2018年02月09日

だから子供が育たない



"子どもが入学を予定している区立泰明小学校(和田利次校長)では、今春入学する1年生から、新しい標準服(制服)に切り替える。イタリアの高級ブランド「アルマーニ」に依頼してデザインを監修してもらったものだ。"

"洗い替えのシャツまでそろえると、全部で9万円だった。学校の説明によると、いまの標準服は、上着、長袖シャツ、ズボン、帽子をそろえて男子で1万7755円、女子で1万9277円。夏服が加わったこともあり、洗い替えの価格を加えても、3倍以上の値上がりとみられる。"

(ハフポスト日本版記事より)

----

貧富の差なく誰でもが学べることが本筋の公立学校にあって、"標準"を富にスライドさせ土地柄(銀座)に合わせて学童もブランド化してみた・・ということらしい。

taimei.jpg


安倍政権になって外見ばかりを飾る社会が進んでいる。「日本って凄い・日本人って凄い」と自画自賛・夜郎自大に集団となって飾り立てるが、個に立ち帰れば「私(一人称)」で語れること(能力・実績)が少ない人々が増えている。

「君は何を努力したのか、学んだのか」という個の内面の充実に本来心を砕くべき学校長が、外見にこだわるとは本末転倒といわざるを得ない。この学校長はビジュアル・アイデンティティとかいう概念で集団の同一化を図ろうとしているようだが、「行儀よく」「型どおり」となることを指導することは、子どもの内心に「(大人社会の)ツジツマ合わせ」を植え付けることになる。そのアイデンティティをアルマーニに借りる理由もさっぱりわからない。それどころか服育と教育勅語によって内心まで「行儀よく」「型どおり」となることで「ツジツマ合わせ」を学ばせようとした森友学園が重なってみえる。だから単に高い服だからとかブランドだから云々の問題に矮小化してはダメだ(拙稿「媚びた絵」)。

「皆で妥協する調和なんて卑しい」と小学生の時分から「行儀よく」「型どおり」となることを否定し個を発揮し続けた画家 岡本太郎が存命だったら、ビジュアル・アイデンティティなど「くだらない!」言下に一蹴しただろう。

Slides_17_028


格好は粗末だったけれども、「ぼくは、あたしは、」とそれぞれ語るべきものを学校で学んだ人たちが社会を築き上げてきた時代(過去)のその成果だけを着て、あたかも備わったかのように錯誤させるのが安倍政権下の社会である。明治維新を引き合いにしたり、東京五輪だ大阪万博だと高度経済成長期の威光を借りようとする。現実の社会経済の実勢実態と乖離したアナクロニズムに浸って、夢をもう一度とさして努力もせずにアドバルーンばかり上げるアベノミクスがそれであろう。そのためであればいかなる「ツジツマ合わせ」すなわち、虚飾・粉飾も憚らない。(拙稿『国家ぐるみの壮大な「粉飾決算」』、内閣府による名目国内総生産(GDP)の嵩上(粉飾)『粗忽長屋と安倍政治』)

その人の才覚や能力ではなく、環境(生まれた家)だけで政治家になり且つ家訓を国政に持ち込む首相が権勢を振るう社会では、誰もが身の程をわきまえずに先ずは飾ること(虚飾・粉飾)に奔走するのかもしれない。その飾りが剥がれかかっている。気がついたらハリボテだったでは済まない。

ビジュアル・アイデンティティなるハリボテ作りに教育者が熱心になっては子供たちは育たない。

(おわり)

追記:アルマーニのブランドを以って服育をするというのなら、ブランドイメージを毀損しないように常に服は新調しなさい・常にクリーニングしなさい・折り目をつけなさい、と学校長は親に言わざるを得ない筈だ。ブカブカや寸足らずではアルマーニなるビジュアル・アイデンティティを語ることはできないからだ。しかし、そんなことが教育の本論なのだろうか?服に従う子どもとは一体どんな人格形成になるのだろうか?これでは銀座の高級ホテルのドアボーイと同じ。やはり、この学校長の考え方はおかしい。

posted by ihagee at 07:50| 政治

2018年02月05日

基地問題よりもゴミ袋が争点だったのか?



