2019年06月30日

サイアノタイプ - その82(引き伸ばし機)



SMDのUV光源を使ったサイアノタイプの続き(引き伸ばし機:昭和11年(1936)製の乾板用ハンザ特許引き伸ばし機 / Anastigmat F=125, 1:6.3)。

DSC02441.JPG


UV光を長時間照射することによって、アナログフィルムなり乾板にダメージをもたらすのではないか?と懸念されるかもしれない。使用しているSMDは所謂パーティ用ブラックライトで可視光領域の395nm辺りがピークのようだ(380nmmまでを紫外線という)。サイアノタイプの感光領域は375nmから395nm辺り。375nmでは人間の目には暗く引き伸ばし機に用いるには不適であると共に直接目で光源を見ることは危険。従って、可視光を含むとなれば、パーティ用ブラックライトが引き伸ばし機のUV光源としては最適なのだろう。

太陽光の下、コンタクトプリント(密着焼)でならば数分〜十数分で露光完了となることからして(曇天下でさえ)太陽光はいかに多く紫外線を含んでいるかが判る。さらに太陽光には熱線(赤外線)も含まれている。

本稿で採用のパーティ用ブラックライトから転用したSMD UV光源は太陽光に比較にならない程、弱い紫外線で且つ熱線が含まれていないため、長時間の照射であってもネガにダメージを与えることはない。カラーネガであれば変色の可能性があるかもしれないが、サイアノタイプの場合、モノクロネガなので変色を心配する必要もなく、今のところフィルム・乾板ともにUV光源ゆえのダメージは一切見られない。

----

とは言っても長波長紫外線(UV-A)である。イーゼルの露光面でピントを合わせる際にフォーカサーを用いるが、直接ファインダーを覗くのは危険。iPod Touchのカメラレンズをフォーカサーの接眼部に取り付けて、液晶越しにフォーカシングを行っている(小穴式ピーク・引伸用ピント・ルーぺI型(No. 2000))。作業中、紫外線カット・コーティングしたメガネをかけていることは言うまでもない。

DSC02485.JPG


DSC02484.JPG


DSC02486.JPG

(iPod Touch液晶画面)

----

感光剤(Jacquard Products社:Jacquard Cyanotype Sensitizer Set)の古い使い残しのボトル(A剤、B剤)がタンスの中で眠っていた。作ってから2年半経過。それぞれ1/3ほど液剤が残っていたが、防腐剤が入っていない液剤なので、クエン酸アンモニウム鉄のB剤の液面は糊状の膜が張っていた。このまま捨てるのも勿体無いと、シリンジのニードルを突っ込んでA, B共に2ccを採取し、豆乳(希釈せず)と混ぜて、ウィンザー&ニュートン コットマン パッド 細目(B5)二枚にスポンジ刷毛で塗布してみた。この状態では現在使っている液剤と変わらず塗りムラもなく未だ使えそうな雰囲気。

乾燥後、トウモロコシの束を撮影した乾板(Pickerling一族の乾板(1880年〜1890年代撮影)の一部)を使って一枚プリントしてみた。

DSC02488.JPG


DSC02489.JPG


DSC02491.JPG


露光してすぐに、ボツボツと黒い点が現れた。古い感光剤ゆえか?どうにも気になるのでシャドーが潰れることも覚悟で敢えて露光時間を長くする(一時間半)。水洗後、トーニング(コーヒー)とミョウバン液浴を繰り返し最後にオキシドールをスプレーし水洗。生乾きの状態で百均の水性ニス(光沢有)をスポンジ刷毛で塗って仕上げた。

48157428907_f4aba7f3ee_k.jpg


結果は良好。素材とトーニングが合っている。シャドーに深みが出ているのはサイアノ液剤を豆乳と混ぜて塗布したせいか?デジタルネガのコンタクトプリント(密着焼)のような、メリハリ=明暗比(明るい部分・暗い部分の明暗の差)感もありながら、微妙な階調も表現されている。

捨てようと思っていた液剤だが思わぬ効果に残りも同様に楽しめそうである。

(おわり)


posted by ihagee at 18:06| サイアノタイプ

2019年06月29日

サイアノタイプ - その81(引き伸ばし機)



SMDのUV光源を使ったサイアノタイプの続き(引き伸ばし機:昭和11年(1936)製の乾板用ハンザ特許引き伸ばし機 / Anastigmat F=125, 1:6.3)。

DSC02441.JPG


----

48146754356_24d47f60c5_k (1).jpg

Pickerling一族の乾板(1880年〜1890年代撮影)使用)

ウィンザー&ニュートン コットマン パッド 細目(B5)での作例。豆乳を薄めず下引きし乾燥後、サイアノ液を塗布し長めに露光(約六時間露光)。水洗・オキシドール浴後、ミョウバン液に浸けて仕上げた(トーニング無)。プルシャンブルーのサイアノらしいプリントとなっている。

----

48150456947_67433fbaa0_k.jpg


48141206678_8539b5cbac_k.jpg


同じくPickerling一族の乾板(1880年〜1890年代撮影)を使って、コーヒーでトーニングした。一枚目はPickerling House(建物は歴史的建造物として現存)のおよそ130年前の子供達。二枚目、鼻眼鏡に水玉のカラーの好男子は弁護士一家の惣領か?

