2020年08月28日

Wolverine MovieMaker Pro 購入(続きその3)



1 (2).jpg

(Wolverine MovieMaker Pro)

Wolverine MovieMaker Proの続き。

「フィルム位置を確認してください」と突然エラーメッセージが表示されてスキャニングが止まる現象が頻発。フィルムがジャミング(詰まっている)しているわけではない。フィルム自体はマイクロファイバーで事前に清掃を行い、本体側のフィルムガイドやスプロケットはエアダスターで埃を払っている。したがって、フィルム搬送に物理的問題が生じて停止したということではなさそうだ。

同じ問題が報告されていないかYouTubeを当たったところ、旧型のWolverine MovieMakerで構造上熱問題があるとの動画がアップされていた。




フィルムをフレーム毎に送り出す機構にはステッピングモータが使用されている。高トルクで頻繁な起動・停止を行うため、モータのコイルが高温になり、その上に配置されている制御基板やSDカードのスロットが熱を帯びてパルス制御やデータ書き込みにエラーが生じ、結果としてスキャニングが停止するということが想定された。旧型ではテイクアップリールを回すためのベルトがこの高温で溶ける現象があるそうだ。

最新型ではこのベルトはダイレクトドライブのモータに置換されたが、その他の部品構成はほぼ旧型と同一なので、熱暴走を疑って対策を講じる必要があると判断し、別稿のサイアノタイププリントで、ハイパワーUV LED 光源の熱対策でCPU冷却用のヒートシンクとファンが極めて効果的だったので、今回も熱源たるステッピングモータに集中して対策を講じることにした。

ステッピングモータのコイル部の面積に合わせてW22.5×D22.5×H5mm大のアルミ製ヒートシンクと、W40×D40×H10mm大でUSB電源駆動(三段階の風力調整機能付)のファンをAmazonで購入。

スクリーンショット 2020-08-27 19.27.38.png

スクリーンショット 2020-08-27 19.28.16.png


ヒートシンクをステッピングモータの側面(コイル面)と軸受部(金属)およびSDカードスロットの天板に貼り付ける。
5 (1).jpg

これら熱源に外気を当てて強制的に冷却するため、裏蓋の下部に穴を開けて対抗する内側にファンを配置した。
1 (12).jpg

2 (3).jpg

3 (1).jpg

1 (13).jpg

2 (4).jpg

(穴部のベンチレータは35mmフィルム容器の蓋を細工して利用・雑な細工だが効果重視)

さらに、帯電防止(防塵)効果があるFCJ製の帯電防止剤スプレーREP7を樹脂部に薄く施した(発光板は避けた方が良い。わずかな塗布ムラも影として映り込んでしまうゆえ)。

----

上述の施工後、スキャニングが何度も止まったレギュラー8のフィルムを使って、同じ症状が再現されるかテストを行うが、今度は何の問題も起きない。心なしかスキャンされる画像も綺麗に見える。ファンの風量は最大(H)にし、裏蓋上部のスリットに指をかざすと熱を帯びた空気が排出されているのが判る。ファンが外気を取り入れてヒートシンクから熱を逃し、結果として制御基板の熱暴走を防止しているのだろう。

Wolverine MovieMaker Proを使っていてエラー表示が頻発するようであれば、上述の措置を施すことを強くお勧めしたい。アナログ映写機ではフィルムが詰まるとたちまち溶けるなど光源の高熱に悩まされた。このアナ=デジ変換機はLED光源だからと熱対策を油断していた。ステッピングモータが熱問題のただならぬ伏兵であることを今般気付かされた次第である。

(おわり)




posted by ihagee at 18:22| 8mmフィルム(アナ→デジ)

生殺与奪の権



よく昔は六十になりゃ生き埋めにするとか、それから姥捨山へぶっちゃる(棄てる)とかいう。

一人息子が、年寄りをもってなくて(勿体なくて)、ぶっちゃれねえで、室(むろ)の中へ隠しといたって、そうしちゃオマンマ運んじゃくれ、大事にしておいたって。

そしたらところか、殿様に「灰の縄をなって出せ」って、ゆわれた(言われた)が、さあだれも灰の縄なんつものは、なえようもねえじゃい。

そうしたところが、息子が御飯持ってってやって、「殿様から灰の縄を出せっちゅうことをゆってきたけんど、灰の縄なんちゅ物出せねけんど、おっかさそういうこと知ってるかい」そうゆって、六十の上になるおばあさんに聞いただってなあ。

