2018年07月30日

サイアノタイプ - その49(引き伸ばし機)



サイアノタイプに様々な紙を試してみた。百均で売られているスケッチブックでもある程度使えるが、緻密に表現するのであればマルマンの水彩画用紙・vif Artの細目(H.P. surface)が最適だと判り、そのB5版を用いてきた。

このvif Artの細目にはポストカードもある。大きさだけでなく厚さも多少薄いようだが紙の表面は同じ細目なので使ってみた。小さいだけに引き伸ばし機での焼き付けも短時間(三十分程)で済む。Voigtländer Superb (1933), Skopar 75mm F/3.5 で撮りためた中判ネガフィルムを引き伸ばし機(Lucky IIc・Fujinar-E75mmF4.5)にかけ、UV LEDユニットでさっそくプリントした結果は以下の通り。

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from 120 negative film without using a conventional contact printer and digital negative processing


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from 120 negative film without using a conventional contact printer and digital negative processing


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from 120 negative film without using a conventional contact printer and digital negative processing


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from 120 negative film without using a conventional contact printer and digital negative processing


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from 120 negative film without using a conventional contact printer and digital negative processing


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from 120 negative film without using a conventional contact printer and digital negative processing


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from 120 negative film without using a conventional contact printer and digital negative processing


濃くみえるプリントはジャスミン茶でトーニングを施したもの。春のポピーと秋のコスモスをプリントしたが、暑い最中、澄んだ青空に風に揺れるコスモスが恋しいが、その季節はまだまだ先と思える暑さが続く。プルシャンブルーの秋桜に爽やかな季節を少し先取りしてみた。

(おわり)
posted by ihagee at 03:47| サイアノタイプ

2018年07月28日

若者たちの怒りの導火線に火が点いた(続き)



LGBT(「性の多様性」)は国際社会が共有する人権問題でもある。
その大きな人権問題を、こともあろうが「日本人の誇り」なるちっぽけな器で語ろうとしたのが杉田水脈議員ということだ。

喩えれば、humanを語り合う場に、Japaneseを持ち込む筋違い。human rightsを語り合う場に、Japanese prideを持ち込むトンデモである。お門違いも甚だしい。そんなトンデモまで正当化してしまう(自民党)背景を考えてみる必要がある。

----

「日本の国、まさに天皇を中心としている神の国であるぞということを国民の皆さんにしっかりと承知して戴く」<森喜朗元首相の神の国発言>

この「神の国」には民主主義国家における人権というものは存在し得ない。「お前たちはこの国に生かされているということを忘れてはならない」と国あっての国民であり、その国に逆らう者は国民と認めない、すなわち、自ずと存在する人権などあり得ないとする。これは後述する通り、「国家の誤作動」である。国家が人権に対していくらでも条件をつけることができてしまうキッカケとなる。「生産性」を持ち出し、LGBTの人権に条件をつけることだ。

この内向きな承知やら選民思想は、決して国際社会で共有され得ない。しかし、「神の国」なる選民思想を頑なに主張し、多様性にあらがう人々が今この国の政治をつかさどっている。杉田議員はその代弁者であり、彼女の仲間なら他にも大勢存在する。

自民党憲法改正草案起草者の一人である片山さつき議員もそうだろう。

「国民が権利は天から付与される、義務は果たさなくていいと思ってしまうような天賦人権論をとるのはやめよう、というのが私達の基本的考え方です。国があなたに何をしてくれるのか、ではなくて国を維持するためには自分に何ができるか、」と述べている。

義務を果たしてから権利を言え、とくる。しかしこの片山議員は西日本豪雨の予報がなされている最中、自民亭で酒をくらってにやつきながらピースなどをしていた。それがこの人の考え方なのだろう。上意下達に号令する者ほど自らは何も義務を果たしていない。「偽りを述べる者が愛国者とたたえられ、真実を語る者が売国奴と罵られた世の中を、私は経験してきた。(三笠宮)」

その愛国者を気取るのが杉田議員であり片山議員と私の目には映る。

天賦人権論の否定とは、「個々の国民が個性を持った存在であり、かつ幸福に生きる権利を持っているという普遍的な考え(小林節慶大名誉教授)」の否定である。「国家が人の人格的生存を侵すのは国家の誤作動。国家が人権に対していくらでも条件をつけることができてしまう。(同氏)」ということになる。

