2019年09月29日

石膏の中の子供



日本の素顔」に続けて、「現代の映像 プラスチック昆虫記」をYouTubeで視聴した。この番組はリアルタイムに観た記憶がある。


現代の映像 プラスチック昆虫記


この子供たちは私の世代にほぼ属している。都市の機能的発達に伴い人間が作り出した環境がそこに暮らす生物としての人間を逆に作り変えていく。脊柱側彎症をはじめとし、そうやって作り変えられてしまった子供たちが番組に登場する。私自身は地方都市で虫だらけ土まみれの遊び場に困ることなく育った。父から「猫背で歩くな」「犬食いするな」などと始終注意され、小学校でも先生から教科書は机の上に立てるよう指導され、それらの環境のおかげか幸いにも作り変えられることなく大人になった。


教科書を立てて授業を行う学校(現在)


----

人間が作り出した環境がそこに暮らす人間を逆に作り変えていく。その作り出す主体は人間でなくても良い時代(AI本格稼動社会)が間近に到来しつつある。作り変えて当たり前の環境が子供たちをも作り変えていくことに、懸念する声はないかの如く教科書代わりにタブレットを授業に活用する学校も増えてきた。



----

身長測定で背が測りにくい子供が多いと聞く。頭が前傾して天辺にゲージが当たらないからだそうだ。体重の10%に相当する頭の重みを体全体でバランスさせるために、通常30〜40度の前彎角度を保っている頸椎が、スマホやタブレットの操作で頭を前傾させる姿勢を取り続けることによって彎曲を失いまっすぐに近い状態(前彎角度が30度以下)となる症状である。脊柱側彎症に加え、首の骨が曲がるいわゆる「スマホ首・ストレートネック」に子供たちは作り変えられている。自律神経症状を含むさまざまな症状を随伴し、加齢に伴う猫背が加わって二、三十年先どのように体全体に影響するのか誰もまだ経験していない。

----

「プラスチック昆虫記」には、作り変えられてしまった子供を元に戻そうとメスを入れ石膏で固める場面が登場する。

スクリーンショット 2019-09-29 12.48.44.png


あの頃の大人たちと同様、急激に変化しつつある子供たちから暗示を受けながらもわれわれ大人たちは病理学的に子供たちを観察しているのかもしれない。メスを入れるべきは子供たちではなく、プラスチックならぬAIの昆虫を子供たちに与えた大人たちの側ではないのか。AI本格稼動社会なるスローガンに言い知れぬ不気味さを覚えるのは私だけだろうか?

(おわり)


posted by ihagee at 12:51| エッセイ

2019年09月28日

禁断のFoveon - その2




日本の素顔 第176集 レジャーの断面


記憶というものは不思議なものだ。母の胸に抱かれていた覚えがなにかしら残っている。その覚えを呼び起こす一つがテレビ番組のテーマ曲である。とは言っても観たのではなく観ていた母のおっぱいと共に音を啜っていたに違いない。そして、音だけの記憶にこのように後々映像が追いかけてくる場合もある。

----

「レジャーの断面」で詳らかなわれわれのレジャー観は半世紀以上経った今も凡そ変わっていない。慰安・親睦と称する社員旅行こそ一億総中流時代の終焉と共に消え去ったが、企業によって巧みに商品化されたレジャーに飛びつく性向は何ら変わっていない。巨大テーマパークのディズニーランドから、町おこし村おこしと現れては消える各地の観光施設、国が主導するIR(統合型リゾート)など、その底には旧態依然としたわれわれのレジャー観が横たわっている。「おもてなし」なる商品・サービスを買って余暇を埋める性向である。

父の生涯の友人且つ仕事上の盟友であったT氏の趣味は水彩で風景や事物を描くことだった。対象を丹念に心で拾っては画帳に綴じ込む余暇の過ごし方は、上述のレジャー観とあえて一線を引いて自得(良い意味での)を楽しんでいたのかもしれない。

t2.jpg

t.jpg

(T氏の作品)