そうしたら、「灰の縄なって出さったらなら、ワラへ塩水うんと吹いといてなあ、そうしてそれから、縄になって、そうして一ぽ(一本)なったならば、それをたごんだやつをよーく干して、板の上せ結い付けて、そうして板の上で燃やせ」ってなあ。そうして板の上で燃やしたなら、ちゃんとたごんだいちりで、そっくり一ぽなって、殿様の前せ出したって。

そうしたら、殿様は、「だれもできねえに、こんな縄どうしてこせた」ってそういったから、「申し訳ねえが、こうゆで(可哀想で)、おっかさんぶっちゃらねえで、ムロの中へ入れておいて、聞いたなら、こうしろちゅから、そうして縄なってなあ、そうで出した」っていったら、

殿様は、「年寄りは大事にして、いつまでも生かしておけ」ってゆったって。

そういうわけで、それからはいつまでも生かしておくことになった、なんて、こう話したったけんど。

(浅川欽一著「信濃川上物語」から)

----

「年寄りは大事にして、いつまでも生かしておけ」ただしお殿様=御国の役に立つ限りということで、生かすも殺すも、与えることも奪うことも自分=権力者の思うままであることに変わりがない昔話ということである。百姓の生きるも死ぬも、その与奪の権利は年貢徴収権と共に知行制として領主に与えられていた(「生殺与奪の権」)。知行制の維持(土地の支配権)のためには、領主は、百姓は生かさず殺さず、死なない程度に働かせ年貢を納めさせた。ゆえに、年を取って働きの悪い者は死ぬしかなかった。姥捨、つまり棄老は民話として全国各地に存在する。

その話の顛末も二通りあるようだ。
・「役に立つなら生かしておこう」
・「親を捨てる非道さに子が気づく」

いずれも「生殺与奪の権」がお上にあることに変わりがない。経済合理上の人口抑制(間引き)は農民層の老人と赤子(嬰児・特に「めのこ」=女の子)を対象に姥捨・間引として存在していた。「おのこ=男の子」は殿上に奉仕するが、めのこはそうではないという、労働生産性=経済価値の有無で生きるか死ぬかが決まる層が大半であった時代を民話は語っているのだろう。

----

”厚生労働省は26日までに、新型コロナウイルス感染症の感染症法上の位置付けの見直しを検討することを決めた。現在は「指定感染症」となっており、危険度が5段階で2番目に高い「2類相当」。入院勧告ができるが、感染者数の増加に伴い医療機関の負担が重くなっている。このため多数を占める軽症や無症状の人は宿泊施設や自宅での療養とし、入院は高齢者や重症化リスクが高い人に絞ることなどが想定される。(中略)政府内には2類相当からインフルエンザ相当の5類への引き下げを容認する考えが出ている。”
(共同通信社報・2020年8月26日付)

”「どこまで高齢者をちょっとでも長生きさせるために、子供たち、若者たちの時間を使うのかっていうことは、真剣に議論する必要があると思います。こういう話多分、政治家怖くてできないと思うんですよ。『命の選別をするのか』とか言われるでしょ?命、選別しないとダメだと思いますよ。はっきり言いますけど。なんでかというと、その選択が政治なんですよ。選択しないでみんなに良いこと言っていても、多分、現実問題として無理なんですよ。そういったことも含めて、順番として。これ順番として選択するんであればもちろん、その、高齢の方から逝ってもらうしかないです」(大西氏の動画より*現在は非公開)”
(志葉玲タイムス 2020年7月10日記事より引用)拙稿「命の選別」から