この「普遍的な考え」も「日本人にとっては必ずしも普遍的ではない」と杉田議員は主張しているに等しい。「家族主義の美風」を大切にし「家族が社会の単位」であって初めて美しいと言える日本人・日本国。その誇り・・を杉田議員は主張するのだろう。安倍総理が常日頃言う「美しい国」とはこういうことだ。日本人って凄い・日本国って素晴らしいとマスコミを焚き付け若者を日々洗脳する政権。そう本当に思えるだけの社会や将来を具体化することもせず、むしろその逆に今さえ良ければと将来世代の懐にまで手を入れてカネを無心し(膨大な国の借金を積み重ね)、賭博に入れ込み、非正規労働を恒常化させ、結婚はおろか、家を持つことも、将来設計の一つ描くことも若者たちに不可能にしたのはほかならぬ、安倍政権である。

現実は「家族が社会の単位」ではない。お一人さま、シェアハウス、独居老人、定まった家すら持たぬ非正規労働者、そしてTPPで破壊されるコミュニティ(帰るべきふる里さえなくなる)等々。その反対に現実は動いている。パルムドールを受賞した是枝監督の作品に描かれた「万引き家族」は現実社会の反映であるが、杉田議員に言わせれば「生産性」のない人々となる。たとえ、全員が血縁関係にない疑似家族であっても、社会の単位として現実に存在する。その人どうしを繋ぐのは多様性を認め合う人権であり人として生きる権利である。

LGBT(「性の多様性」)は「家族が社会の単位」なる「美しい国」を破壊するもの、ゆえに国際社会とLGBTについては問題を共有する必要はないと、現実を見ずにアナクロな精神論を掲げるからこそ、「生産性」なるトンデモ定規で杉田議員は「家族が社会の単位」なのに「あの人たちは単位を構成し得ない(生産性がない=子孫を残せない)」とさらりと片付けるのだろう。

この考えの底には<家族主義の美風と大政翼賛>が見え隠れする。あの戦争に突き進んだ時代にもてはやされた考え方であり、今もって日本会議の宗旨であり(拙稿「<家族主義の美風と大政翼賛>(自民党憲法改正草案第24条第1項)」)、その集まりである神道政治連盟国会議員懇談会の理念「神道の精神を以て、日本国国政の基礎を確立せんことを期す」である。自民党を中心に国会議員283名が参加し、その一人が安倍晋三氏。

「神道の精神」は親学すなわち、“家族が社会の単位”、そのおおもとに神道の精神(靖国がその象徴)がある・・ということだ。その単位を「一億◯◯」と括りあげ、国民を互いに監視させ、誰一人逆らえずに(逆らえば「非国民・売国奴」と呼ばれた)戦争に動員させた為政者たちを真似ようとしている。しかし歴史が示す通り、彼らは塗炭の苦しみに国民を陥れた。その苦しみを与えた者は自ら苦しむことなくその孫が安倍総理であり、彼は祖父の時代を呼び戻そうとしている。賭博で身を滅ぼされるのは民であり潤うのは為政者である構造は、アヘン栽培で中毒患者を蔓延させ、人の不幸の上に巨額な利益を得たその祖父と重なる。

「国家国民」という言葉を安倍政権は好んで使う。「国民国家」と言わない。国あっての民、政治家は民を下に見て上位下達に号令するのが役目などと自惚れ「一億総活用」などと勝手に総国民年季奉公をぶち上げる。立憲主義の上で主客顛倒も甚だしい。憲法によって本来縛られるべきが「国家」であり「国家権力」であるのに、その憲法を改悪して、「国家」「国家権力」が「個人」の生存する権利を縛るという転回(革命)を企てている。「最高の責任者は私だ。」「わたくしは立法府の長ですから。」「私がそう解釈すれば法律」などと蒙昧し、何にも縛られるべきではないとばかりに憲法の条文を政治解釈することが罷り通るのであればもはや立憲主義ではない。

----

LGBT(「性の多様性」)と「生産性」がどう正しく組み合わさるのか、杉田議員は説明する責任がある。そう主張する限りは。そして彼女の意見の大意は間違ったものではないと許容する自民党は何がどう間違っていないのか、論理的に示すべきだ。「神の国」なる説明の一つつかぬ御簾の内に逃げ込むことは許されない。精緻な議論ができないのであれば、素直に「こちらの理解が足りませんでした」と謝り、金輪際「差別」と「偏見」を振りまくことをしないと誓うべきである。否、立憲主義や人権に今日まで泥を塗りヘイトし続けてきた与党・安倍政権は今日にも国政から去るべきだ。「神道の精神」やら「神の国」など真っ平御免である。

(おわり)
posted by ihagee at 14:05| 政治

2018年07月27日

若者たちの怒りの導火線に火が点いた



オウム真理教関係者が一ヶ月の間に13人処刑(再審請求中の者を含む)された。

国連人権高等弁務官事務所の報道官は27日までに、地下鉄サリン事件などで死刑が確定したオウム真理教関係者13人について、再審請求中にもかかわらず死刑が執行された場合は「死刑囚の権利保護を定めた国連規定違反となる」と指摘、国際基準上、問題になるとの認識を示した。