名護市長選挙は安倍自民党と公明党、維新の会が推す新人候補(渡具知武豊氏)が勝利し、現職の稲嶺進氏が敗れた。

選挙戦での双方の争点は全く異なり、稲嶺氏は辺野古の基地問題に焦点を絞って戦ったが、渡具知氏は同問題には一切触れなかった。渡具知氏の選挙応援で自民党から駆けつけた小泉進次郎・三原じゅん子議員らは名護の喫緊の問題を「ゴミ問題」をはじめとする市民の生活や今日明日の経済に集約しそのための飴(在日米軍再編への協力に応じて自治体に交付する「再編交付金」)をチラつかせるなどして、基地問題の争点化を避けた。ちなみにゴミ問題(ゴミ分別の面倒さやゴミ袋の値段の高さ)の所以は稲嶺氏の前任の島袋前市長(自公推薦)の施政の結果であると報じられている。

共同通信が4日実施した沖縄県名護市長選の出口調査では両候補拮抗、RBC琉球放送の当日出口調査では稲嶺氏が優勢と伝えられていたが、結果はこうなった。

辺野古の基地問題に対する名護市長候補としての態度を示すこともなく、「ゴミ問題」で蹴散らかし飴で民意を懐柔した自公維。全く姑息としか言いようがない。渡具知氏は市長就任早々に辺野古の基地問題の収束を図ることだろう(是認・推進)。選挙前に公言しないことを選挙後に民意を得たとばかりに行う今の安倍自民政権の合わせ鏡となることは明白だ。

沖縄の人々は本土の<防人>なのか?

辺野古の基地問題に対する責任のある回答をすべきは我々本土の有権者であり、県内移転でさも負担は軽減されると茶を濁し、「ゴミ問題」にすり替え、辺野古に押し付けて涼しい顔などできない筈だ。安倍政権による沖縄振興予算削減などでの兵糧攻め、そして名護市長選挙でのあからさまな争点隠し。名護市民に基地問題を諦めさせたり問題疲れをさせるように安倍政権(その背後にはアメリカの意向がある)は裏から手を回しているようにしか見えない。こうして翁長県政が追い詰められていく。米軍機が一般市民の生活空間を低空で飛び交いいつ墜落するかわからないような危険の下でいかなる明るい将来が展望できると言うのだろうか?有事の第一の標的となる場所に安心して住むことができるのだろうか?飴を舐めさせてあとから鞭で叩くのはもういい加減にして欲しいものだ。

選挙結果について民意が反映されていないのではないかという疑念は、選挙が公正であったか否かという選挙制度根幹に対する根本的な疑念に変わりつつある「<蟻の一穴・アキレスの踵> 選挙の公正」(拙稿))。

いずれにせよ、この選挙結果(結果以上に選挙戦の自公維の争点隠し)に暗澹たる気持ちとなった。

(おわり)

追記:選挙結果を受けて政府は名護市への「再編交付金」の交付再開の検討に入った。稲嶺市政は「再編交付金」の受け取りを拒否=米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設反対の立場だった。新市長が「再編交付金」を受け取れば=米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設に賛成(沖縄県としての県外移設断念)することになる。結局、飴で市政に国政があからさまに関与・干渉したということである。

そして、佐賀県吉野ケ里町の陸上自衛隊目達原(めたばる)駐屯地の南約4キロの住宅街に、陸自のAH64D攻撃ヘリコプターが墜落炎上した。「再編交付金」と引き換えに辺野古移設に賛成すれば目達原以上の軍用機墜落のリスク(在日米軍であればリスクを日本側がコントロールできない)を将来にわたって名護市は負うことになる。政府の自治体への経済支援と在日米軍再編への協力が常にセット化されるのは沖縄だけだ。国レベルのリスクを負わなければ生きていけないように一自治体に仕向けることがいかに残酷且つ卑怯であるか。日米安全保障にまで立ち返って本来政府が交渉すべき相手はアメリカに他ならないのに(米軍基地の沖縄県外移設など)、アメリカには全くの及び腰で自治体には高飛車に出る安倍政権の弱者いじめには辟易する。

さらにトランプ米政権の核戦略の中期指針「核体制の見直し(NPR)」なる「核兵器なき世界」からの転換に安倍政権は共鳴する。核による戦争抑止こそ現実主義であり、核なき世界は理想でしかないと安倍政権は言うが、相手は核を使う筈がないというおかしな信仰の上に立つ核による戦争抑止論こそ理想論であろう。信不及(信が足りない)と、自らを信じれば相手は信を侵すことはない(不可侵)という信仰を人(外交)ではなく核(武力)によって語るようなものだ。核への信仰・神話に近い。このどこが現実主義だと言うのだろうか

喩えれば、銃(武器)社会のアメリカの方が犯罪抑止として現実主義だと言って、我が国でだれもが護身用に拳銃を所持できるようにすることを良いとするに等しい。人ではなく銃がモノを言う。銃の大小が力関係となる。銃を許容する社会だからこそ些細なことでも銃が公然と使われる。子供ですら銃を学校に持ち込んで暴発させる。銃による牽制関係に依存する社会。人同士が信用できなくなる社会。

「持たない・持たせない」社会を志向するのは人として当然のことだ。人格が欠如した指導者(トランプ米大統領・安倍晋三首相)に人として当然のことは理解できないらしい。

「核兵器なき世界」からの米政権の転換に共鳴する安倍政権であれば、<日米安全保障上の同盟関係>を以っていずれ在日米軍基地に小型核弾頭など新たな核兵器が秘密裏に配備されることは目に見えている。国民の命を核兵器と隣り合わせにして然りとする安倍晋三首相とはいったいどこの国の首相なのだろうか
posted by ihagee at 04:14| 政治

