2020年01月26日

サイアノタイプ - その100(引き伸ばし機)



本稿のサイアノタイププリントのヘキサシアノ鉄(III)酸カリウム(赤血塩)を顔料と固着剤(バインダー)に代えることで、所謂「ガムプリント(ゴム印画、Gum bichromate process)」になる。つまり、光が当たった部分のにのみ顔料が基材(紙)に固着し陰画が得られる手法(ピグメント印画法)。

19世紀の半ばにフランスで確立されたこの手法は、アラビアゴムをバインダーに、重クロム酸アンモニウムを感光剤とする。


(Robert Demachy, wikipedia "Gum bichromate" より引用)

重クロム酸アンモニウム(劇薬)を安全なクエン酸アンモニウム鉄(サイアノタイプの主剤)に、顔料と固着剤(バインダー)をホルバイン透明水彩絵具(顔料とアラビアゴムのメディウムで作られている)に、そして基材(紙)との固着剤(バインダー)をアラビアゴムからゼラチンに代える手法が知られている(所謂チバ・システム)。

このチバ・システムは、サイアノタイププリントから派生したガムプリントと言って良いかもしれない。

----

"ピグメント印画法" とあるように、顔料(絵の具)を用い写真をあたかも絵画のように表現する手法は極めて芸術性が高い。サイアノタイププリントと同様、簡単な材料と工程ではあるが、実際にプリントすることは難しいようだ。

その難しさを知ろうと早速画材店でホルバイン透明水彩絵具(単色)を購入した。




プリント結果を判りやすくするため(ランプブラック)単色を選ぶ。アラビアゴムのメディウムを使う分、普通の水彩絵具よりも高価且つ分量も少ない(15ml)。クエン酸アンモニウム鉄は普段使っている感光剤(Jacquard Products社:Jacquard Cyanotype Sensitizer Set)のA剤。ゼラチンは菓子用のゼライスを使う。一通りの手法はアートフォト工房さんのブログ記事「チバ・システムでのプリントに精進した。」を参考にした。記事中のデジタルネガおよびコンタクトプリントは、本稿のテーマであるアナログネガおよび引き伸ばし機に置き換える。

用いたアナログネガは、100年以上前のアンティークポストカード(ガブリエル・レイ)をデジタルスキャンし、フィルムレコーダ (Polaroid Digital Palette CI 5000S)を介し Acros 100 / 35mm フィルムにデジタル→アナログ変換したもの。

----

1 (27).jpg

2.jpg

4.jpg

1 (28).jpg


以上、ゼラチンの分量と絵具を多くした場合。露光時間は二時間。オキシドール水溶液に浸け(30秒)、温水で洗う。像が現れるもののボロボロと剥離し大失敗。

3.jpg

2 (1).jpg


ゼラチンの分量と絵具を少なくすると剥離は少ないものの白く抜けすぎて像がうっすら現れる程度。これも失敗。

結果を先に言えば一枚たりとも、まともにプリントできなかった。難しさはゼラチンの扱いにあるとすぐに判った。印画紙となる水彩画用紙(Cotman Water Colour Paper B5 Medium)にはあらかじめ水で溶いたゼラチンを引くが、濃く厚く引けば後処理(水洗)で紙から剥がれ落ちる。濃度と引き方に加減がある。また、絵具をゼラチンを加えたクエン酸アンモニウム鉄溶液で溶いて乳剤を作成するが、これらの配合にも加減がある。階調を持たせるには、明度や色度の異なる絵の具を使って印画を何層にも重ね合わせるしかない。透明水彩絵具を使う意味でもある(本例では重ね合わせは行っていない)。これは大変な作業。黒板のチョーク絵のようなものなら簡単かもしれないが(明暗二値でネガを作成すれば良い)、写真をあたかも絵画のように表現するのは至難と判った。

----

このままでは気分が悪いので、通常のサイアノタイプで一枚仕上げた(焼き付け約五時間・オキシドール浴のみ)。

3 (1).jpg


買った絵具が無駄にならないよう、再チャレンジするつもり。

(おわり)


posted by ihagee at 11:37| サイアノタイプ

2020年01月25日

犯罪が経済成長の柱



特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律(平成28年12月26日法律第115号)は、カジノを含む統合型リゾート(英称:Integrated Resort、略称:IR)、いわゆる「IR整備法」。

その中でも「カジノ」が、我が国の経済活性化の “起爆剤” であると安倍首相は位置付けている。

----

「カジノ」とは”賭博を行う施設の一つ。ルーレットやブラックジャックなどのゲームで金銭を賭ける場所。日本で言う賭場”。「賭場」とは ”賭博を行う場所のこと”。「賭博」とは ”負けた方は賭けた財物を失” うことを前提とし ”人の射倖心をくすぐり、時に中毒的な依存状態を招き、破産や人格崩壊に至り、果てには自殺、殺人に及ぶ場合もある” (以上 wikipediaから抜粋)

