2020年04月13日

"オリンピック命" と言わせる日本の落日(続き5)



「新型コロナウィルスは恐ろしいほどに差別をしない。差別をするのは人間だ。」(ハーバー・ビジネス・オンライン 2020年4月13日付記事から引用)

----

スクリーンショット 2020-04-13 13.06.11.png


「自粛」という言葉。新型コロナウィルス対策として政府が要請する全国規模の外出自粛の脈絡で使われている(「緊急事態宣言」の対象となっている7都府県)。

具体的には “接客伴う飲食店利用自粛” と飲食店など特定の事業を対象とし、その利用を自粛せよという。

「自粛」、「自分から進んで、行いや態度を改めて、つつしむこと。」
「自粛自戒」も同義。つまり、その言葉を国家が国民に投げるということは、行いや態度を改めるか否かは国民次第であって、その結果責任は国民が負うものであり、国家は何の責任も負わない、ということになる。

「(感染拡大の抑制に失敗した場合)これは私が責任を取れば済むことではない(安倍首相)」との発言の通り「自己責任」。そんなことをサラッと言う者など、この国のリーダーの資格はない。

----

ウィルス感染禍に安倍政権は結果責任を負うつもりはない。ひたすら「自粛」を要請し、休業せざるを得ない状態になっても補償を行うつもりさえない。世界がそうなのに、その世界すら見ることをしない。



----

国民の命を守ることが政治の最大使命でありながら、安倍政権にとって守るべきは自己保身と一部既得権者のための経済であって("オリンピック命" に代表される)、国民の命ではない。その国民の命すら「自粛」を以って選別する。リモートオフィスができる者とできない者。蓄えがあり引き籠れる者とそうでない者。あれこれ選別しておきながらその休業に補償をしない。つまり、棄民ありき。ウィルス以前に生活が苦しくなって路頭に迷おうが、首をくくろうが仕方ないという棄民。他の国ならとっくに暴動やクーデターが起きている。

しかし、日本人はおとなしい。「知らしむべからず、由らしむべし」が染み付いている。お上の言うことに楯突いちゃいけない、国家が危難の時にその足を引っ張るような反論や批判をしてはならない、一致団結すべし、・・と言論の自由を自ら投げてしまう気性がある。つまり思考停止。すべきと判っていても、あえて積極的な行為をしないことが良いとされ(不作為)、無責任が大手を振って跋扈する。

----

"緊急事態宣言では、国民の私権を制限できないから「自粛」しかない"、とウィルス検査を渋り補償を行わない「言い訳」にしている。”我が国は、新型コロナウィルスを封じ込めることができるか?我が国の憲法には緊急事態条項がなく、戒厳に近いこと(非常事態宣言)はできない。” などと私権制限があればウィルスを封じ込められるかに、悪いのは国でも安倍政権でもなく「私権」を守る憲法であり、そんな悪い憲法はウィルス禍下では場合によっては無効にしなければならないと、憲法泥棒をそそのかす(拙稿「新型コロナウィルスに乗じる厚顔」)。

----

「自粛」で生存権を脅かされる事業者、従業員とその家族。生きるに必要なカネすら渡さず、自粛しなければ社会的制裁を受けるような空気を作る。国民相互に不和をもたらし、何の科学的理由もなく官邸主導で全国の小中高校の一斉休校を要請し教育を等しく受ける権利を剥奪する。

「差別をするのは人間だ」。差別を促す者が消えればウィルスも消える。それを新型コロナウィルスは教えているのかもしれない。

----

「今度のこと(ペストの流行)は、ヒロイズムなどという問題じゃないんです。これは誠実さの問題なんです。こんな考え方はあるいは笑われるかもしれませんが、しかしペストと戦う唯一の方法は、誠実さということです。一般にはどういうことか知りませんがね。しかし、僕の場合には、つまり自分の職務を果たすことだと心得ています」(アルベール・カミュの小説『ペスト』の主人公のリウー医師の言葉)

誠実さからは人間同士の差別は生まれない。誠実に向かい合えばウィルスは退散する。その誠実を阻むは人間である。不誠実な者をこの国のリーダーに置いたことがこの国の最大不幸となりつつある。

スクリーンショット 2020-04-13 13.28.01.png

(勝手に同じフレームに収まる・インスタグラム政治


(何の生活の補償も受けられない蟻は命を危険に曝しても働かざるを得ない・肉食のキリギリスは蟻すら食べて生き延びる・童話と異なる展開)


(おわり)





posted by ihagee at 13:29| 日記

2020年04月11日

"オリンピック命" と言わせる日本の落日(続き4)





----

検査をするためのマニュアルではなく、検査しないためのマニュアル。

検査なくして科学なし。科学なくして対策なし。ところが、"PCR検査をさせない" という不作為が日本では罷り通っている。そうさせているのは、安倍内閣・厚労省・日本医師会。検査は医療崩壊をもたらすゆえに無駄だという嘘が官邸サイドから世の中に流されている。先進国で検査を行ったがゆえに医療崩壊した国はない。日本国内だけで撒き散らされる「検査しないための」言い訳。



(ウイルス検査総数各国比較 / 1000人当たり / 2020年4月10日時点・出典:Our World in Data

日本は各国比較グラフにすら現れない。

----


(ウイルス検査総数日本 / 1000人当たり / 2020年4月10日時点・出典:厚生労働省)


(ウイルス検査総数台湾 / 1000人当たり / 2020年4月10日時点・出典:Taiwan Centers for Disease Control (CDC))

