2018年08月09日

沖縄の人々は本土の<防人>なのか?


翁長知事が亡くなった。深く哀悼の意を表します。

日本(ヤマト)の防人となる沖縄人(うちなーんちゅ)で良いはずがない。
憲法の下、同じ日本国民であるはずなのに、沖縄人を人間の盾(防人)、沖縄を『力強い砦』と犠牲にして「日本を盛り立てる」なる考え方が差別主義である。差別主義者が安倍政権のバックボーンとなっている。善隣外交を基調とし盾や砦を取り除くことが第一義に求められそれは政府の責務であるにもかかわらず、その責務を政府は放棄するどころか歴史問題などで周辺諸国と徒らに軋轢を作っている(御用新聞たる産経・読売新聞に至っては嫌韓・反中感情を徒らに煽っている)。

その政府の無責任のツケを沖縄に全て押し付け、やれ盾となれ砦を築けと命じ、それが「日本を愛するという気持ち」だと平然と言ってのける。逆らえば干す(いじめ)。これが差別主義でなくて何だろうか?「安全安心」な筈の原発をその電力の最大消費地たる東京に作らず、福島に作った挙句、大事故を引き起こしその結果ごと「(東京に)影響は及ばない」と切り離し、踏み台にし、復興すべきは東京にありと、東京五輪を嬉々として開こうとする差別主義と同じだ。中央と地方との経済格差など差別を前提とする原発など必要としない社会を築くことが政府の本来の責務であるのに、差別をむしろ助長する原発を動かし続ける。これは日米地位協定など差別を前提とする米軍基地を沖縄に押し付け続ける政府の姿勢に通じている。基地の存在が前提の沖縄振興費であって、基地の存在を必要としない振興費を考えようともしない中央政府の沖縄に対する押し付けありきの姿勢でもある。

沖縄が米国との矢面に立たなくてもすむように、沖縄県民の民意を米国と真剣に話し合って基地解消に努めるべきは政府である。ところが、その政府(安倍政権)は米国の代弁者でしかない。「どこの国の総理大臣か?」と問われる中、亡くなられた翁長知事は常に沖縄のために身を粉にした。安倍総理大臣は自らの恥を知るべきだ。

基地(武力)が必要だ、原発(核)が必要だ、と声高に言う者ほど、その負担責任を他者(地方)に押し付ける。差別主義を是とし続ける安倍政権。「日本国・日本人」なる括りで、マイノリティに権利を言わせない風潮を作り上げ、それに逆らうものを「非国民・土人」と呼んで憚らない「上から目線」がこの政権には諸政策においてみることができる。

以下、ブログ記事を再掲したい。


----

「中国の脅威の最前線に否応なく立たされている沖縄を『力強い砦』にしないといけない」「中国に侵略されないような『防人』になって、もう一回、日本を盛り立てる」。(2014年11月9日、沖縄県豊見城市での講演での櫻井よし子氏の発言)

「『琉球新報』、『沖縄タイムス』の記事は『日本を愛するという気持ちはない』としか読めない」「本土の比較的まともな『産経新聞』とか『読売新聞』みたいな新聞が、ここでも定着していくといい」とも発言している。
(引用:週刊金曜日ニュース

----

さだまさしの<防人の詩>

おしえてください、
この世に生きとし生けるものの
全ての命に限りがあるのならば、
海は死にますか?山は死にますか?
春は死にますか?秋は死にますか? 
愛は死にますか?心は死にますか?
私の大切な故郷もみんな逝ってしまいますか?

