2019年09月16日

サイアノタイプ - その90(引き伸ばし機)



1950年代の6x6の120フィルム(撮影場所:積丹美国、室蘭、夕張)を使ってプリントの続き。Lucky II-C(引き伸ばしレンズ:Fujinar-E75mmF4.5)に50WのSMD UV光源を組み合せ、約五時間かけてCotman Water Colour Paper F2 Mediumに焼いた。

_DSC2691.JPG


このCotman Water Colour Paper F2 Mediumはニス(艶有)塗りを施すと、絹目プリントに近い表面のテクスチャーとなる。ニスの乗りは細目(Fine)よりも良いようだ。

48710503216_82cf3279bb_k (1).jpg

(ジャスミン茶でトーニング)

48718298292_fe20acf417_k (1).jpg

(漂白剤で一旦脱色した後、ジャスミン茶で染色)

48721009586_e307663141_k (1).jpg

(ジャスミン茶と薄めのコーヒーでトーニング)

以上、美国。

48750100156_f5acf57b90_k.jpg

(室蘭・トーニング無し)

48727737377_52b5202092_k (2).jpg

(夕張・ジャスミン茶でトーニング)

夕張栗山町字日の出にあった角田砿(新二岐炭鉱)の職員宿舎での一景。この角田砿については「血価の証言」(富樫利一著)という書籍がある。

(おわり)


posted by ihagee at 10:21| サイアノタイプ