しかし、自民・安倍政権は国連規定を公然と違反し、国際世論に挑戦的態度を取る。首吊りのボタンを押した人が処刑にくみしたのではない。処刑を望んだ人全てが彼らの首に縄をかけて絞め殺したのである。殺人者に死刑なる殺人を行う。被害者が合法的に殺人を行う。死刑を望む人々が殺人を願う。殺人に死刑を重ねてそれで何が消せるのだろうか?単なる社会的フラストレーションの解消でしかない。恨みや憤りの感情の溜飲を下げたり、事件と何の関係もない社会の不満や鬱憤の気晴らしにしたりと、火事場の野次馬と変わらない心の惨さを感じる。その惨さを感じ取ろうともせず酒を酌み交わし笑いながら(執行前日の赤坂自民亭)命じた法相の人間性を疑う。それほど死刑を望むのであれば、法相が一人刑場で首吊りのボタンを押すべきであろう。どれだけ恐ろしい所業かその場面を命じた者が執行者となってその目で知るべきである。死刑とは国家が国民の人権(生存権)を奪うことである。国民がある国民の人権を奪った結果、国家が奪った国民を国民とみなさずその人権を奪う。この因果と応報の次元の違いに気づかなくてはならない。国家が人権の収奪に加担することは、戦争への道につながるからだ。戦争とは国家による国民の人権停止であり、殺人の肯定であり、先の戦争では「死ね」と命じることでもあった(特攻)。

江戸時代以前の敵討ちのまま、何の進歩もない。首吊りだろうが高射砲で木っ端微塵にしようが、死は死であり、それをバラエティショーで見世物にするマスコミ(特にフジサンケイ)のおぞましさに身震いを覚える。見せしめで公開処刑する北の独裁国家と何の違いがあるだろうか?

----

そして杉田水脈の議員辞職を求める自民党本部前抗議集会が本日行われている。主催者発表で5000人もの市民が抗議の声を上げ集まっている。その多くは若者だそうだ。LGBT議連が声明を読み上げ、声明文を自民党本部へ提出するも受け取り拒否。抗議の声は怒りに変わった。

DjG_evVVAAAQ0At.jpg


「人それぞれ政治的立場、いろんな人生観、考えがある」「右から左まで各方面の人が集まって自民党は成り立っている。(政治的立場での)そういう発言だと理解したい」と自民党二階幹事長。杉田議員を擁護するつもりらしい。

----

杉田議員の発言は「人生観」などではない。明らかな人権に対する「差別」と「偏見」である。
「人それぞれの人生観」などと到底許容することはできない。突き詰めれば、「生産性」がないとユダヤ人男性を断種し挙句にユダヤ民族を丸ごとジェノサイドしようとした優生学に基づくナチスの人種政策に行き着く。人権に「生産性」なる無茶苦茶な物差しを当てればナチスと同じ政策(劣等種は絶やすに限る)を政治家は取ることになる。その物差し自体全くのデタラメであった。そのデタラメを杉田議員は行っている。同じ国民に「差別」「偏見」を浴びせてそれが国民を代表する国会議員のすることだろうか?

こんなことを許容すれば、一つの人種・民族・国家・宗教などの構成員に対する抹消行為まで認める国になってしまう。同じ国民に「あんな人たちには負けない」と指を突き立てた安倍総理ならば、この杉田なる議員を庇うのだろうが、許すことはできない。杉田議員を維新から引き込み寵愛していたとされる安倍総理が自民総裁としてなおも庇うのであれば共に議員を辞めるべきだ。根っこは同じ「差別」と「偏見」の持ち主であろう。

LGBT(「性の多様性」)を生産性(子作り)の観点から否定する先進国は一つとしてない。

----

憲法改悪や安倍夫妻のスキャンダルでは動かなかった若者層が遂に、LGBTに「差別」と「偏見」を許容する自民党に反旗を掲げた。「生産性」なる価値基準は到底受け入れられない。

DjG6610UwAAeK01.jpg


自民党・安倍政権は恐怖すべきだ。驕りたかぶり越えてはならない一線を幾つも越え「何ら問題ない」と傲慢に過ぎた。婦女強姦の加害者を不問し被害者にセカンドレイプ(心の殺人)を加え社会的に葬ろうとする安倍政権及びそのシンパの異常さへの抗議は「#MeToo(私も)」として国際社会に知られつつある。そして、LGBTに対する「差別」と「偏見」を許容する自民党。この二つの問題を国際社会は絶対に看過しない。甘くみてはならない。杉田議員はその両方に「差別」と「偏見」を持ち込み、前者ではすでに国際的にその名(悪名)を知られている(BBCの番組を中心に)。だからこそ、LGBTでまた「差別」と「偏見」を振りまく杉田議員に海外のメディアが反応し、自民党本部前に記者を送り込んでいる。