----

新型コロナウイルスを指定感染症から外して、ただの風邪(インフルエンザ相当の5類)扱いとするらしい

ただの風邪として「入院は高齢者や重症化リスクが高い人に絞る」としながら、その入院・治療は3割自己負担(現状:新型コロナウイルスは感染症法に基く「指定感染症」扱い=感染した場合の治療費は公費負担となり、個人の負担はない)、とどの詰まり、二言目にも「経済」の市場原理を感染症なる非経済的領域に拡大適用し「高齢者や重症化リスクが高い人」を「淘汰」の側にまわすことになり兼ねない。ただの風邪扱いは、軽症や無症状の子供たち、若者たちに「適者生存」とばかりに弱者を淘汰する思想(選民意識)を蔓延らせることになる。

「どこまで高齢者をちょっとでも長生きさせるために、子供たち、若者たちの時間を使うのかって」といった、社会的弱者が死ぬことを「いたしかたない」とする思考は、「親を捨てる非道さに子が気づく」ことすらもさせない。

----

日本国憲法は生存権について第25条、個人の尊重(尊厳)について第13条に規定を置いている。

日本国憲法第25条:
「第1項
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
第2項
国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」

憲法第13条:
「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」

----

官僚機構や政治家の胸三寸で決まる生殺与奪の権。我々一人一人に自ずとある生存権と尊厳を制限・剥奪し、それらを市場原理の思いのままにする新自由主義思想がコロナウイルス禍に乗じてこの国を支配しつつあるのではないかと危惧する。

生産性の低い企業の淘汰により産業の平均的な生産性が上昇しても、そこにもはや「人間」が存在する必要すらない人工知能(AI)が稼働する社会が見えてきた(拙稿「AI本格稼動社会」への大いなる懸念)。

「生存権」や「尊厳」を語り合うのはそれらを共有する人間同士であるのに、AIの将来は計算機が「数理的」に答えを出せば終わりで、「人間」が経済の資源(モノの数)でしか語られなくなる。「生産性」なる価値を声高に語る人ほど、生産性の低い企業があたかも社会悪であるかのように、そこで働く人間の尊厳までも軽んじる傾向がある。それでは家内労働に頼る伝統工芸などひとたまりもない。

「人間とは非合理で非効率なもの。効率性などで測れないもの。」が真理だからこそ、我々一人一人は唯一無二の存在たり得、アイデンティティ(自己・自我意識)を保つことができる。「駕籠に乗る人担ぐ人そのまた草鞋を作る人」という諺にあるように多少経済的にムダがあろうと多様性の中にあなたも私も生かされているという暗黙知である。草履を作る人にも多様性なりのアイデンティティがある。

その非合理・非効率にこそアイデンティティを見つけた筈の人間(ゆえに人間たる)が、ムダの一つも許さぬ生産性(合理性・効率性)に奔放を得るのが新自由主義ということ。それではアイデンティティなど保たれようがない。経済の価値観に照らせば、芸術はモノの価値にもならないことにされ根絶やしになる。

そんなために我々は人間として生まれてきたわけではない。

(おわり)



posted by ihagee at 05:37| 政治

2020年08月08日

Wolverine MovieMaker Pro 購入(続きその2)



1 (2).jpg

(Wolverine MovieMaker Pro)

Wolverine MovieMaker Proの続き。

この一ヶ月で何本かレギュラーとスーパーの8mmをデジタル化した。本体で色々設定が可能だが、まずは初期設定(ホワイトバランスと露出は0=オート、シャープネスや色味も変えず)で様子を見た。

結果は思わしくない。特に明るい背景(たとえば空)と暗い背景(山)が連続する部分では明暗のちらつきが激しい。また、映像を拡大するとディザリングで輪郭が極端にぼやけて見える。後処理でソフトウェア的に補正をしてみたが改善されなかった。 Wolverine MovieMaker ProはデータをMPEG-4 (MP4)で書き出すが、 MPEG-4 (MP4)にしては芳しくない画質である。

さらに一つ困ったことに気付いた。Wolverine MovieMaker Proのイメージセンサーは、3.53 Mega pixels (2304H x 1536V) 1/3" のCMOS 、つまり2:3(V:H)のアスペクト比となる。対するフィルムのフレーム内のアスペクト比(スクリーン縦横比)はレギュラー8で1:1.33、スーパー8で1:1.36。つまり、CMOSとフィルムのアスペクト比が同じではない。