----

そう言いながらも私自身は「おもてなし」なる商品・サービスを買って余暇を埋める性向から抜け切れていない。写真を道楽としつつも結果を半分以上約束してくれる機械を買って済ませ、それでもアナログフィルムだ、マニュアル撮影だとか言ってはもう半分の有耶無耶とした創作性の言い訳をしていたのに、「空気感まで写しとる」というデジタル撮影に手を出してはただシャッターを押すだけで、T氏の自得の筆とは比較にならない安直さに堕してしまっている。

本項「禁断のFoveon 」はその失楽園シリーズとなる。

----

先日(9月27日)、河口湖オルゴールの森美術館(山梨)に車で出かけた。

いつもなら持ち歩くアナログカメラに留守番させ、Sigma DP2Sを連れ出した。南欧風の建物やら歴史的オルゴールなど全てがテーマ商品である対象に向かってシャッターを押した(ISO:100)。

帰宅後、RAWデータ処理ソフト(SIGMA Photo Pro 6.5.2)で「RAW現像」を行う。百枚ほど撮影し、現像保存したのは以下の写真を含め十枚程度。商品はその中に残らなかった。

48807276786_d005d2d710_k.jpg

48806958678_588ca57c75_k.jpg

48807424437_c0257d6d42_k.jpg

(路傍の花々と湖畔)


デジタルであっても、自得のかけら程度にはなったかもしれない。

(おわり)


posted by ihagee at 23:08| 禁断のFoveon

2019年09月26日

サイアノタイプ - その91(引き伸ばし機)



ポラロイド Digital Palette CI-5000S(デジタル・フィルム・レコーダ)で作成したアナログネガ(Kodak TMAX 100 / 35mm フィルム)の続き

エドワード朝の伝説的女優ガブリエル・レイをプリントした。100年前のポストカードをスキャンしたデータが元だが、ポストカード自体が網点(オフセット印刷)を持たないコロタイプゆえ、スキャンにも十分耐える写真画質ということである。コロタイプは今や殆ど行われていない複雑高度な写真製版技法だが、アンティーク・ポストカードであれば容易に手に入る。そのクオリティは驚くべきものがある。モノクロームの写真製版については100年前にすでに今でも十分通用する画質を獲得していたわけだ。ポストカードという商品で言えばむしろ時代が下るほど品質は落ちていると思う(手間やコストをかけられない為)。それはポストカードに記録されている100年前の衣装についても言えるだろう。

滞英中、パントマイム劇に興じた漱石。その同じ時期、パントマイム劇とミュージカルにレイがいた。「漱石がギャビィを舞台に発見していたなら英国一美しい赤頭巾少女のステテコ踊りに一筆を献上したことだろう。(「ガブリエル・レイ(Gabrielle Ray)- その2(下積み時代)」)そんな時代考証をしてみるのも楽しい。

引き伸ばし機:Lucky II-C(50w SMD UV光源)
レンズ:Nikon EL-NIKKOR/1:4/f=50mm
用紙:Cotman Water Colour Paper F2 Medium

48593772822_b46f6aaf2b_k (2).jpg

48772127766_8bffb2eef9_o.jpg


スキャナー(EPSON GT-X980)で読み取らず、Foveon X3撮像素子のSigma DP2Sで撮影してみた。カメラで空間を介して撮影する方が見た感に近い。

48789015453_63a1f65a83_o (1).jpg

48794730162_5b16330653_k (1).jpg

48799728377_b7cd9c05ad_k.jpg


いずれも焼き付けに五時間かかり(就寝時間で仕上がるようタイマーをセット)、ジャスミン茶でトーニングしニスがけした。35mmフィルム一本で36枚アナログネガを作成できるわけだから、高価なOHPフィルムにインクをかなり消費するデジタルネガよりもコストがかかっていないと思う。デジタルネガがプリント寸で、プリントの大きさに合わせて都度作成する必要があるが、アナログネガならば引き伸ばし機の恩恵を受けられる点もメリットである。

(おわり)



posted by ihagee at 18:15| サイアノタイプ