----

LGBTへの「差別」と「偏見」で、遂に若者たちの怒りの導火線に火が点いた。これは左も右もリベラルも保守もない。政治的立ち位置でなく人間として根源的な問題だけにその問題を軽んじれば、抗議の声は国際社会と連携し一閃に燃え上がるかもしれない。今日の抗議集会には海外のメディアから記者が取材に集まったようだ。LGBT議連からの声明文の受け取りを自民党本部は拒否した。この顛末は先進諸国とLGBTについて理解や理念を共有し得ない自民党として、国際社会に発信されることだろう。

----

生命に危険が及ぶほどの暑さにただでさえ開催懸念が国際的に取り沙汰されている2020年オリンピック・パラリンピック東京大会。ここにきて、さらに人権に公然と「差別」と「偏見」を浴びせ、五輪憲章の精神にも逆らうこの国のオリンピックに誰が参加するだろうか?2020年東京大会はモスクワ大会(1980年)のように国際社会からボイコットの憂き目にあうかもしれない。

(おわり)

追記:
西日本豪雨の最中、自民亭(7/5)ばかりでなく、その翌日も首相公邸で安倍総裁を中心に総裁選の工作が秘密裏に行われていたと報道されている。つまり、守るべき国民を守らず未曾有の被害に死者が続出するその最中に、自得の為に「この国の(自称)最高責任者」がうつつを抜かしていたということ。ここにも国民を差別し目を向けようとしないこの人の自己中心・非情な本性があらわれている。そして、そもそも首相(総理大臣)と党総裁の区別もつけず、首相公邸で党総裁として党利を図り党議を行うこと自体おかしい。この無分別ぶりは憲法改正(改悪)・改憲でも見受けられる。
党総裁として改憲を主張するのであればともかく、行政府の長(首相)として改憲を口にすること、すなわち、立法府(国会)への越権も平気な「行政府の長でもあり且つ立法府の長」でもある「この国の最高責任者」と自認するこの人の尊大さが現れている。だからこそ、豪雨被害の只中にあっても被害者に目を向けることなく、総裁選の工作を行えるのだろう。こんな後ろ盾があれば、世間の風もどこ吹くものと、さぞや杉田議員は枕を高くして寝られることだろう。しかし、許してはならない。

追記(続き):

o1200091614235695614.jpg


「誤解されている所」がどうやら落とし所のようだ。言ってることの大意は間違っていないが、受け取る側の理解力が足らないから騒ぎになっているだけだそうだ。この「誤解されている」なる落とし所を援護するかに以下の論者の意見。

教育研究者の藤岡信勝氏は「一方的に批判する人は、文章を正しく理解していない」と指摘。「『生産性』という言葉は、杉田さんが日常的に使っている言葉ではなく、引用符が施されており、政策論議のための次元の違う用語として引用されているだけだ。今回のことは、誤読に基づく冤罪(えんざい)というべきものだ」という。(朝日新聞デジタル・7/28配信)

情報を受け取る側の「誤読」とは見苦しい。全文を読めば読むほど、杉田議員の考えの浅はかさ・論拠のなさが浮き彫りになるばかり。こんなトンデモ意見まで優しく受け止め、次々と子飼いの論者をつかって援護射撃をしてくれる自民党とは「懐の深さを感じます」ということなのだろう。

自民党は安倍政権になってから麻生副総理をはじめ閣僚が問題発言をするたびに、「そう受け取られたとすれば遺憾」と、受け取る側(=国民)の理解力が足らないと言わんばかりである。そもそもいかなる文脈であろうと、LGBTに「生産性」なる用語を引用すること自体おかしい。概念や「次元が違う」用語を安易に入れること自体が論理となっておらず、それが大意だというのならその意味自体が問題視されるべきことであって、「誤読に基づく冤罪(えんざい)というべきものだ」など到底理解できない。この教育研究者があくまでも誤読と言うのなら「生産性」なる言葉をつかってLGBTの真意を書き直して示すべきだろう。それは杉田議員も同じこと。彼女に「生産性」なる言葉をつかって言い直させるべきだ。そんなことはできる筈がなかろう。なぜなら、真意を推し量るも不可能な杜撰な文章だからだ。その杜撰に正しく読めと言うかの、この論者の意見は全く理解できない。

この論者もそうだが、日本会議やら新しい歴史教科書をつくる会やら、彼らに共通するはファクト(事実)よりも、日本人としての誇りを優先する非科学である。カルトと言ってよい。あったこともなかったことにし、すべてその誇りのために書き直す。日本の中では大言壮語するが、国際社会では一つもまともに議論できない脆弱な人々でもある。恥を知らない人々でもある。

posted by ihagee at 20:35| 政治