PCRを含めたウイルス検査について日本ほど検査を行わない国は先進国には見当たらない。台湾と比較してもオーダーが違いすぎる。

----

感染の現状を科学的に知り得ない。感染の母集団が判らない。クラスターなどとあたかも感染が局所(点)であるかに言うが、面での感染拡大を言わない(拙稿「ハエ叩きでなぜハエを叩けないのか?」)。現実は爆発的急増の局面であって、点は繋がって面になっている。緻密且つ広範な検査に論拠しない新型コロナウイルス感染症対策専門家会議は、科学ではなく政治に都合の良い印象操作をしているに過ぎない。

安倍首相のウィルス対策についての国民への説明などを見てみると良い。一つとして「一対一対応」をしていない。それどころか、対応させることすら不可能にしようと、物事を粉飾・虚飾・改竄し、嘘に嘘を重ねて相手を煙に巻く。

検査能力を言いながら検査はしない。蓄えのある富裕者や上場企業など経済的立場の強い者は何ヶ月だろうとリモートオフィスなりで引き籠れるだろう。同じ口調で庶民にも引き籠れ・営業を自粛せよ言うがその間に失われる収入は補償するつもりなど毛頭ない。お前たちの納めた税金から布マスク二枚くれてやるから他人に迷惑をかけずに息を殺して働け(または働くのは諦めて路頭に迷え)と言うに等しい。庶民が額に汗して納めた税金は、富裕者向けに肥育された高級和牛券やら、一握りの既得権者の自己達成や金儲けでしかないオリンピックの諸費用に充てられる。「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」と、社会の底辺に生きる人々に対し想像力一つ働かない「今だけ・金だけ・自分だけ」のミーイズムの権化が安倍政権ではないか?


(自分で考え いのちを守れ! 新型コロナと闘う その先の未来へ / デモクラシータイムス 2020年4月9日配信)

安倍政権は国民のために機能していないどころか、棄民に励んでいる。不作為という責任放棄=責任逃れは許されない!

「(感染拡大の抑制に失敗したことについて)これは私が責任を取れば済むことではない(安倍首相)」
「私が全責任を取る。不満や他人を非難したい気持ち、苦情があれば、私を非難してほしい。私以外にこの決定に責任がある人物はいない(アンドリュー・クオモ ニューヨーク州知事)」

責任者を交代させなければ、我々が殺される。

(おわり)



posted by ihagee at 11:30| 日記

2020年04月07日

"オリンピック命" と言わせる日本の落日(続き3)



安倍政権の我慾に発する数知れぬ違法・脱法行為の責任は、官僚・官庁(末端の公務員)に押し付け知らぬ顔をする。その国内向けの知らぬ顔は、日本国とは「嘘を本来的につく官僚・官庁」すなわち「法の支配のない国」であると国際社会に喧伝することでもある。科学データ一つ国際社会に渡すことができない(=粉飾する)と国際社会で疑われる。その結果は国際政治での我が国のプレゼンスの低下となって現れている(unseating)。

----

”「検査数を絞ったことで感染者を把握できていないからで、この結果(水面下の)感染を拡大させた」と主張する。「検査数を制限することでどの程度感染者数が少なく出るかの情報がなく、他国との比較もできない」”(<新型コロナ>「感染者統計にゆがみ」 シカゴ大・山口一男教授 / 東京新聞2020年4月3日付記事から)

----

政府基幹統計データの無数の不正は、厚労省の毎月勤労統計データ不正、GDPの算出方法における不明性から、ついに国民の命に直接関わるウィルス検査での "統計のゆがみ" にまで及んだ。

安倍長期政権で「粉飾決算」がこの国の代名詞となった。行政が嘘をつけば(官僚は法に従うから嘘をつく筈がない)国家として体を為さない=無法国家の烙印を国際社会から押される。「行政が嘘をつく、不正を働く」と言い募って責任逃れをする安倍政権は「不作為という責任放棄=責任逃れ」を延々と7年続けてきたことになる。つまり、政治の保身と一部既得権益者のため、法体系を破壊し、虚飾・粉飾・隠匿・改ざんを行政府に人治主義を以って教唆しておきながらそんなことは知らぬ存ぜぬを辿れば、安倍晋三なる者の心に行き着く。

良心が異常に欠如している(赤木俊夫氏の自死に笑う)
他者に冷淡で共感しない(「こんな人たち」発言)
慢性的に平然と嘘をつく(息を吐く如く嘘をつく、「アンダーコントロール」)
行動に対する責任が全く取れない(責任を一度たりとも取ったことがない)
罪悪感が皆無(「批判されるような問題ではない」)
自尊心が過大で自己中心的(アベノミクス、「この道しかない」)
口が達者で表面は魅力的(人たらし・誑かし)
(精神病質の定義 / ロバート・D・ヘア に当て嵌めると)

残念ながら全てに該当する。そんな者に政治を任せれば国がどうなるかは火を見るより明らか。為政者の基礎疾患がこの国の基礎疾患となった。ウィルス禍はこの国の有様を奇しくも有り体に(嘘偽りなく)露呈させ、同時に国際社会から信用されなくなった。

ウィルス以上に恐怖しなくてはならないは、政治の「不作為という責任放棄=責任逃れ」。国民の命はウィルスではなくこのような政治によっていとも簡単に奪われるからだ。

(おわり)


posted by ihagee at 02:49| 日記