これが安倍首相に言わせれば「(我が国の)経済成長の柱 / 経済活性化の “起爆剤” 」だそうだ。

「賭博」は古来より法度。チンチロリンと賭け事にうつつを抜かすは自堕落。およそ真っ当なことではない、が我々の大多数が共有する道徳観である。”賭博を行う施設" である「カジノ」は、その開帳もそこでの賭け事も、刑法の賭博罪及び賭博場開帳罪との関係で言えば本来犯罪。しかし、「IR整備法」ではなぜか合法化されている。

合法化されようとも、人の不幸(破滅に至らしめる)を前提に成り立つことに変わりはない。ゆえに、人の不幸を前提に成り立つカジノ(”賭博を行う施設")およびカジノ産業を「(我が国の)経済成長の柱」などと言うは、「人を不幸にさせることが経済であり産業である」と言うに等しい。つまりは、アベノミクスの三本目の矢「成長戦略」の柱がこの「人の不幸を前提に成り立つカジノ」。

本来なら法度であり犯罪である「カジノ(国内3箇所)」のために内閣府の外局に新たな役所が新設された(「カジノ管理委員会」、特定複合観光施設区域整備法に基づく)。「人を不幸にさせる」ことで成り立つ経済・産業に、役所を作り国家公務員をあて税金を投入し「推進」する。

いつから、こんな情けない国に落ちぶれてしまったのだろうか?

国民一人一人の生き方や幸せに直結すべき国家の大計をその真逆の破滅や不幸に求める。反社会勢力・犯罪の定義すら一つとして持ち合わせない政権ゆえむべなるかな。不幸にさせ破滅させる側にのみカネが集まる。それはカジノに参入しようとする海外事業者に限らず、その働きかけに応じる政権中枢も同じ。IR法推進の担当副大臣だった者などによる汚職は、経済活性化の “起爆剤” たるカジノ(安倍首相弁)が事の始まりからしていかに筋悪であるかを示している。

----

「桜はもう散った。早くこの問題から次の建設的な議論に移していかないといけない」(二階自民党幹事長)

その建設的議論に「カジノ」はあるそうだ。

”背中に見事に咲いた金さんのお目付け桜夜桜を、よもやてめえら忘れはしまい。散らせるものなら散らして見やがれ”

お目付け役はわれわれ国民一人一人。犯罪が経済成長の柱であって良いはずなどなし。

(おわり)

posted by ihagee at 07:43| 政治

2020年01月23日

「低画質」コンセプト(続き)



eBayで "thermal" "printer" "camera" で検索したらレジ用感熱ロール紙プリンタと一体化したインスタントカメラが他にもあることが判った。無論、中華製のno brand。これら玉石混交の中でDragon TouchやAmkovなどはOEMに甘んじず自社ブランド戦略を以って差別化を図ろうとしている。

スクリーンショット 2020-01-12 8.56.38.png

スクリーンショット 2020-01-12 12.32.41.png

(他のカメラは背面にシャッターボタンがあるが、このカメラだけは普通に人差し指がかかる位置にあり且つ外観は子供っぽくなく好ましい。このカメラのレビュー記事がネットにあった。)

----

以上前回記事引用。

物は試し。eBayでこのカメラを購入、ネット上のレビュー記事で指摘のあった問題はその際、セラーに問い合わせている。

----

hello,
I know this product has already been shipped, but I noticed yesterday that a problem was reported on an article provided online with this product. Specifically, the captured image can only be a proportion of 4:3 ratio with an image sensor element of this product, while the printed image has an aspect ratio of 16:10 (76×47.5mm in actual size) Then, when the captured image is printed as it is, the printed image will expand horizontally. If this product has the same problem, I have to return it to you. Please confirm with the manufacturer to know if a similar problem exists with this product. Article provided online reporting the problem (in Japanese): https://note.com/2378tcdf/n/n106dcb34ae75



Dear buyer,

Please don't worry, we have tested it well before sending out.
There will be no problem with it.

Best wishes

----

新型ウィルス感染患者の出ている深圳から昨日届いた(8GBのmicroSDカード、ストラップ、USBコード、感熱ロール紙、中英説明書付)。掌に収まるかに小さくライム色のボディは想像以上にキュートで気に入った。カメラ伝手に感染するわけはないのであちこち操作ボタンをいじって早速試写。"出荷前にテストしてるから大丈夫、問題ないよ" とのセラーの返事は....??。"撮ってそのまま印刷すると横に伸びてしまう" (レビュー記事より)。広角で撮影されているのでまぁ仕方ないと思うことにした。

49423520621_f808e5d079_b.jpg

“Instant photography”


画質は200dpiで大したことはないが滋味のある絵をベロリと吐いてくれる。先般発売されたmyFirst Camera Insta(マイファーストインスタ)も同じ200dpi。画質は似たようなものだろう。2インチのIPS液晶も同じ。リチウムバッテリー容量は2200mAhで8GBのmicroSDカードまで付いて(myFirst Camera Insta(マイファーストインスタ)のリチウムバッテリー容量は1000mAh。1GBのmicroSDカードが付属するらしい)価格はその1/3ゆえ文句はない。

週末にも外に連れ出して撮影。追って報告したい。

(おわり)

posted by ihagee at 03:23| 日記