2019年06月16日

サイアノタイプ - その79(引き伸ばし機)



SMDのUV光源を使ったサイアノタイプの続き(引き伸ばし機:昭和11年(1936)製の乾板用ハンザ特許引き伸ばし機 / Anastigmat F=125, 1:6.3)。

DSC02435.JPG


----

サイアノタイプは従来、階調(ラチチュード)の幅が狭く緻密な表現を求めるには限界があるとされてきた。それは太陽光又はUV露光機を用いたコンタクトプリント(密着焼き)の場合だろう。それら強いUV光を使い数分の露光且つ露光面が視認できない状態での焼き付けのコントロールは難しい。ゆえに潰れを防ぐ為にコントラストが低いデジタルネガを作成する必要がある。結果はメリハリの大きなプリントとなる。つまりメリハリ=明暗比(明るい部分・暗い部分の明暗の差)を大きな画を作ることが従来のサイアノタイプだった。露光の過程のコントロールが難しい為、予めネガに所望の結果が得られるような細工をするわけである。

本稿のサイアノタイプは銀塩写真と同様、引き伸ばし機を用い、しかし時間をかけて(数時間)弱いUV光で露光する為、従来の方式では得られなかった緻密な階調の再現が可能となった。アナログネガをそのまま用いることで、元々記録されている情報を最大限引き出す過程はコントロール可能である。室内光(明々と照らさない限りの)の下で露光面を視認しながら作業ができるからである。反面、従来の方式でのメリハリの大きな画は得られない(元のネガがそうなっていない限り)。

ネガが赤外線写真の場合はそのまま結果に反映する為、以下のような画が得られる。

47786261181_175514db8d_k.jpg

(ジャスミン茶でトーニング)

しかし、そうでない場合は平板な画になり易い。いくら階調(ラチチュード)を拡張したからといっても、銀塩のそれには遠く及ばないからだ。そこで、プルシャンブルーの鉄(III)イオンに他の色素を沈着させ色調を整えるトーニングを行う。

私の場合、ネット上の知恵に基づき、ジャスミン茶でトーニングを行ってきた。インク色に近いブルー・ブラックは青写真ぽさがなくて好みということもある。ジャスミン茶でのトーニングは鉄(III)イオンへのタンニンの沈着を目的としているので、紙自体を染めるものではない。

紙も染めるとどうなるのか?そこで、コーヒーでのトーニングをさらに試みることにした。こちらは紙の繊維も染まる。コーヒーを使った繊維のトーニング(染色)の場合、染め付きを良くする為に豆乳に繊維を予め浸すとネットで教わり、この方法も併せてみた。

豆乳はブリックパックのもの(無添加)を買い求め、vif Art B5 (H.P. surface)にスポンジ刷毛を使って塗布した。豆乳自体は白色なので光にかざさない限り、塗り目は判らない。マグネットを付けた鉄クリップに塗布した紙を挟んで扇風機の風で乾燥(扇風機のガードにマグネットが吸着)。

DSC02455.JPG


DSC02454.JPG


乾いたところにサイアノの薬剤をスポンジ刷毛で塗布し同様に扇風機で乾燥。

DSC02456.JPG

(豆乳のアンダーコートの為か薬剤が不均一に塗布されているかに見える)

前回記事で紹介した写真乾板(6.5 "x 4.25")を再び、乾板用ハンザ特許引き伸ばし機にかけて早速露光。アンダーコート分露光時間を長くした(六時間)。

水洗、薄い漂白液に潜らせて、トーニング処理に入る。クッキーの空き缶の蓋をパッド代わりにし水を満たしインスタントコーヒーを大さじ5杯ほど放り込み、調理箸を乗せて浮き上がらないようして浸けること約一時間。引き上げ水洗し、ミョウバン液に潜らせ、再びコーヒー液に浸し三十分。水洗し、ここで水で希釈したオキシドールをスプレーし水洗い。

DSC02450.JPG


オキシドールを最後にスプレーすることで、鉄(III)イオン部分の発色を高め染色したその他の部分とのメリハリを付けた。乾燥させると発色や質感が失われるのがサイアノタイプの欠点なので(いわゆるドライダウン)、湿り気を若干残す程度に乾燥後、百均の水性ニス(艶あり)をスポンジ刷毛で塗布した。

DSC02461.JPG


DSC02451.JPG


質感や発色を持つマチエール(絵肌)は実際にプリントを目で見た場合のことで、スキャンした平面画像では判らない。何とかその感じを表そうとしたのが上の画像だが、伝わっただろうか?スキャナーでは無理なので、斜めからカメラで撮影した。

同様に、別の古い写真乾板でも仕上げる。

DSC02460.JPG


鶏卵紙の本格的なプリント(albumen)(拙稿「明治31年・32年・34年・函館」)とは到底比べようもないが、マチエールはそれに似た感じになった。

----

別の写真乾板での例(以下・ただしスキャン画像)。豆乳とコーヒーをそれぞれ薄めて適用した。

48069884597_2a72a5cff9_k.jpg


全体の質感はジャスミン茶でのトーニングの場合(以下)と比較しても良い(あくまで主観)。

47926361691_b1426b7f98_b.jpg


----

タンパク質(豆乳)を繊維に浸み込ませることで、発色を安定化しコントロールできるのは従来技術だが、これを本稿のサイアノタイプにも応用可能と判った。

DSC02464.JPG


DSC02465.JPG


48074559256_31aa024094_k.jpg

(アンダーコートの無い部分では紙の繊維が染まらず、サイアノの元々の発色が残っている。この差を表現として利用すると、作例のように汚れた=ウェザリング(weathering)画にすることもできる)

(おわり)


posted by ihagee at 13:13| サイアノタイプ