この詩は万葉集に収められた一首に基づいている
鯨魚取 海哉死為流 山哉死為流 死許曽 海者潮干而 山者枯為礼

----

鯨魚(いさな)取り 海や死にする 山や死にする 死ぬれこそ(死許曽)海は潮干(しほひ)て 山は枯(か)れすれ、つまり、死ぬからこそ、海も山も死ぬ、と万葉の名もない詠み人。

あなたが死ぬからこそ、愛も心も故郷もみんな死ぬ、とさだまさし。

----

「日本を愛するという気持ち」があるならば、<防人>などになって死のうとしないことだ。誰かを<防人>に仕立てて死なせないことだ。死を前提とした国家観ならそんな国家も死ぬ。先の大戦で沖縄が本土の<防人>となって神国たる日本(本土)は海神(わたつみ)や山神(やまつみ)の加護を得られたか?否、ただ敗けて焦土となっただけである。「正しい狂気があるもの」と若者を洗脳して体当たりさせた特攻も神風の一つ吹かず「日本を愛するという気持ち」なる「死に狂い」に過ぎなかった。

本当の意味での「日本を愛するという気持ち」があるならば、話し合いを基調とする外交こそ求められることである。戦後のわが国の外交はこの無手勝流に徹した。武器を持たない・使わないからこそ極めて高度な対外交渉術・言語能力が閣僚・官僚に要求されてきた。しかし、その術や能力に劣りまたそのための刻苦勉励よりもお友だちとのゴルフや会食に勤しむ安倍首相には「無手」に武器を持つことの方がよほど楽なのだろう、この基調をあっさりと放棄しようとしている。隣家の火事話のポンチ絵程度の喩えで、集団的自衛権の武力行使の国民への説明が済んでしまうのだから、武器を使う話は使わない外交交渉よりアタマを使わずに済む。

----

沖縄を含め日本列島全てが有事に於いて米国の軍事の砦・人間の盾となることを前提とする日米安保協定で日本列島の地政学的位置関係は米大陸にとって弾除けとの意識からか、逼迫する米朝情勢に関連してトランプ大統領は「戦争は朝鮮半島、日本で起こる。多数の死者が出るのはそちらであり、米国では死者は出ない」と述べている。

米国民にとって日本国民が<防人>扱いであるから日米地位協定が存在し、日本においては沖縄の人々が本土民の<防人>扱いであるから、地元紙はまともでないとか本土の新聞(産経・読売)を読めといった上から目線の櫻井氏のような発言が頻出する。マトリューシュカのような入れ子のヒエラルキーだ。

----

沖縄の人々に軍事の砦・人間の盾になれと高説を垂れる櫻井よし子氏にはさだの<防人の詩>の歌詞は、同じ万葉集の<海行かば>と同じ「大君の 辺にこそ死なめ(大君のお足元にこそ死のう)」と聞こえるのだろうか?そのメロディーは「日本を盛り立てる」軍歌調に聞こえるのだろうか?

(おわり)


posted by ihagee at 17:33| 政治

2018年08月06日

サイアノタイプ - その51(引き伸ばし機)



昭和11年(1936)製の乾板用のハンザの引き伸ばし機(ハンザ特許引き伸ばし機 / Anastigmat F=105, 1:6.3)を用いたサイアノタイプ・プリント(水彩画用のvif Art (B5 H.P. surface)に薬剤塗布し印画紙とする) の続き。

UV LEDユニットを光源とするランプハウス(紙筒)を作り直した(相変わらずの間に合わせだが)。内側にアルミ箔を貼り、ユニットを高い位置からぶらさげている。

Collage_Fotor20.jpg


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing

(17cm x 12cm(約)大の1900年頃のガラス乾板 / 五時間焼き付け・水洗後ジャスミン茶でトーニング)

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing

(17cm x 12cm(約)大の1900年頃のガラス乾板 / 五時間焼き付け・ジャスミン茶で洗う/ 以下に再度焼き付けた作例も載せたが、同じ乾板を使ってもサイアノタイプでは全く違う結果となるのが面白い)

後者は水でなくジャスミン茶で洗ってみた。水洗やオキシドール浴で漂白せず、ジャスミン茶の鉄分でいきなりトーニングを行ったことになるのだろう。元は写真なのに描画したような感じになった。