48136953848_b4862efb6f_k.jpg


同じく、Pickerling一族の乾板(1880年〜1890年代撮影)でのプリント。前掲の一人のポートレイトと異なり、集合写真の場合はトーニングによって顔の部分が一様になって案外つまらない。絵柄によって相応しいものとそうでないものがあるようだ。

DSC02479.JPG

(露光中・室内の照明下で露光面を視認できる。)

48112438426_8fcf28ac91_k.jpg


オキシドール浴をせず水洗のみで仕上げた例。1900年頃の乾板(場所:米国フィンガーレイクス)。プルシャンブルー(濃紺)になる手前のペールブルー(水色)で絵柄に相応しい。

----

ネガを乾板から120フィルムにし、引き伸ばし機を35mmフィルム用のLucky Attache-35(30WSMDのUV光源)に替えてみた。Lucky Attache-35の35mm用フィルムキャリヤーを外し、ガラスに120フィルムを挟んで挿入すれば、部分的にせよ120フィルムを引き伸ばすことができる。

DSC02471.JPG


Voigtländer Superb (Skopar 75mm F/3.5)とクローズアップレンズ(Voigtländer W/w FOCAR 30)で撮影したコスモス(フィルム:Kodak Kodak TRI-X 400 & Y-filter)をプリントしてみる(拙稿「Voigtländer Superb 顛末記 - その15」)。ウィンザー&ニュートン コットマン パッド 細目(B5)を使う(条件は好男子のプリントと同様)。

48111624038_a7d1dd0ca8_k (1).jpg


コーヒー・トーニングによって妙にドラマチックになる。

爽やかなコスモスらしく、絵手紙(ポストカード)用の vif Art (細目)にシンプルにプリントし、百均のフレームに飾ってみた。

DSC02474.JPG


DSC02478.JPG

(露光中)

DSC02477.JPG

(作家気分にオリーヴと鳩のエンボスを右下に施した)

DSC02476.JPG


サイアノ感光剤を部分的に塗布しただけ、三十分程度の露光、水洗(オキシドール浴無)でペールブルー(水色)に仕上がる。

42794781385_db9e0b1db4_k.jpg


28808587347_80a539dec2_k.jpg


(おわり)

posted by ihagee at 09:13| サイアノタイプ

2019年06月23日

サイアノタイプ - その80(引き伸ばし機)



SMDのUV光源を使ったサイアノタイプの続き(引き伸ばし機:昭和11年(1936)製の乾板用ハンザ特許引き伸ばし機 / Anastigmat F=125, 1:6.3)。

DSC02408.JPG


----

印画紙に水彩画用紙 vif Art B5 (H.P. surface)を主に用いてきたが、水を含んだ時の波打ちが気になっていた。豆乳を下引きし乾燥後、その上にサイアノ液を塗布し再度乾燥の過程での波打ちは印画紙としては避けたい。そこで、より紙面の張りが強いウィンザー&ニュートン コットマン パッド 細目に用紙を変えてみた。紙厚は242g/m2 (vif Art)が270g/m2(コットマン)となり、露光後の水洗・トーニング・ニス塗布の工程にも都合が良い。

早速、豆乳(無調整)を薄めずにスポンジ刷毛で塗布・乾燥後、サイアノ液を塗布し扇風機の風を表裏に当てて乾燥。vif Artでは微妙に波打ちがあったが、コットマンではそれが無い。

引き伸ばし機に乾板をセットし小穴式のピントルーペ(I型)でピントを予め合わせ(iPodのカメラ越し)、印画紙を置いて露光(時間:四時間程度)。コーヒーとミョウバンを用いてトーニング、乾燥後水性ニス(光沢有)を塗布して仕上げた。

Pickerling一族の乾板(1880年〜1890年代撮影)でのプリント:

48087632158_995b694251_k.jpg


比較(豆乳下引き無・ジャスミン茶でのトーニング)
1 (82).jpg


----

1900年頃のファーマー(フィンガーレイクス)

48074716962_0e90d40c5c_k.jpg


比較:
40115517033_6a1d157166_k.jpg


48101948633_5aa7f15b56_k.jpg


比較:
1 (85).jpg


----

写真家・Maurice Couvratの乾板(1920年代頃)。活躍拠点だったフランス・ヴィエンヌ県ポワチエの景色か?

48104857366_9b4d31a0a5_k.jpg


比較:
40657427453_5ad6443b10_k.jpg


----

1900年頃(場所不明)

48106386017_9c831c2630_k.jpg


比較:
43830797031_c363878cac_k.jpg


----

比較する迄もなく、コーヒー・トーニングで絵肌の晴朗さが失われ全体に汚れた感じになるが、それも雰囲気か?トーニングをしない状態での発色性は豆乳を下引きした方が良いことが判った。感光剤が紙の繊維にタンパク質(豆乳)を介してより強く定着しているからだろう。但し、この場合、タンニン(ジャスミン茶など)でのトーニングをしない方が良い。紙を染色するよりも、鉄(III)イオンへのタンニンの沈着となるので、豆乳の下引きの際の刷毛目(目には見えないが)の通り紙の繊維深くまで定着した感光剤がトーニングによって刷毛目ごと絵肌に現れやすい。つまり、豆乳を下引きする際は、豆乳を希釈し塗布するか、トーニングをせず表面を水洗いする程度の漂白で済ませるのがコツだということも会得した。

48069884597_2a72a5cff9_k.jpg

(水で緩めた豆乳を下引きし、薄いコーヒーでトーニングしたもの)

(おわり)


posted by ihagee at 05:30| サイアノタイプ