2020年07月11日

命の選別



”れいわ新選組から昨夏の参院選(比例)に立候補し、今後の国政選挙の立候補予定者でもある大西つねき氏の発言が炎上、党の代表でもある山本太郎氏にも批判が及ぶ状況となっている。大西氏の発言への対応を誤れば、「山本太郎」という政治家の基盤すらも揺るぎかねない。発端となったのは、大西氏が自身のYoutubeチャンネルの中での「命の選別」という発言。その核心部分を引用しよう。

「どこまで高齢者をちょっとでも長生きさせるために、子供たち、若者たちの時間を使うのかっていうことは、真剣に議論する必要があると思います。こういう話多分、政治家怖くてできないと思うんですよ。『命の選別をするのか』とか言われるでしょ?命、選別しないとダメだと思いますよ。はっきり言いますけど。なんでかというと、その選択が政治なんですよ。選択しないでみんなに良いこと言っていても、多分、現実問題として無理なんですよ。そういったことも含めて、順番として。これ順番として選択するんであればもちろん、その、高齢の方から逝ってもらうしかないです」(大西氏の動画より*現在は非公開)”
(志葉玲タイムス 2020年7月10日記事より引用)

----

「私は若者に集中治療を譲ります」。そう書かれたカードを見たスタッフは、老人を放置して若者を中へと運んでいった──。さて、あなたはこの老人になれますか?

20200511-00000001-pseven-000-2-view.jpg

(大阪大学人間科学研究科未来共創センター招聘教授で現役医師(循環器科専門医)の石蔵文信氏(64)が高齢者向けに作成した「集中治療を譲る意志カード(譲〈ゆずる〉カード)」)

”「ICUやECMOが足りない日本で新型コロナの重症者がさらに増えると、現場の医療従事者は『命の選択』を迫られるかもしれません。激務の医療従事者に重い精神的負担を強いるのは酷なので、『高齢者が万が一の時、高度医療を若者に譲るという意志』を示すことができる『譲カード』を作成しました」(石蔵氏)”
(NEWS ポストセブン 2020年5月11日付記事から引用)

----

「命の選別」は、社会的合意(総意)とすべきことなのか?

その「命の選別」、非常事態の際に、明らかに助かる可能性が低い人、軽症の人、という形で患者を重症度によっていくつかの段階に分け、治療の優先順位を決める「トリアージ」の観点なのか?それとも、そのような事態とは関係なく、経済的効率性の上から命を選別する観点なのか?後者は人種差別や障害者差別を理論的に正当化する優生学と親和性を持っている。

大西つねき氏が「命の選別」をすべきとする「現実問題」が前者、すなわち「トリアージ」にあると仮定しても生命の尊厳は個人になくてはならない(尊厳が個人にあるからこそ、「譲る」なる意思は個人が表示するもの=『譲カード』)。「トリアージ」の対象となる人が意思表示できない場合は少なくともその家族の同意がなければならない(たとえば、人工呼吸器や人工心肺を外し、命が助かる可能性のある人にその治療手段を譲るなど)。医師および社会・国家は個人の尊厳を侵してはならない。ゆえに「順番として」「高齢の方から逝ってもらうしかないです」の「しかないです」は生命の尊厳を個人から社会・国家が一方的に剥奪することに他ならない。「しかないです」にはその含みがある。またその「順番」は「高齢の方から」とは限らない。元々重い基礎疾患のある人、生まれつき障害を負っている人にも「順番」付けることもゆくゆくは許す考えではないのか?その順番付けを本人の意思とは関係なく政治が主導しその順番を国家や社会が決めることの怖さを大西氏は判っているのであろうか?

----

"カトリック教会イエズス会のアメリカ人神父ジェイムズ・マーティン司祭はツイッターで、「(信者たちが自分のために買ってくれた)人工呼吸器を自分より若い患者に(知らない相手に)譲った72歳のベラルデッリ神父が、亡くなった」と書き、「友のために命を投げ出すほど大きい愛はない」という新約聖書のヨハネによる福音書の言葉を引用していた。・・・ベラルデッリ神父に信者たちが人工呼吸器を寄付し、神父がこの呼吸器を若い患者に譲ったと伝えられ、BBCもこれを引用して報道した。しかし、カスニーゴ司教区でベラルデッリ神父の同僚だったジュゼッペ・フォレスティ氏は、神父が若者に呼吸器を譲ったという話は「フェイク」だとして、神父は基礎疾患のために重症化して亡くなったのだと述べた。また、カトリック・ニュース通信は、ベルガモ司教区のジュリオ・デッラヴィーテ事務局長が「寄付された人工呼吸器はない」と話したと伝えている。
(BBCニュース 2020年3月26日付記事より引用)