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing

(17cm x 12cm(約)大の1900年頃のガラス乾板 / 五時間焼き付け・ジャスミン茶で洗う)

(おわり)

posted by ihagee at 17:56| サイアノタイプ

2018年08月05日

<(戦前)国策スローガン百選>に照らす今の世の中


国策スローガン百選(出典:里中哲彦「『黙って働き黙って納税』戦時国策スローガン100選」現代書館)

1 権利は捨てても 義務は捨てるな      (昭和8年用カ社) 
2 子供の健康 それ国防           (昭和8年熊本県)
3 心磨けば 皇国が光る          (昭和9年愛知県)
4 燃える心を 身に示せ          (昭和9年愛知県)
5 覚悟の前に 非常時なし      (昭和10年報知新聞社)
6 進め日の丸 つづけ国民      (昭和10年報知新聞社)
7 協力一致 強力日本        (昭和11年松陽新聞社)
8 暇をつくらず 堆肥をつくれ      (昭和11年千葉県)
9 胸に愛国 手に国債          (昭和12年大蔵省)
10 黙って働き 笑って納税       (昭和12飯田税務署)
11 勇んで出征 進んで納税     (昭和13年大阪府泉北郡)
12 護る軍機は 妻子も他人    (昭和13年千葉県防諜協会)
13 小さいお手々が 亜細亜を握る(昭和14年ラクト−ゲン本舗)
14 日の丸の手が 金(きん)もつな    (昭和14年鳥取県)
15 銃後の冬に 寒さなし     (昭和14年中央標語研究会)
16 国のためなら 愛児も金(きん)も   (昭和14年鳥取県)
17 征(ゆ)けぬ身はせめて愛児で御奉公 (昭和14年家の光社)
18 これではならない 戦地へすまぬ   (昭和14年家の光社)
19 金は政府へ 身は大君へ         (昭和14年愛媛県)
20 花嫁は国防服            (昭和14年文芸春秋社)
21 子沢山も御奉公           (昭和14年文芸春秋社)
22 祖国の爲なら 馬も死ぬ      (昭和14年北海タイムス)
23 支那の子どもも 日本の言葉    (昭和14年北海タイムス)
24 笑顔で受け取る 召集令      (昭和14年北海タイムス)
25 進め大陸 花嫁部隊        (昭和14年北海タイムス)
26 己の事は後回し         (昭和14年文芸春秋社)
27 飾る体に 汚れた心       (昭和15年中央標語研究会)
28 贅沢は敵だ    (昭和15年国民精神動員運動中央連盟本部)
29 人並みと思ふ心が 驕りの心      (昭和15年富山県)
30 日の丸もつ手に 奢侈品持つな     (昭和15年富山県)
31 聖戦へ 贅沢抜きの 衣食住  (昭和15年中央標語研究会)
32 家庭は 小さな翼賛会    (昭和15年松下電器株式会社)
33 待て一歩 国に捧げた 身を護れ (昭和15年神戸市電気局)
34 男の操だ 変わる職場 (昭和15年福岡地方鉱業報国連合会)
35 美食装飾 銃後の恥辱      (昭和15年中央標語研究会)
36 りっぱな戦死とゑがおの老母(昭和15年名古屋市銃後奉公会)
37 何のこれきし戦地を思へ  (昭和15年名古屋市銃後奉公会)
38 この子育てて御国へつくす (昭和15年名古屋市銃後奉公会)
39 儲けることより奉仕の心  (昭和15年名古屋市銃後奉公会)
40 屑も俺等も七生報国       (昭和15年日本工業新聞)
41 翼賛は 戸毎に下る 動員令     (昭和16年土陽新聞)
42 強く育てよ 召される子ども(昭和16年日本カレンダー株式会社)
43 働いて 耐えて笑って 御奉公    (昭和16年中央標語研究会)
44 屠(ほふ)れ米英 われらの敵だ   (昭和16年大政翼賛会)
45 節米は 毎日できる 御奉公     (昭和16年神奈川県)
46 古釘も 生まれ変われば 陸奥長門 (昭和16年日本カレンダー株式会社)
47 いつでも征ける 身体作れ  (昭和16年日本カレンダー株式会社)
48 今は節米 酒は飲むまい     (昭和16年日本国民禁酒同盟)
49 飾らぬわたし 飲まないあなた  (昭和16年日本カレンダー株式会社)