2018年02月03日

8mm フィルムスキャナー 最新情報




8mmフィルムデジタルコンバーター「スーパーダビング8」については拙稿でも取り上げた。サンコーレアモノショップばかりでなくケンコーやその他メーカーから同一機種が販売されているが、元は中華製のOEMである。一般紙の広告にも度々登場するようになって話題を呼んでいる。

米国Wolferine社のようなスキャナー専門メーカーが定番商品として出して欲しいものだと前回記事で書いたが、その後、サンコーと同じ機種が同社から販売された。



(Wolverine 8mm/Super 8 MovieMaker)


従来のテレシネ(壁に投影した映像を間接的にデジタルカメラで撮影する)よりも簡易且つ鮮明に光学8mmフィルムをフレーム・バイ・フレーム(テレシネと異なりフリッカーはない)でデジタル化するに「スーパーダビング8」や「Wolverine 8mm/Super 8 MovieMaker」は当を得た製品であるが、以下の問題点がユーザから報告されているようだ。

1) 5号(12.5cm)リールまでしか懸架できない。
2)フレームレートが30fpsなのでデジタル化した映像は早回しとなる。
3) 初期モデルではスキャン解像度 720Pと低い(Anytyという商品名でのモデルでは1080P)。
4) フィルムが読み取りゲージで閊えたり巻き取り側のトルクが強くなって読み取り位置がずれる場合がある。
5) 小型モーターゆえに加熱して(特にリールの巻き取り時)不具合が起きやすい。機械部分の強度が弱い。


従来品での処理例:上下に細かくフレームが動いている(4)の問題)。YouTube上や画像処理ソフトでブレを除くことが可能だがフレームをある範囲でトリミングする必要がある。

米国Wolferine社からついに対策品が登場した。


(Wolverine Data Film2Digital MovieMaker-PRO)


1) 9号(27cm)リールまで本体にて懸架可能となった。9号は再生約1時間分に相当する。
2)フレームレートが20fpsとなった(18fpsと24fpsの中をとるレートで合理的)。
3) スキャン解像度 1080Pとなった。
4) フィルム搬送経路や読み取りゲージが改良されて上掲の問題の軽減が図られている。
5) 不明
なお、露出とシャープネスについてはマニュアルで調節可能(従来品と同じ)で、ホワイトバランスは自動調整される。SDカードスロットに最大32GBのカードを挿入可能(従来品と同じ)。 3.53 Mega pixels (2304 x 1536) 1/3" CMOS を読み取りに用いている(従来品と同じ)。



Wolverine MovieMaker-Proは国内では未販売だがWolverineのサイトから購入することができそうだ(米国仕様だが、電源・コンセントの仕様が同じなので日本でも使うことができるだろう)。

Wolverine MovieMaker-Proを用いたデジタル化例はYouTubeなど動画投稿サイトを検索したが見当たらなかった(販売して日が浅いためか?)

画像処理ソフトでブレを除くなどの後処理を行えば以下の程度までそこそこ鮮明な(拡大するとアラが見える)映像を得ることができるようだ(Wolverine 8mm/Super 8 MovieMaker:従来品での例)。しかし、シャープネスを上げればエッジが立ち、圧縮フォーマットゆえに背景にディザ(ザラザラ感)が現れ、不自然な色調・階調(べたっとした塗り絵調)や透明感や抜けの悪さ(全体に映像が眠い)は致し方ない。だからか8mmフィルムを映写機でスクリーンに投影し感じ取るイメージとはかなり異なる(映写機で投影したことのない人には比較のしようもない・8mmフィルムなんてこんなもんかと誤解を与える)。

8mmフィルムに記録されている情報を最大限拾い上げてデジタル化することを目的とするプロユースの数百万円のコンバーターと比べるのは酷なことだろうが、是非進化を続けてもらいたい(特にセンサとレンズ系)。なぜなら、この程度のレベルでユーザに妥協を求め元のフィルム(元情報)はもはや不要と捨てさせてしまうことになるからだ。電子化すれば「捨てられる」という誤ったメッセージをユーザに発信することになりはしまいか「(拙稿『「捨てるに捨てられなくて」!?』)?もっと鮮明にデジタル化できるに違いない・それまでフィルムは捨てないでおこう、と期待させる製品を是非メーカー側は出し続けて欲しい(フィルムを売るだけ売った富士フィルムならその社名「フィルム」の沽券にかけて真剣にコンバータを開発すれば、Wolverine MovieMaker-Proを超えるコンシューマ向け製品を作ることができる筈だ・アナログ時代の大量の情報=眠った資源を漏らさずデジタル化できればそれこそ「クールジャパン」と世界から賞賛されることだろう)。




(おわり)

posted by ihagee at 09:16| 8mmフィルム