2018年02月26日

インド映画考 – その10(シュリ・デヴィ死す)



インド映画界の伝説的人気女優シュリ・デヴィが24日、心臓発作のためドバイで死去した。54歳。親族の結婚式で倒れそのまま逝ったそうだ。

15年ぶりに銀幕復帰となった2014年「マダム・イン・ニューヨーク」でようやく我が国でもその存在が知られるようになったが、昨年公開のMomが遺作となった。



私は彼女が全盛時代の作品しか記憶にない。つまり、ボリウッド(ヒンディ語映画)・クイーンのディーヴァ中のディーヴァとして君臨していた美の象徴としてのシュリ・デヴィである。

彼女の芸歴は1969年のタミル語映画(コリウッド映画・子役)に始まるというから休業期間を除いて人生の殆どを映画俳優に捧げたというに等しい。言葉も民俗宗教性も異なるテルグ語映画、ヒンディ語映画と掛け持ちをするタレントぶりを発揮するところも、インドを代表する女優と称される所以でもある。

シュリ・デヴィの代表作のダンスシーンで彼女を偲びたい。


(1986年作品 Nagina / シュリ・デヴィ自身はこのイメージが付き過ぎて嫌だったようだが)


(1991年作品 Banjaran / ジャイアンのようなRishi Kapoorとは数多く共演した)



(1983年作品 Maine Tujhe Chhua / Jeetendraとはいつもキッチュな踊りを披露)


(Mr. India / 世界制覇を企む悪の組織と戦う話。Anil Kapoorとの共演作ではコミカルな演技が多い)



(1991年作品 Tere Bina Jag / Vinod Khannaとの共演。天知茂似のマッチョなVinodも昨年亡くなっている)


拙稿「インド映画考 – その2(再会)」で

"Padmini(パドミニ)、Hema Malini (ヘマ・マリニ)、Sri Devi(シュリ・デヴィ)やRekha(レカー)といったディーヴァたち(いずれ別稿で取り上げるつもり)は、コリウッド映画から出発してボリウッド映画に進出したが、彼女たちの踊りや演技力の素晴らしさが言語・文化圏を超えて広く認識されたのであろう。その成長・成功の過程を作品から辿れるのも映画の良さである。"

と述べたが、15年ぶりの銀幕復帰というファンとの「再会」を果たしその成功の過程がこれからまた始まるという矢先の突然の死だけに悔やまれる。

(おわり)


posted by ihagee at 18:20| インド映画

2018年02月24日

Voigtländer Superb 顛末記 - その19



浅草十二階・凌雲閣遺構」の続き。Voigtländer Superb(1933年製前期型・Skopar 75mm F/3.5)で撮影した(撮影日:2月12日、フィルムはKodak Tri-X 400、スキャナー: Epson GT-X980)。

CIMG4641.jpg


早朝、陽が昇る前の浅草仲見世で先ずは一枚。シャッタースピードは1/10秒手持ちで堪えた。ダメかと思ったが結果は手ブレもなく上出来だった。

Analog film, Voigtländer Superb (1933),  Skopar 75mm F/3.5 with Y filter,  Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 10, 2018


多少辺りが明るくなり始めた遺構を開放、1/50秒で撮影したが全くのアンダーとなった。

Analog film, Voigtländer Superb (1933),  Skopar 75mm F/3.5 with Y filter,  Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 10, 2018


遺構はもう少し明るくなってから撮影することとして、東京スカイツリーに向かう。

レンズフードを被せて撮影したが、フードに接写用のFocar 30が付けたままだった。結果は以下の通り。雰囲気があるといえばあるが・・。

Analog film, Voigtländer Superb (1933),  Skopar 75mm F/3.5 with Y filter,  Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 10, 2018


撮り直したのが以下。

Analog film, Voigtländer Superb (1933),  Skopar 75mm F/3.5 with Y filter,  Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 10, 2018


