2018年09月29日

サイアノタイプ - その60(UV コンタクトプリンタ)


サイアノタイプ - その59(引き伸ばし機)の続き。

引き伸ばし機で全体をプリントすることができない大きなガラス乾板。全体をプリントするにはUV光源のコンタクトプリンタを用いれば良い。ということでハガキ大(100×148mm)のvif Art H.P. surfaceにプリントしてみた。以下、作例紹介(各々、焼き時間は約十分)。

まず、8" x 10"(インチ)つまり、20cm x 25cm(約)の最も大きなガラス乾板。これは全体をすでにB5のサイアノタイプ印画紙(vif Art B5 H.P. surface)にUV光源のコンタクトプリンタで密着焼きを試みている。今回は印画紙がハガキ大なので逆に部分を焼くことになった。

Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


ジャスミン茶でのトーニングの前後を比較。

Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic large dry plate (glass plate) without using digital negative processing


B5のサイアノタイプ印画紙であれば、全体をプリントできる(比較)。

----

Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


ジャスミン茶でのトーニングの前後を比較。

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing


引き伸ばし機(乾板用のハンザの引き伸ばし機)では、B5のサイアノタイプ印画紙に顔の部分しかプリントできない(比較)。なお、引き伸ばし機と比較して鏡像となっているのは、コンタクトプリントでは乳剤面を印画紙と密着させた為(引き伸ばし機では乳剤面を光源に向けている)。

----

Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


ジャスミン茶でのトーニングの前後を比較。

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing


引き伸ばし機(乾板用のハンザの引き伸ばし機)での例(B5のサイアノタイプ印画紙)。

----

Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


ジャスミン茶でのトーニングの前後を比較。

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing


引き伸ばし機(乾板用のハンザの引き伸ばし機)での例(B5のサイアノタイプ印画紙)。

----

最後に1920年代のオハイオ州アクロンの風景(ガラス乾板の大きさは10.5 x 8cm)。
この大きさならば、引き伸ばし機(乾板用のハンザの引き伸ばし機)で全体をプリントできるが、今回はコンタクトプリントとした。

Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


ジャスミン茶でのトーニングの前後を比較。

----

なお、UV光に代えて自然の太陽光を使うことはお勧めしない。OHPフィルムで作成したデジタルネガであれば構わないが、オリジナルのガラス乾板は熱線を含む太陽光に晒すことはダメージとなるからだ。

薄曇り空の下であれば、大丈夫かと思い、ハガキ大(100×148mm)のvif Art H.P. surfaceにUVコンタクトプリンタに代えて太陽光で一枚プリントしてみた(焼き付け時間五分)。太陽光を用いた普通のサイアノタイプ・プリントは久しぶりである。

Cyanotype print made on a solar contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


試してみたものの、どうもうまくいかなかった(理由は簡単。乳剤面のダメージを怖れて反対側を印画紙と密着させた為にピントがボケた)。数分の間に光の強さが一定ではない太陽光を用いた普通のサイアノタイプ・プリントでは試行錯誤を繰り返すこともあり、オリジナルのガラス乾板を恐る恐る用いるよりも、OHPフィルムのデジタルネガを使う方が無難なのだろう。

UV光源・引き伸ばし機(乾板用のハンザの引き伸ばし機)での例(B5のサイアノタイプ印画紙):

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing


やはり、太陽光と違って、焼き目が一様でコントロールし易い。最後の一枚は少し焼き目が足らなかったが。

ガラス乾板をUVコンタクトプリンタで密着焼きして気が付いたことだが、拡大してみると紙の表面の繊維が写り込んでいる。引き伸ばし機であれば長い時間をかけて焼き付けるので印画紙の表面に均一に光が当たるのでそういうことはない。全体のトーンも引き伸ばし機の方が均一のようだ。

(おわり)
posted by ihagee at 16:40| サイアノタイプ

2018年09月26日

サイアノタイプ - その59(引き伸ばし機)



