋な日本(人)」にひたすら青い鳥を探すは徒爾に属し自慰に耽ることに過ぎない。

そんなことに青い鳥を探すのは人の勝手だが(少なくとも吉田嘉明会長の勝手だが)、だからと言って、個人の内心に委ねるべき思想信条・正義を、企業活動を以ってその内心にずかずかと土足で上がり込み、商品と共に売り買いするものであってはならない。剰え、社会全体にヘイトを扇動するようなことは社会の一員たる企業であれば絶対に許されないことだ。「ただ、DHCの商品が好きだっただけなのです。」といった消費者の純粋な購買心に乗じ、人のためにするように見せて実は別の目的(ヘイト・排外/国粋主義)を果たそうとする「お為ごかし」に我々は乗ってはならない。

関連記事:
・「私は、”DHC商品”とお別れする羽目になりました。
・”国民の多数が「それでも日本人か」と言う代りに「それでも人間か」と言い出すであろうときに、はじめて、憲法は活かされ、人権は尊重され、この国は平和と民主主義への確かな道を見出すだろう。(加藤周一)”(「旅愁・横光利一」に対する注釈)


(おわり)


posted by ihagee at 06:08| 日記

2020年12月13日

サイアノタイプ - その112(引き伸ばし機)



昭和11年(1936)製乾板用ハンザ特許引き伸ばし機はM31スクリューマウント(ライカマウント)のAnastigmat F=125を木製のレンズボードを介して使っている。予備にもう一組レンズボードがあるので、通常のM42レンズを装着可能に改造してみた。

1 (75).jpg

(レンズボード:左=M42用に改造したもの、右=M31、オリジナル)
1 (74).jpg


元来、手札判サイズ(8×10.5cm)の乾板用の引き伸ばし機だが、120フィルム(6x6)用のFujinar-E75mmF4.5でも4" x 5"の乾板まで引き伸ばしに使える(5" x 7"も可能だが全体をプリントすることはできない)。戦前のAnastigmat よりも設計が新しくレンズ自体の造りも状態も良いのでシャープな像を得ることができる。数枚プリントを行った(印画紙はいずれもCotman Water Colour Paper (B5/ Smooth) )。

50690456511_6c9299910f_k.jpg

50691620636_44415922eb_k.jpg

(1900年頃の5" x 7"乾板でのプリント過程と作例)


通常、五〜八時間程度かかる焼き付けが上掲の場合は二時間で済み、ジャスミン茶でトーニングを行ってほぼ理想通りのプリントが作成できた。5" x 7"ゆえ、全体をプリントすることはできないがポートレイトならバストアップで済む。

----

50695221218_4542193f75_k.jpg

50699789771_1ee0d68ee3_k.jpg

(東京:1920年頃の4" x 5"乾板でのプリント作例)

50712118347_9f196365e0_k.jpg

(長野:1920年頃の手札判サイズ乾板でのプリント作例)


----

乾板ではなくガラスのキャリアを使ってフィルムも試した。

50707497082_cf8019b378_k.jpg

(国営武蔵丘陵森林公園:Voigtländer Superb(前期型)で撮影した 120フィルム(Kodak Tri-X 400)を使う)
50707259573_42db856358_k.jpg

(1930年頃Vermont metal milk jugs:1 3/4" x 2 1/2" フィルム)


レンズを交換しただけだが、プリントの階調や鮮明さが増したように感じられる。黒みが増すなどトーニングにも良い結果をもたらしているようだ。

(おわり)

posted by ihagee at 19:24| サイアノタイプ

2020年12月09日

尾身会長「クラスター追えない」



「実は日本がしのいできた理由のひとつに、クラスターを早く見つけて感染源を(特定した)ということがあるんですけど、もう保健所が疲弊して、クラスターの感染源を見つけるという方法が取れなくなっている」(2020年12月10日 NHK日曜討論でのコロナ対策分科会・尾身茂会長言)

----

”「クラスター潰し」の時間軸はもっぱら過去から今で、その過去が判らなくなって(クラスター発生に至る感染ルートが判らない)、端緒を含む今を叩いて潰しにかかっている。潰している間に別の場所でクラスターが発生し、その時間的間隔が次第に狭まってモグラ叩きゲームの終盤のようなパニック状態を呈し始め、タイムオーバーがパンデミックということ。ワクチン開発も含め、ヒョコヒョコ出てきたものへの対処は全て後手。(中略)目の前よりも目の先で叩くこと。ウィルスに置き換えれば、過去や今にばかり捕われることなく、「ちょっと先の方」(未来)の行動を予測し、その場を叩くこと(予めある地域を封鎖し=ロックダウン、行動自粛させ、無作為にスクリーニング検査を行い、感染弱者を隔離保護し、消毒防除に務める)によって、端緒自体を潰すことになるのではないか?”(拙稿「ハエ叩きでなぜハエを叩けないのか?」)

新型コロナウィルス(COVID-19)国内感染が始まった当初から今に至っても、所詮後手でしかない「クラスター潰し」を延々と行って、遂に「モグラ叩きゲームの終盤」の様相となってきた。GoToキャンペーンを此の期に及んでも諦めないどころか、外国からの入国規制も緩和するなど(11月1日〜)経済面の先手のみを優先させる。

医療崩壊が現実化すれば、高齢者や基礎疾患者といった感染弱者は「命の選別」で最後に順番付けられることになる(拙稿「命の選別」)。団塊の世代がすべて75歳以上となる「2025年問題」を見据えた医療保険制度改革議論に関係付けて、現役世代との間の受益・負担のバランス悪化を是正するには逆ピラミッド型の人口構成に手を付けようとしているのだ、と「恐ろしい」指摘をする識者もいる(2020年12月7日 大竹まこと ゴールデンラジオ!「大竹紳士交遊録」森永卓郎(経済アナリスト、獨協大学教授)。

「高齢者や重症化リスクが高い人」をこの際「淘汰」してしまおうなどと、「生殺与奪の権」を掌握することも新自由主義者をブレインとする菅政権なら考え得ることだ。

(おわり)


posted by ihagee at 03:17| 日記