50 戦場より危ない酒場     (昭和16年日本国民禁酒同盟)
51 酒呑みは 瑞穂の国の 寄生虫 (昭和16年日本国民禁酒同盟)
52 一寸一杯 いや待て債券     (昭和16年国策再建情報社)
53 汗の化粧で 健康美    (昭和16年日本カレンダー株式会社)
54 海の民なら 皆泳げ         (昭和16年標語報国社)
55 子も馬も 捧げて次は鉄と銅    (昭和16年標語報国社)
56 無敵日本に 無職をなくせ     (昭和16年標語報国社)
57 遊山ではないぞ 練磨のハイキング (昭和16年広島県山岳連盟)
58 まだまだ足りない 辛抱努力  (昭和16年日本カレンダー株式会社)
59 国策に 理屈は抜きだ 実践だ (昭和16年日本カレンダー株式会社)
60 国が第一 私は第二      (昭和16年日本カレンダー株式会社)
61 任務は重く 命は軽く         (昭和16年中央標語研究会)
62 日の丸を 仰ぐ心に 闇は無し (昭和16年大阪毎日、東京日日新聞)
63 粗衣で頑張れ 粗食て粘れ        (昭和16年日本工業新聞)
64 鍬執って おれも 興亜の人柱         (昭和17年徳島県)
65 一億が みな砲台と なる覚悟     (昭和17年中央標語研究会)
66 無職はお国の寄生虫      (昭和16年日本カレンダー株式会社)
67 働かぬ手に 箸持つな         (昭和17年中央標語研究会)
68 足らぬ足らぬは工夫が足らぬ (昭和17年大政翼賛会、朝日、毎日、読売)
69 欲しがりません 勝つまでは (昭和17年大政翼賛会、朝日、毎日、読売)
70 科学戦にも 神を出せ         (昭和17年中央標語研究会)
71 デマはつきもの みな聞きながせ    (昭和17年中央標語研究会)
72 見ても話すな きいても言ふな     (昭和17年中央標語研究会)
73 早く見つけよ 敵機とムシ歯          (昭和17年岡崎市)
74 縁起かついで 国担げるか   (昭和17年日本カレンダー株式会社)
75 空へ この子も捧げよう        (昭和17年大日本飛行協会)
76 デマに乗り デマを飛ばせば 君も敵  (昭和17年台北州防諜連盟)
77 余暇も捧げて 銃後の務         (昭和17年大木合名会社)
78 生産、増産、勝利の決算        (昭和17年東京奨工新聞社)
79 迷信は 一等国の 恥さらし  (昭和17年日本カレンダー株式会社)
80 恥よ結核 一等国          (昭和17年台湾結核予防協会)
81 買溜に 行くな行かすな 隣組     (昭和17年大阪時事新報社)
82 二人して 五人そだてて 一人前 (昭和17年日本カレンダー株式会社)
83 産んで殖やして育てて皇楯(みたて)   (昭和17年中央標語研究会)
84 日の丸で 埋めよ倫敦 紐育    (昭和17年大政翼賛会神戸市支部)
85 米英を消して明るい世界地図    (昭和17年大政翼賛会神戸市支部)
86 切り詰めて 米英陣を 切り崩せ     (昭和17年中央標語研究会)
87 飾る心が すでに敵           (昭和18年中央標語研究会)
88 買溜めは、米英の手先          (昭和18年中央標語研究会)
89 長袖で敵が撃てるか 防げるか      (昭和18年中央標語研究会)
90 看板から米英色を抹消しよう  (昭和18年『写真週報』第257号)
91 吸って歩くな戦う街路     (昭和18年煙草販売組合連合中央会)
92 黙々と 馬は田の中 弾の中        (昭和18年日本馬事会)
93 嬉しいな 僕の貯金が弾になる 昭和18年大日本婦人会朝鮮慶北支部)
94 百年の恨みを晴らせ 日本刀        (昭和18年小松市役所)
95 分ける配給 不平を言ふな  (昭和18年大日本婦人会朝鮮慶北支部)
96 弾こぬ職場に 負指揮権や傷不忠    (昭和18年中央標語研究会)
97 初湯から 御楯と願う 国の母       (昭和18年仙台市役所)
98 理屈抜き贅沢抜きで勝ち抜こう       (昭和18年神戸市役所)
99 アメリカ人をぶっ殺せ!          (昭和18年『主婦之友』)
100 米鬼を一匹も生かすな!          (昭和20年『主婦之友』)

