2020年09月18日

心の癒し・インコでも人間でも






”私セキセイインコを飼育し60年越えでしたが昨年夏に最後の1羽亡くなりました。インコの鳴き声もなくそれ以来、気が抜けた 毎日、高齢となりこれ以上の飼育を諦めました。ネットで貴社の「森のセンサーバード」を知り購入いたしました。 インコの動作、さえずり、可愛いですね。とても心が癒されています。ありがとうございました。”
(Yahooショッピング「森のセンサーバード」のレビュー欄より)

----

我が家でもインコを一羽飼っている。齢14、人間で言えば80半ばの老体で脚が少し不自由になったものの毎日何気ない仕草で愛嬌を振りまく家族の一員。今はすっかり言葉を忘れてしまったようだが、数年前まではカミさんの声色でお喋りをしていた。

その彼女(雄なのに「ピーコ」と勝手にカミさんが呼んでいる)は、あしかがフラワーパークの売店で買った同種の玩具が大の気に入りで突っついたり、造作の花びらに頭を擦り付けたりして飽くこともないようだ。樹脂の花びらは頭を掻くには絶妙な形状をしていて、人間よりも本物のインコに遊んで貰おうと設計したかに思えるほどである。

電池が切れようものなら具合が悪いのかと心配気な表情をする(インコは顔色がある)ほどだから、つくりものでも情が通うのは人間もインコも同じだと上掲のレビューで感じた次第である。とても良い製品なので紹介したい。


(あしかがフラワーパークで買ったと同じ物・amazonで販売)




(電池が切れて動かないと心配そうにする)


(おわり)

posted by ihagee at 11:38| 日記