_111407082_priest_976.jpg


「トリアージ」なる優先順位は社会的合意を形成し易い。ゆえに上述の「お年寄りが・・神父が・・」を主語にした「フェイク」ですら美談がましく流布する。「友のために命を投げ出すほど大きい愛はない」の愛を隣人(個人)から勝手に国家や社会に広げて「(御国のために)命を投げ出すほど大きい愛はない」などと聖書に書いてある筈もない。

----

大西つねき氏が「命の選別」をすべきとする「現実問題」が後者、すなわち経済的効率性の上から命を選別する観点と仮定するのであれば、それは「人間を「尊厳(Würdeヴュルデ)」においてではなく、「価値(Wertヴェルト)」の優劣において理解する思想に繋がる。ナチス政権の「ドイツ民族、即ちアーリア系を世界で最優秀な民族にするため」に「支障となるユダヤ人」の絶滅を企てたホロコーストで代表される人種政策はこの優生学思想に基づく。

そして、人工知能(AI)が持て囃される今、「社会価値」を生み出す技術に重きを置くAIが結果としてこの優生学に行き着く可能性がある。すなわち、AIを中心とする産業技術の発展が技術的特異点(シンギュラリティ)に達すると、人間の尊厳(Würdeヴュルデ)はAIの下、産業・経済の求める「価値(Wertヴェルト)」によって制限または否定され、生きる価値があるかどうか=「命の選別」と値踏みが当然とされ必然化される。「人間の尊厳」を「価値」よりもはるかに低位に置く時代が到来するかもしれない。経済的効率性の観点から生きる価値がない者をあらかじめ探して、いざとなれば「選別・排除」しても構わない(または「選別・排除」すべきである)、が最適解とする社会が形成されつつある。(拙稿「AI本格稼動社会」への大いなる懸念

何事も「価値(Wertヴェルト)」に判断を求める安倍総理、小池都知事の政治家としての言葉や行動の端々に、その通りの「選別・排除」思想を我々は看取する。

----

AIでなくとも、わが国では旧優生保護法(現:母体保護法)の下、「生まれてきてほしい人間の生命と、そうでないものとを区別し、生まれてきてほしくない人間の生命は人工的に生まれないようにしてもかまわない」という優生思想に基づき人工中絶が合法化された経緯がある(「姥捨」や「(♀嬰児の)間引き」など、生きていても経済的利益を生まない者を区別し排除することも止むなしとの社会的合意が近世日本にあった)。

「障害を理由にして胎児を中絶することは、いま生きている障害者の存在を否定することにつながる」は、その否定があってはならない、ゆえにその存在を我々国民の代表(国会議員)として国政の場に送り込んだ "れいわ新選組" の原点でもある。経済的効率性の上から人間の生死を決めてはならない、は "れいわ新選組" の結党の精神、そして「山本太郎」という政治家の基盤と私は理解するが、その精神なり基盤が今、同党の大西氏によって激しく揺り動かされている。

「トリアージ」に限ってのこととしても、それをきっかけとして、人間の尊厳が産業・経済の求める「価値(Wertヴェルト)」によって優劣付けられ「命の選別」がその産業・経済(延いてはAI)の求めるところなどと、さも合理的かのようにサラッと理解してはならない。「高齢の方から」なる言い方はベラルデッリ神父の件のように(実際は「フェイク」)社会に美談として受け止められ易いが極めて危険な社会的合意形成を孕んでいる。大西つねき氏がいかなる考えの上で「現実問題として無理」と「命の選別」に社会的合意形成を図ろうとしているのか判らないが、それが政治主導の上意下達であれば、生命の尊厳は個人にはないという前提に立っているということになる。

憲法第13条:
「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」

この前提にも立っていないことになる。

産業・経済の求める「価値(Wertヴェルト)」に照らす「人」に専ら(生きる)権利を認めようとするが、自民党憲法改正草案での憲法第13条である(拙稿「個人」か「人」か(憲法第13条))。

