2020年02月11日

「その他」=Otherとは何だ?(続き)



“世界保健機関(WHO)はクルーズ船内の感染について、日本への上陸前の発生とし、感染者の数を日本国内の発生には合算せず「その他」とするようだ。国内の発生は無症状の人も含め25人。“ (毎日新聞 2020/02/07記事引用)

WHO、「上陸前だから日本国内の感染者ではない」という日本政府の主張を受け入れる、との報道。疫学上の発生条件の違い(発生条件:閉鎖空間)を数値に反映するよう日本政府がWHOに要求したということらしい。今のところ日本だけがこの学問上の違いを主張し感染者数をWHOに仕分けさせている。

以上、先の記事の引用。

----

ジョンズ・ホプキンス大学のCoronavirus 2019-nCoV Global CasesでのJAPANの数値が混乱している。おそらく、Othersという「日本でありながら日本でない」地域分類の不明さが理由なのだろう。

クルーズ船内の感染者数:135を日本国内感染者数:26と併せて:161=JAPAN と一旦は表示されるものの(2月11日午前5時時点)、
スクリーンショット 2020-02-11 5.11.54.png


今(2月11日午前6時半時点)はまたクルーズ船内の感染者数をOthersに仕分けた表示に戻っている(WHOから戻すように指摘があったのだろう)。
スクリーンショット 2020-02-11 6.40.54.png


疫学上の発生条件の違いは数値上であれば示すことができても、地図に重ねるとその発生場所=クルーズ船は、船が着岸している日本以外に示しようがないということ。

----

日本政府はクルーズ船をオリンピックおよびパラリンピックの訪問者向けのホテルとして使用することを検討している(参照:2018年10月27日付スポーツ報知記事)。クルーズ船を宿泊施設として長期停泊させるこの「ホテルシップ」計画は、大きな見直しを迫られることになるだろう。リスクに対する備えが全くないばかりか、WHOを介して政治的に真っ先に印象操作を企てたことに対して国際社会から疑念をもたれている。宿泊施設どころか隔離施設として乗客乗員ごと閉鎖空間での感染環境に長期間曝し、それが日本国民の為(水際防疫)という論理は、却って「ホテルシップ」がリスクの温床(隔離対象)となる側面を強調することにもなった。

そのような「ホテルシップ」ではなく、感染症指定医療機関の陰圧病室数を早急に増やしリスクへの備えを行うことが求められている。

----

「その他」=Otherとし、クルーズ船の乗員乗客の上陸よりも船内での隔離を優先した理由ははっきりしている。すなわち、感染症指定医療機関の陰圧病室が埋まってしまう為。今後、国内感染者が少しでも増えれば、その余地が途端になくなるとの恐れであろう。一般個人が新型コロナウイルスの感染を疑って検査を感染症指定医療機関に申し出ても、その人自身が一次感染の事由(湖北省に渡った)または一次感染者との接触の事実がない限り検査を断られる現状はここに由来している。

万一、感染症指定医療機関の陰圧病室(1871)が埋まれば、あとは、院内感染覚悟の一般病室か、隔離(自宅隔離など)しかない。感染環境下に置かれたまま、自然治癒か死を待つ隔離=武漢と同じ状況に陥る可能性は誰も排除できない。

(おわり)

posted by ihagee at 07:02| 日記