2020年04月19日

"オリンピック命" と言わせる日本の落日(続き8)



安心のマスク選びをするために必要なこと 一般社団法人 日本衛生材料工業連合会 全国マスク工業会

スクリーンショット 2020-04-19 6.26.35.png

スクリーンショット 2020-04-19 6.40.18.png


スクリーンショット 2020-04-19 6.29.48.png


”会員マークの使用目的:会員マークの表示により、工業会の定める「マスクの表示・広告自主基準」ならびに「衛生マスクの安全・衛生自主基準」に遵守し生産された衛生マスクであることの情報を広く社会に提供し、一般消費者が衛生マスクを安心して選択・使用できるために役立てる。”(全国マスク工業会会員マークの運用基準から)

1.jpg


----

5e9a8dc625000069286b814d.jpg

EVzkzl8U0AIOBf5.jpg




----

公表すべきことも敢えてしない不作為=安倍、のマスク。問い合わせは〈布マスクの全戸配布に関する電話相談窓口(厚労省)〉とされ、責任の所在は「役所のたらい回し」とご丁寧にオチまで付いている。

つまり、配ったのは上述のような衛生用品としてのマスクではない。「自粛」への国民総和の徴としての「口に巻く布と紐」。ゆえに衛生用品として求められる規格要件を満たす必要は一切ない。

----

スクリーンショット 2020-04-13 13.06.11.png


「自粛=自分から進んで、行いや態度を改めて、つつしむこと」とは、政治・行政が責任を負わず、国民・市民の行動を「自らの意思=志願」と読み替えるための詭弁。その結果責任は国民が負うものであり、国家は何の責任も負わない、ということになる。先の戦争は国民が勝手にやったこと、と同じ、コロナ自粛は「国民が勝手にやったこと」と、政治が責任に頬被りを決め込む、その徴こそ件の「口に巻く布と紐」であろう。

「自粛」と「忖度」は同義。責任をもっぱら国民に押し付け(赤木俊夫氏の自死)、それらの空気を作る者はチノパン姿で犬と戯れ国民の自死に何の責任も感じない。

ゆえに「口に巻く布と紐」たるアベノマスクは、先の戦争での「志願」の鉢巻とその意味は何の変わりもない。国民命ではない、オリンピック命・経済命に血道をあげる。ゆえに命に関わる感染症対策の責任者を経済再生担当大臣が務めている。そんな国は少なくとも先進諸国中、日本だけ。


(東京大空襲・戦災資料センター館長から引退する作家の早乙女勝元氏。戦時中に配られた「神風」のはちまきを今も持っている=山本和生撮影:朝日新聞 2019年5月12日記事中写真引用)

「お前たちは誰より可愛い。だから一番可愛いお前たちを日本の歴史に其の名を載せて、悠久の神として祭ってやりたいのだ。この気持ちをわかって欲しい。ただし、これは命令ではない。あくまでもお前たちの志願である」(神立尚紀、大島隆之『零戦 搭乗員たちが見つめた太平洋戦争』講談社)

"アベノマスク、不要なら寄付を 路上生活者や介護支援の団体"

モノとしての選択肢として有り得る(否定するものではない)。しかし、モノとしての要不要に思考を狭めてはならない。

(おわり)



posted by ihagee at 07:29| 日記

2020年04月18日

"オリンピック命" と言わせる日本の落日(続き7)



馴染みの飲食店が灯りを落とし、居心地の良かった喫茶店も行列のできていた菓子店もシャッターを下ろし、潮の引いた浜辺の貝のような有様となっている。そこで働いていた人はどうしているのだろうと心配でならない。

オリンピック開催延期決定を中止よりはマシと歓迎していた世論も、ウィルス禍が日々深刻化する中にあって生活まで脅かされる事態となってようやく中止・開催権返上に傾きだした。

----

先日の記者会見(2020年4月17日)で安倍首相は相変わらずテレビの前の国民に正対して語ろうとしない。相手と目を合わせることもなくひたすら左右のプロンプターの映像に合わせて首を振って朗読するオートマタにしか見えない。国家的危難であるウィルス禍にあって覚悟や決意が微塵も感じられないポエム満載の独演会に辟易した。

今すべきことをせよ
それは何であるか、以下の動画にある。


デモクラシータイムス. 2020年4月15日配信)