「全て国民は、人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公益及び公の秩序に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大限に尊重されなければならない。」

経済的効率性の上から人間の生死を決めてはならない、という "れいわ新選組" の結党の精神とは真逆の「個人」から「個」を奪い取り単なる「人」(無個性)として国家の「資源」扱いにし、その命も「価値(Wertヴェルト)」に照らした「選別」がされるべきであるという思想に立つのが自由民主党である。

----

”生産性や効率性だけで「存在すべきかどうか?」の価値が決まるなら、そもそも人間など存在しない方がいいのだ。AI搭載のロボットとコンピューターを残し、すべての人類は消滅した方が良いことになるだろう。
人間とは非合理で非効率なもの。効率性などで測れないもの。古代、中世はもちろん、つい百何十年か前なら、そんなことは皆わかり切っていた。というか、むしろ効率性で人間を測るという考え方の方が異端であったろう。人間に生産性や効率を当てはめるようになったのは、工場や国家の軍隊という近代的なシステムの発生と無関係ではないと思われる。もちろん、それまでも小規模な工房や王の軍隊などはあったが、労働者、一兵卒として個人が無名化され、無個性化された「資源」と見做されて、初めて生産性や効率性が問題になってくる。大西氏は経済アナリストとしては有能なのかもしれないが哲学がないようだ。だから経済的効率性が社会の基本のように見做されている現代の風潮が絶対的な真理ではなく「時代精神」に過ぎないことに気づかない。”(或るネット民のコメント)

ネットの良識は斯様に指摘する。「人間とは非合理で非効率なもの。効率性などで測れないもの。」が真理だからこそ、我々一人一人は唯一無二の存在たり得、アイデンティティ(自己・自我意識)を保つことができる。「これがほかならぬ自分なのだ」と一人一人が言える世の中を希求することが政治の使命であっても、「これはほかならぬあなただ」と社会や国家が生産性や効率性の観点から誰かを値踏みし価値づけし剰えその命を選別(排除)することが政治の使命であってはならない。

(おわり)


posted by ihagee at 08:07| 政治

2020年07月10日

けむの一片



歩廊といい構内といい、通勤電車の待合で烟草を燻らしても咎められない時代があった。さすがに車内で一服は法度だったが、それでも電車の連結部分で前後のドアを締め切りしゃがみ込んでこっそりふかす者はいた。

「誰か吸ってんな?」とすぐに周りで気づくが、それでも見逃すような今に思えばいたって寛容な時代だった。

48515233667_052c45fad5_k (1).jpg

(1969年撮影「サイアノタイプ - その87(引き伸ばし機)」)
丸ノ内線・線路の壁際に点々と注意書きがあったことを思い出した。確か、「たんやつばを線路に吐かないように」だったと思う。当時は公共空間での喫煙が大目に見られていたのでいがらっぽい人が多かったのかもしれない。たんやつばを飲み込む為にニッキやクールの浅田飴も流行った時代である。

----

時代が代わり、喫煙者は肩身が狭くなった。駅構内は終日禁煙。たとえ一本の煙でも遠くからでもその臭いが判るということは路上でも同じ。ゆえに街中での歩き煙草も禁止のご時世である。

その煙のエアロゾル状態での粒子径は0.1 μm〜1μmと言われている。市販のマスク越しにもその臭いは十分感じられるので、マスクは煙り除けにもならないということだろう。

----

”これが「事実」なら衝撃的だ。欧米の科学者らが6日、世界保健機関(WHO)や各国保健当局に対し、公開書簡を出した。新型コロナウイルスは2メートルをはるかに超える距離で浮遊し、空気感染する可能性があると指摘。WHOに感染防止策を見直すよう求めたのだ。WHOも精査に動くという。・・・AFP時事などによると、直径5〜10マイクロメートル以上の飛沫は1〜2メートルで地面に落ちるが、それより小さな飛沫は霧状の微粒子となり、はるかに長い間空気中を浮遊し、遠くまで移動するという。対策として屋内では換気を良くし、建物内や公共交通機関での混雑を避けることを提唱している。WHOはこれまで特殊な環境を除いて空気感染の恐れはなく、1メートルの距離を取るよう呼び掛けていた。”
(日刊ゲンダイDigital2020年7月8日付記事より)

