2019年10月17日

商標「五輪」はIOCのもの?(思考停止した特許庁)





”4月12日(金)朝刊第一面記事(「五輪」商標取り消しを 東京の弁理士、IOC登録に異議)に引き続き、4月14日(日)朝刊「こちら特報部(見開き一面記事)」内に関連記事が掲載された。

先に私も触れたように(拙稿『IOCの登録商標「五輪」についに異議申立』)、IOC自身が過去何の管理も行わず自らも俗称として使うこともせず「誰でも自由に使える公有のもの(パブリック・ドメイン)」にしてきた「五輪」(文字)に商標権付与を以って独占させることは、商標法の対象の拡大解釈・商標法の公序良俗違反に当たるとして、特許庁に「五輪」の商標登録取消を求める異議申立を東京在の弁理士が行った。”
東京新聞・特報記事「IOC商標登録・過剰規制の恐れ/商店街「五輪」使えない?」
オリンピック関連登録商標の異議申立と違法ライセンス疑惑の狭間で(6):『五輪』商標登録に対して異議を申し立てた理由

(以上、過去記事引用)

----

上述の登録商標「五輪」(文字標章/登録番号第6118624 号)に対する異議申立は世間一般の関心を呼んだようである。なにしろ、我々庶民が日頃親しんで使っている日本語「五輪」(オリンピックの俗称)ゆえ、それがIOCのものとするお上の査定(商標法上)・・に対して、違和感が噴出するのは道理であろう。日本語文化圏でもなければ況してや「五輪」という文字もその意味も知らないIOCが(北海道新聞がIOCにこの点を問い合わせたところ、「(わからないので)大会組織委員会に聞いてくれ」という素っ気ない回答がIOCからあったようだ)なぜ、日本語「五輪」を独占できるのか?特許庁はなぜ、読売新聞の紙面上の略字として使われて爾来80余年の間に誰のものでもなく公有化した(パブリック・ドメイン)「五輪」を今になってIOCだけのものと判断したのか?公有状態でないと明確に判断したのか?

異議申立については、その後、申し立てた弁理士に特許庁から異議決定通知が送達された。結果は、全ての異議理由が退けられて(実質、思考停止・判断放棄・でっち上げ)、登録は維持。つまり、商標「五輪」はIOCのもの、という特許庁(行政府)の最終判断である。

----

異議決定通知の内容については、申し立てを行った弁理士の記事を参照されたい。(「オリンピック関連登録商標の異議申立と違法ライセンス疑惑の狭間で(号外):異議決定通知→ 特許庁は判断を実質放棄」)

”どの異議理由も、特許庁が正面から取り組めば、腫物の傷が開いて膿が大量に吹き出すようになっていたのですが、特許庁も馬鹿ではないので、腫物には一切触れずに、空虚な維持理由が書かれています。特許庁は判断を実質的に放棄したといってよいでしょう。”(「知財テーマブログの最新記事:オリンピック関連登録商標の異議申立と違法ライセンス疑惑の狭間で(号外):異議決定通知→特許庁は判断を実質放棄」)

”(特許庁は)異議申立人の主張していないことをでっち上げて、それを否定するという、いわばマッチポンプのようなことをしているのです。”
オリンピック関連登録商標の異議申立と違法ライセンス疑惑の狭間で(11):『五輪』異議理由1に対する特許庁の判断

----

思考停止(公有状態で有るかどうかの判断を行わなかった)・でっち上げ(マッチポンプ)が、異議決定通知の維持理由に如実に表れているという。

政治ばかりか、行政にまで思考停止とでっち上げが及んでいる。司法はどうなのだろうか?「五輪」に対する無効審判(知財高裁)がその試金石となるだろう。

国民が総じて思考停止となり、立ち止まって考えたり、引き返そうとすることもなく破局へ一気に突き進んだ時代が重なって見える。2020年のオリンピックがその時代の合わせ鏡となるのだろうか?登録商標「五輪」が我々に問いかけている。

(おわり)


posted by ihagee at 03:45| 東京オリンピック