2020年03月18日

民主主義の終焉を世界にアピールする安倍政権



海外メディア・ジャーナリストは、「嘘を本来的につく政治家」のスキャンダルにはさほど関心を寄せない。嘘をつく政治家が「明白になった」と言ったところで何の報道の価値もない。そんな政治家は牢屋に入れるか選挙で落とせばよいからだ。事実、「安倍総理大臣をはじめ、政治家がどう関わっていたか」を焦点に森友問題は海外で報道されていない。

しかし、森友問題を端緒に、日本国とは「嘘を本来的につく官僚・官庁」すなわち「法の支配のない国」であるとの論調は国際社会で日増しに高まっている。海外メディア・ジャーナリストも「日本国=法の支配のない国」には驚きを隠せない。詩織さんの事件が「日本国=人権のない国・差別に満ちた国」と海外で報道されるように、今後、「日本国=法の支配のない国」の観点での海外での報道が増えるだろう。そして海外投資家はたちまち反応した。上掲の記事にあるように、日銀は国民年金を溶かしてまでも株価対策(官製相場)をせざるを得ない程、我が国は投資市場で信用不安に陥りつつある。そんな国家の信用を我々は政治家のように取り替え一夜にして取り戻すことはできない。だからこそ国難となる。

国際政治に於いても、我が国の立場はパッシングされ始めた。森友問題を乗り切る代わりに民主主義の終焉を世界にアピールする安倍政権はもはや三流国の政権以下の扱いなのかもしれない。政権が苦し紛れに責任を官僚・官庁に押し付けて知らぬ顔をして、その結果は国際政治でのプレゼンスの低下となって現れている。

以上、拙稿「公文書が書き換えられてしまう国(日本独自の問題)」より

----

「財務相の官僚が勝手に忖度したもので、私は一切関係ない」と安倍首相は言う。欧米ではこの言葉は驚きを以って受け取られている。政治家は嘘をつくが(政治家は嘘をつく職業だ)、官僚が嘘をつけば(官僚は法に従うから嘘をつく筈がない)国家として体を為さないのが欧米の国家観だ。ところが、安倍首相は「日本の官僚は嘘を付く・勝手に判断し法を侵す」と国際社会に喧伝しているのである。日本国の国際的信用を貶めて、どこが「美しい国」なのだろうか?安倍首相が真の愛国者であれば、少なくとも政治家が罪を被ってまでも国家の信用を守るだろう。それが「徳」というものである。息を吐く如く嘘をつく政治家が官僚までもそうだと言い放って良いのだろうか?

以上、「忖度」ではなく「教唆」より

----





----



----



----

"なんかあたし怖いと思うんだが、海外の報道と日本の報道違くなってきたんだけど"(室井佑月氏)
表向き帳尻や辻褄が自然に合っていく「アンダーコントロール」の怖さである。

「ぼくの契約相手は国民です」と語っていた真面目な公務員が「手がふるえる 恐い」と自ら命を絶った怖さ。

安倍政権の我慾に発する数知れぬ違法・脱法行為の責任は、官僚・官庁(末端の公務員)に押し付け知らぬ顔をする。その国内向けの知らぬ顔は、日本国とは「嘘を本来的につく官僚・官庁」すなわち「法の支配のない国」であると国際社会に喧伝することでもある。科学データ一つ国際社会に渡すことができない(=粉飾する)と国際社会で疑われる。その結果は国際政治での我が国のプレゼンスの低下となって現れている(unseating)。

#安倍やめるな 頑張ろう日本祝日マーク安倍政権支持旗(祝日・日の丸)、で良いのか?良い筈などない!

(おわり)

posted by ihagee at 03:04| 政治