----

霧状の微粒子、エアロゾルでのコロナウイルスの粒子径は0.1 μm。つまりエアロゾルは考えてみれば件の煙もコロナウイルスも同じ。違いは臭いがあるかないかだけ。コロナウイルスも煙草のように臭えば通勤電車内のスーパースプレッダーは忽ち判るものだろう。

つまり、煙草が臭う距離(1〜2mどころではなく、10m程度)であればコロナウイルスも吸い込む可能性があるということ。所謂ソーシャル・ディスタンスが10mにもなったら、煙草であれば公共の場での禁煙を徹底すれば良いが、コロナウイルスの場合どうしたら良いのだろうか?煙草を吸うな(=煙を吐くな)とは言えるが、会話や咳、くしゃみをするな(=息を吐くな)と言うわけにはいかない。通勤電車内でスマホを撫で回すことも、便器以上に菌やウィルスが付着し易いと言われるディスプレイから指を介して口や鼻からコロナウイルスが感染するリスクはある(人=人感染ではなく、物=人感染)。だからと言って、車内のスマホ操作を一切禁じることはできない。「揺れますのでつかまってください」と車内放送で呼びかけるつり革や手すりなど挙げたらキリがない。密集近接空間では換気を良くして人や物へのウイルスの付着を最小化するしか手はないということになる。

そうしない限り、満員の通勤電車は紫煙立罩む昭和の雀荘と同じと考えた方が良い。通勤電車ばかりでなく、職場の閉め切った空調も内外気を常に交換する方式でなければ同じく雀荘となり兼ねない。階下の煙草が頭上のダクトから臭うような空調ならば雀荘を疑っても良い。ましてや、唾さえ飛ばなければ大丈夫とスーパーのレジなどに吊るしているビニールのシールドは、それ以前にその場全体の空調が雀荘化していれば意味を為さないのかもしれない。この点、福島第一原子力発電所事故で暴露した(今も続いている)放射性物資が外部環境と表には見えない地下水脈などを介して何の隔たりもなく流通しているにも関わらず「アンダーコントロール」なる言葉だけで問題を事故原発構内にのみ「表向き」封じ込めていることと変わりがない。色も臭いもない放射性物質だからビニールのシールド程度の薄っぺらな言葉一つでどうにでも始末がつくと為政者はたかを括り、東電は「表向き」の作業を行いその言葉に辻褄を合わせている。原発事故なる国家の宿痾(治らない病)への政治・行政の「アンダーコントロール」ぶりは(拙稿” いつまでも「うそつきロボット」で良いのか(原発事故なる国家の宿痾(治らない病)続き)”)コロナウイルス禍でも同じく発揮されつつある。

”フクシマについて、お案じの向きには、私から保証をいたします。状況は、統御されています。東京には、いかなる悪影響にしろ、これまで及ぼしたことはなく、今後とも、及ぼすことはありません。……”(安倍首相)

----

「統制されています」とばかりに、誰にも見えやすいこと、すなわち、事故原発の建屋やその周囲にのみ世間の関心を向けさせると同じく、夜の街やホストばかりに世間の関心を向けさせ、感染源と決めつけ、社会生活上、夜の街は昼の街と比較すれば不要不急、「行かないで」と政治や行政は言いやすい。しかし、都内の感染者の過半数はルート不詳と言う。感染ルートが辿れずクラスター対策が打てない地下水脈的ケースを敢えて政治や行政は思考から排除し「アンダーコントロール」を装っているようにも思える。しかし、上掲の記事のようにそのルートに通勤電車など昼の街にも係るファクターがあると欧米の科学者は指摘している。

昼の街のファクターを議論の俎上に上げることは数段難しい。経済活動とのバランスを測ることが至難ゆえに、政治はバランスが取り易い夜の街対策で「やってる感」を目一杯創出するものの、この眼前の最大リスクは敢えて看過しているとも言える。

----

”水に涵つた桃林を、人は雨外套の襟をたてて足ばやに、暗いはうへ消えていつた。

その後姿に、薫ゆらすとみえた、紫煙のけむの一片。それが白い。ぽんと、抛げすてられたその殻。地におちて、なほ燻る余燼。――もはや夜の大地が、こんな小つぽけな烟草を薫ゆらせてゐると、みえないことはない。”(「高祖保詩集・烟草のから」)

----

けむの一片は夜の大地にばかりみてはならないのかもしれない。

(おわり)


posted by ihagee at 07:01| 日記