2019年06月02日

サイアノタイプ - その77(引き伸ばし機)



昭和11年(1936)製の乾板用のハンザの引き伸ばし機(ハンザ特許引き伸ばし機 / Anastigmat F=125, 1:6.3)についての記事の続き。

去年の9月頃の作例(砲弾型LED 100個のUV光源)と比較する為、同じ乾板(1900年頃の5x7インチのネガ乾板)で再度プリントを試みた(用紙はvif Art (B5 H.P. surface) paper)。

47957210758_a5f75e871a_k.jpg


47976572258_77bc1f30ef_k.jpg


47981096207_6b6b006f97_k.jpg


以上、いずれも焼き付け時間:約二時間、ジャスミン茶でトーニング。

----

去年9月頃の作例(用紙は同じくvif Art (B5 H.P. surface) paper):

29609897227_2cab553bab_k.jpg


30952818648_04c171aaa3_k.jpg


42925265470_293e58465a_k.jpg


二番目の作例のみ左右反転(鏡像)でのプリント。なお、いずれも焼き付け時間:五〜六時間程度、ジャスミン茶でトーニング。

----

仕上がりが均一で安定しているのは現行のUV光源(SMDユニット)でのプリントということか。プルシャンブルーがトーニングによってさらにブルー・ブラックに変わる。比較して、去年のものは光源の弱さと不安定さゆえ、長時間の露光にもかかわらず不完全な感光に終わり、サイアノらしいプルシャンブルーにならなかった。トーニングで何とか色目を整え、今見返せばそれはそれなりに意図せぬ味わいもある。いかんせん、光源が短寿命だった。もうこの光源に戻ることはないだろう。

安定した仕上がりは銀塩プリントの(ある程度の)代替としては意味があるが、サイアノタイプの本来得意とする表出性に乏しい。

(おわり)

posted by ihagee at 08:54| サイアノタイプ