今すべきことをしないどころか、できない理由を100も1000も並び立てるような者を(不作為・無責任を通す者)、政治・行政(厚労省・文科省)の要諦に置いてはダメだ。そのダメの筆頭が安倍首相であることは言を俟たない。そのような政治・行政を許してきた我々自身の戒めとして布マスク(アベノマスク)はある。

「一度だまされたら、二度とだまされまいとする真剣な自己反省と努力がなければ人間が進歩するわけはない。・・・だまされるような脆弱な自分というものを解剖し、分析し、徹底的に自己を改造する努力を始めることである。(伊丹万作)」(拙稿「<家族主義の美風と大政翼賛>(自民党憲法改正草案第24条第1項)」)

布マスクに我々は自己反省をしなければならない。そんな政治・行政を許してきた脆弱な自分を。

関連記事:"オリンピック命" と言わせる日本の落日(続き4)

(おわり)

posted by ihagee at 08:46| 日記

2020年04月16日

"オリンピック命" と言わせる日本の落日(続き6)



”コロナ禍の長期化が必至の中、いつまで経っても対応は後手後手で、揚げ句、国民に示されたのが「布製マスク2枚配布」と「補償なしの自粛要請」という愚策の連続。さすがに政治に無関心だった若者らも安倍政権のトンチンカンな正体に気付いたはずだ。今回の星野の動画コラボを機に、ネット上では怨嗟の声がものすごい勢いで拡散しており、政権批判を控えてきたテレビのワイドショーでも「政府の覚悟がみられない」といった怒りや嘆きのコメントが続出しているが、何よりも国民が衝撃に感じているのは首相が「ただのバカと分かった」ことだ。”(日刊ゲンダイ2020年4月14日付記事引用)

----

天才バカボン
Q:タイトルの「バカボン」の意味を教えてください。
A:赤塚センセイは、「主人公がバカなボンボン(主に関西地方で坊ちゃんのこと)だから」という説と、「英語で放浪者を表すvagabond(バカボンド)のように自由な主人公にしたかたから」という2つの説を話しています。(赤塚不二夫公認サイトから)

バカ田大学
Q:バカ田大学ではどんな勉強をしているのですか?
A:「バカはりこうでりこうはバカ」の精神にもとづいて一見バカバカしいことをまじめに勉強しています。ちなみにバカ田大学には、医学部、考古学部、生物学科、スケベ学部などがあり、パパは哲学科を主席で卒業しました。

----

ケネディー大統領のジョーク
・一人のロシア人がクレムリンの中をこう叫んで走りぬけました。
「フルシチョフはバカだ」
その男は直ちに捕らえられ、23年の禁固刑に処せられました。
何の罪かというと「党の書記長を侮辱した罪で3年、国家機密を漏らした罪で20年」

----

・バカなボンボン
・外遊付きな放浪者
・自由奔放なママ
・反知性非科学
・ギャク政治
・ネトサポ(バカ田大学)



”生まれたときから嘘をつき通してそのまま大人になりなぜかこの国の自称最高責任者に収まって、嘘をどんなについても周りから褒められ崇められる。西から日が昇ると言い張る天才バカボンのパパがこの国の自称最高責任者に収まれば、誰もが西から日が昇ると言わざるを得ないギャク政治である。官邸前に抗議の座り込みを続ける過労死遺族と会うよりも、ザギトワ選手に犬を贈る方が大事だとは、人の命を軽んじるのも程があろう。嘘つきは泥棒の始まりと、親から棒で殴られた私のような世代は、そんな自称最高責任者が息を吐く如くつく嘘に気がおかしくなりそうなわけである。”(サイアノタイプ - その24(引き伸ばし機)


----

「ただのバカと分かった」
国家機密が漏れた。みんなに知れた。

----

今再び、かつての「緊急勅令」を必要と自民党は考えている(自由民主党「日本国憲法改正草案」の第98条「緊急事態の宣言」第99条「緊急事態の宣言の効果」と題された条文(案)・所謂「緊急事態条項」)。




「平時の統治機構をもってしては対処できない非常事態において、国家権力が国家の存立を維持するために、立憲的な憲法秩序(人権の保障と権力分立)を一時停止して非常措置をとる権限」があれば、我々国民は「ただのバカと分かった」ことを「忘れようとしても思い出せない(バカボンのパパの口癖)」となる。

(おわり)


posted by ihagee at 02:58| 日記