早朝ゆえにスカイツリーの付属施設は閉まったまま。外階段を歩いてツリーの足元から見上げて撮影。薄っすらと光線被りがある(カメラの背面の赤窓から入ったらしい)。

Analog film, Voigtländer Superb (1933),  Skopar 75mm F/3.5 with Y filter,  Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 10, 2018


陽が昇りきって晴天に白雲が映えていた。スカイツリーと雲を二重露光させてみた。Voigtländer Superbならお手の物。

Analog film, Voigtländer Superb (1933),  Skopar 75mm F/3.5 with Y filter,  Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 10, 2018


浅草十二階・凌雲閣遺構にスカイツリーを重ねてみたくなった。スカイツリーを撮影し遺構現場に戻って二重露光。

Analog film, Voigtländer Superb (1933),  Skopar 75mm F/3.5 with Y filter,  Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 10, 2018


そして、ようやく遺構を撮影。この数週間多くのカメラ(殆どデジタル)がこの遺構にレンズを向けたことだろうが、我がVoigtländer Superbはその中で最古のフィルムカメラだろう。なにしろ凌雲閣が爆破解体されて十年後にこのカメラが生まれ、ほぼ同じ時代を生きていたことになるからだ。

Analog film, Voigtländer Superb (1933),  Skopar 75mm F/3.5 with Y filter,  Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 10, 2018


Voigtländer Superbの写真を中心に凌雲閣遺構と東京スカイツリーをショートムービーに仕立ててみた。カラーのショットはSONY NEX-3(ExaktaマウントのSchneider-Kreuznach TELE-XENAR 135mm/F3.5搭載)で撮影したもの。

Skyscrapers (Ryōunkaku ruin & Tokyo Sky Tree)


(おわり)


posted by ihagee at 08:56| Voigtländer Superb

2018年02月20日

招き猫の誘惑(Tenax 1)その10



浅草観音温泉の解体現場の写真を中心に周辺をZeiss Ikon (VEB) Tenax 1(フィルムはKodak T-MAX 400フィルム・モノクローム24枚撮)で撮影した結果を以下に報告。浅草十二階・凌雲閣遺構だと勘違いして撮影していた経緯については前回報告の通り。

CIMG4771.JPG

(35mmフィルムで今インスタグラムでも流行りの"ましかく写真"が撮れるZeiss Ikon (VEB) Tenax 1・Robotのユニバーサルファインダーを搭載)

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018

(丸い湯船は真ん中で仕切られ、男湯・女湯として使われていた)


Asakusa Kannon Onsen

(壊される前の浴場の様子・人魚の絵があるので女湯側)


----

以下は浅草のスナップ。

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018

(消失点構図・通りの真ん中に立ってカメラを高く掲げて撮った)


----

Carl Zeiss Jena Tessar 37.5mm F3.5はやはりモノクロームに真価を発揮する。しかし、カラーもシチュエーションを選べば悪くない(「招き猫の誘惑(Tenax 1)その9」で作例を掲載済)。細々とした景色より海原とか空とか余白のある景色を撮ると何ともレトロな絵になるからだ。

Zeiss Ikon (VEB) Tenax 1(姉妹機はTaxona)は小さく軽いのが何より。24枚撮りフィルムで36枚程度 "ましかく写真"が撮影可能。

1 (2).jpg


コストパフォーマンスが高いので35mmフィルムで"ましかく写真"を撮りたい向きにはお勧めのカメラ(eBayを探すとリーズナブルな値段で売られている)。革ケース付が良いだろう。カメラが軽いのでストラップの痛みも少ない。

CIMG4758.JPG


ただし、そのままの状態だと "ある問題" が発生するので簡単な対処が必要(詳しくは、「招き猫の誘惑(Tenax 1)その2」)。

春になったら花を被写体にマクロに再びチャレンジしてみようかと思う。

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017

(惜しくも閉園した赤城クローネンベルクに咲いていたバラ・マクロ撮影)



(おわり)



posted by ihagee at 19:17| VEB Zeiss Ikon Tenax 1