----

で、結局、それで「勝ちましたか?カミカゼが吹きましたか?神の国が到来しましたか?」
敗けただけ・カミカゼはそよとも吹かなかった・天皇は神をやめた

国民の大半は塗炭の苦しみを味わった・苦しみを与えた岸信介はのうのうと生き残った。その孫は祖父を尊敬して止まない。祖父と同様再び偽りを述べ愛国者を気取っている。その先はまた国民の大半が塗炭の苦しみに喘ぐことだろう。止まるはずの悪しき歴史の輪転機を回すのも国民。覚醒しなくてはならない。

しかし、戦争の惨禍の末、平和主義を是とする憲法を奇貨として手にいれた(日本の武力による覇権主義・軍国主義化を懸念した米国が幣原喜重郎の提案に頷いてうっかり与えてしまった第九条)。その意味と価値を噛み締めなくてはならない。

----

歴史に学ぶ=二度と同じ轍を踏まないこと。上述のスローガンに従わないことだ。従わせようとする者ほど、自らは従わないからだ。

「偽りを述べる者が愛国者と讃えられ、真実を述べる者が売国奴と罵られた世の中に、私は生きてきた(三笠宮)」

” 前田文部大臣の少国民に対する放送中にこういう言葉がある。「同時に自分の国ばかりが特別に偉くて、他の国はみんな駄目だと言ったような誤った自慢はいけません」こうした当り前の言葉が要路の人から発せられるのが、思えばおそかった! もとは、こんなことを言ったら非国民扱いされた。売国奴呼ばわりさえ受けたものだ。所詮その愚かしい慢心が敗戦をもたらしたのだ。” (高見順・敗戦日記より)

----

安倍政権はどうだ?この国の様変わりぶりは、慢心である。いずれ上述の国策スローガンすら許容してしまうことだろう。家族主義・親学・教育勅語・人権天賦付与説否定等々、戦前への復古主義に傾斜している。そして、「神の国」の代理人たる森喜朗元総理に至っては、東京五輪でこれらスローガンの幾つかを試そうとしている。

スクリーンショット 2018-08-08 3.02.44.png


スクリーンショット 2018-08-08 3.20.30.png


と、もはや、何でもあり。

また、敗けますぞ、この先に。何に?自分がついた嘘に。虚飾・粉飾・騙し・脅し・隠しを続ける政権とその諸政策、落とし前は国民(特に将来世代)が払うことになるのに、その国民が旗を振って政権を支える。豚が肉屋に奉仕する(拙稿「豚の独裁者(オーウェルの動物農場)」)。何をやっても許してしまう。お上意識・長いものに巻かれて唯々諾々とする。無思考無批判無定見にやり過ごす。過去から何一つ学ばない。行き着くところまで行って玉砕しなければ馬鹿さ加減がわからない。何度も同じ轍を踏む。度し難い国民性(私も含めて)の悲しい性(さが)なのか?

(おわり)

posted by ihagee at 18:49| 政治