1910年頃のガラス乾板(ネガ)をB5の水彩用紙(vif Art B5 H.P. surface)にプリント(拙稿「サイアノタイプ - その57(引き伸ばし機)」の続き)。昭和11年(1936)製の乾板用のハンザの引き伸ばし機(ハンザ特許引き伸ばし機 / Anastigmat F=105, 1:6.3)を使った。

植物を背景に横向きのポートレートは本来半身像

negative.JPG

(ネガポジ変換した像)

引き伸ばし機のコンデンサーレンズ下の隙間に乾板の幅がぎりぎり入るが、当然全面には光が当たらないので、顔を中心にしてプリントすることになる。

前回プリントした結果:

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing

(五時間焼き付け・オキシドール浴・トーニング無)

もう一度、同じ乾板でプリントしてみた。

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing

(五時間焼き付け・オキシドール浴・ジャスミン茶でトーニング)

レンズと印画紙までの距離を調整するなどして、胸元辺りまでプリントすることができた。トーニングを施すと雰囲気が変わる。ジャスミン茶でのトーニングも適用次第でセピア調になる。アンティークの乾板にはこの方があっているように思える。

全体をプリントするにはUV光源のコンタクトプリンタを用いれば良い。デジタルネガを作成するのは本稿の趣旨と反するのであくまでもアナログネガたる乾板を元にしてプリントすることになる(拙稿「サイアノタイプ - その55(UV コンタクトプリンタ)」)。しかし、上述の乾板はキャビネ判(130x180mm)相当なので、その実寸でしかプリントできない。ハガキ大(100×148mm)のvif Art H.P. surfaceが手元にあるので乾板に当ててみると、なんとか半身全体は収まりそうだ。次回、コンタクトプリントを試みたい。

(おわり)

posted by ihagee at 03:15| サイアノタイプ

2018年09月23日

サイアノタイプ - その58(引き伸ばし機)


「五輪」という破壊(続き6)』の続き。来月閉場となる築地市場を撮影したフィルムを用いてサイアノタイプ・プリントを行った。

引き伸ばし機はLucky Attache-35(35mmフィルム専用・Nikon EL-NIKKOR/1:4/f=50mm)を使い、B5の水彩用紙(vif Art B5 H.P. surface)にプリント。焼き付け時間は約三時間。

作例1(オリジナルの写真 / ジャスミン茶でトーニング後)

Analog Film, Canon AL-1, Carl Zeiss Jena, Flektogon 4/25,  Kodak TRI-X 400, Location: Tsukiji Market (築地市場, Tsukiji Shijō), Tokyo, Japan, September. 15, 2018


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from 35mm negative film without using a conventional contact printer and digital negative processing


作例2(オリジナルの写真 / トーニング前 / ジャスミン茶でトーニング後)

Analog Film, Canon AL-1, Carl Zeiss Jena, Flektogon 4/25,  Kodak TRI-X 400, Location: Tsukiji Market (築地市場, Tsukiji Shijō), Tokyo, Japan, September. 15, 2018


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from 35mm negative film without using a conventional contact printer and digital negative processing


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from 35mm negative film without using a conventional contact printer and digital negative processing


作例3(オリジナルの写真 / トーニング前 / ジャスミン茶でトーニング後)

Analog Film, Canon AL-1, Carl Zeiss Jena, Flektogon 4/25,  Kodak TRI-X 400, Location: Tsukiji Market (築地市場, Tsukiji Shijō), Tokyo, Japan, September. 15, 2018


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from 35mm negative film without using a conventional contact printer and digital negative processing


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from 35mm negative film without using a conventional contact printer and digital negative processing


----

トーニングの有無でだいぶ印象が変わる。フィルムをそのまま引き伸ばし機にかけUV光源で焼くだけで、プリントの工程で一切デジタル処理を行わず、元のフィルムに記録された情報をそのまま紙に置くことができる。銀塩プリントの代替手段としてアナログに終始する点に意味があると思っている。その素材がアナログの塊である築地であることにも意義を感じている。デジタルに対するアンチテーゼである。

(おわり)

posted by ihagee at 19:47| サイアノタイプ