Wolverine MovieMaker Proのフレーム調整の初期設定ではフレームは拡大してスキャンするモードとなっており(W:13前後)、その状態でスキャンを行なえばCMOS自体のアスペクト比でフレームの横方向が一部トリミングされることになる。フィルムに記録された情報を一部ではあるがデジタル変換できないということでもある。

----

そこで、フレームを「縮小」調整し(W:0)フィルムのフレームを丸ごとスキャンすることにした。この場合、フレームの外側、つまり、縦方向では前後のフレームの一部、横方向ではパーフォレーションまでスキャンすることになる。この状態で何本かレギュラーとスーパーの8mmをデジタル化した。驚くべきことに、上述のちらつきはほぼ解消され、画質も大幅に改善された。パーフォレーション部分はWolverine MovieMaker Proの光源からの光が透過するので、ホワイトバランスと露出設定をオートにした状態では常に一定の閾値がイメージセンサーに働くことになる。これが幸いしたのかもしれない。

フレームの外側までスキャンしたので、ソフトウェアでトリミングする必要がある(後処理)。liquivid Video Improveなるソフトウェアをアップルストアから購入した。

iMovieを普段ビデオ編集に使っているが、トリミングの自由度が乏しく、シャープネスの機能がない上にやたらとCPUとメモリーを消費するので(処理時間も長い)、もっと使い勝手の良いソフトウェアはないものかと探した結果がliquivid Video Improveである。

スクリーンショット 2020-08-08 15.50.13.png


スクリーンショット 2020-08-08 15.46.12.png


liquivid Video Improveはアップルストア上でレビュー評価がないが非常に使いやすい。iMovieと比較すれば動画の演出機能(トランジットや字幕など)は欠けるものの、映像自体に係る品質改善機能は一通り揃っており、トリミング(クロップ)は任意の比率で行える。また、レベル調整は映像全体を解析し(任意の範囲の解析も可能)自動的に最適値を導き出してくれる。シャープネスの強さは3程度で十分輪郭を引き締める効果がある。

----

比較動画(左:初期設定のままスキャン / 右:フレームを「縮小」調整(W:0)、liquivid Video Improveで後処理を施したもの:



この8mmフィルムは1977年に父が母と共に北海道(札幌・函館)を旅行した際に撮影したもの(レギュラー8)。

1970年代前半迄のフィルム(レギュラー8)はフィルムベースの経年劣化が程度の差こそあれ一様にあり防湿庫から出した瞬間に酢酸臭が漂う。フィルムベースが柔軟性を失っているので、Wolverine MovieMaker Proのテイクアップリールで巻き取りながらスキャンするのはお勧めしない(巻き取らずに自由落下させた方が良い・先の記事参照)。

4.jpg


テイクアップリールのテンション(張力=かなり強い)でスプライシングした箇所が破断する可能性がある。スプライシングについては、ヘンケルの瞬間接着剤をセメント代わりに使用できるなどと先の記事で述べた。しかし、この方法ではアセテートベースのフィルムの接合は不完全であり、事実、テイクアップリールで巻き取りながらスキャンすると悉く破断した。スプライシングで破断しなかったのは父が専用のセメントで丁寧に繋いだ箇所のみで、フィルム専用のセメントがないと無理だと気づかされた。

残念ながらもうそのようなセメントは一般に販売されておらず、やむなく、eBayを介して英国のセラーにKodakのデッドストックを注文した。さらに、歪みや劣化が起きないメタル製のリール(長尺400ft用)を蓋つきのキャニスターと共にeBayから入手し、劣化の激しい1950〜1960年代のフィルム収納に用いることにした。半世紀以上前の米国製メタルリールは頑丈で作りも良い。Wolverine MovieMaker Proのサプライとテイクアップに使った。経年劣化で撓んだプラスチックのものに比べると、安定してフィルムを搬送することも判った。



スクリーンショット 2020-08-08 20.11.37.png


1970年代の終わりから父はスーパー8を使い始めた。フィルムベースはレギュラー8と同じアセテートだが経年劣化は少なくテイクアップリールで巻き取りながらスキャンが可能であることも判った。

(おわり)


posted by ihagee at 20:33| 8mmフィルム(アナ→デジ)