2017年02月27日

インド映画考 – その5(ヒンディ語映画・第二の時代(1970s))


CIMG4247.jpg

第二の時代(1970年代を中心とする国家危機の時代):
1970年代に急速に広まった社会不安・政情不安と政府への不満はインディラ・ガンジー首相が1975年に発した非常事態宣言によって頂点に達した。国家、主人公(一般にヒーローを指す)と悪人の描かれ方がこの時代の映画はそれ以前の映画と異なる。

以下、具体的に触れてみたい。(以下内容の出典:Tajaswini Ganti著 “BOLLYWOOD a guidebook to popular Hindi cinema”, 出版社:Routledge, London)

---

1970年代の初め頃から、よりよい生活への国民の期待や楽観は消え始めていた。1971年に勃発した印パ戦争とその戦費、バングラデシュのパキスタンからの独立という結果を生むものの難民問題が発生しその負担がのしかかり、さらには大干ばつが1972、1973年と続き、1973年の国際的な石油危機でインドは深刻な経済困難に陥った。食糧難と急激なインフレである。食品流通や価格を統制しようとした政府の試みが、結果として大規模な買占めやブラックマーケットを生んだ。人々が通りに繰り出して大規模な抗議デモを行うようになると政情不安はより深刻なものになった。学園紛争はストライキに発展し一時は大学が数週間閉鎖される事態ともなった。全国規模の暴動は1970年代中頃まで年々増加し、警察が群衆に向けて銃を放ったり棍棒で殴ったりという記事は毎日のように新聞に掲載されていた。



1971年の総選挙でインディラ・ガンジー首相は議会の多数支配に成功したが、明確な経済プログラムを持っていなかったためにすぐに問題が顕在化した。1975年夏、1971年の先の総選挙での与党インド国民会議の選挙違反が指摘され、グジャラート州の議会選挙で与党国民会議派は議席を失って、野党やメディアばかりか、与党の内部からもガンジー首相へ辞職を求める声が上がる。ニュー・デリーでの大規模な辞職要求デモが行われた直後の1975年6月26日、ガンジーの命を受けて非常事態令が大統領から全土に宣言される。



この21か月の期間中、インド政府は超法規的な権力を握った。憲法が保障する人権は停止され、100,000名を超える人々が令状もなく逮捕・拘留されたのである。知識人、反対勢力のリーダー、ジャーナリストや政治活動家がその多くを占めた。逮捕は恣意的に行われ、人々は捕らわれた理由を知らされることもなく、また警察も司直に逮捕の理由を通知もしなかった。報道は厳しく検閲を受け、新聞も逮捕者の氏名を掲載することを止められた。牢獄の中では拷問や殺人が発生した。政治犯ばかりでなく、密輸業者、買占め業者やブラックマーケットの住人といった「性悪」や「反社会的」分子も拘留された。インディラ・ガンジーの息子サンジャイは、貧困階級の数百万人の男女への去勢不妊手術の強制を旨とする人口統制政策を管理し、同時に都市「美化」計画も開始し、貧民窟を取り壊し、スラムを一掃することで数千人の人々を都市から放逐したのである。

権威が増すにつれ、ガンジーは自身をインドの救世主であるかに演じ、自らの行いを正当化しようとした。この期間、彼女は20項目の経済計画をその過去に例をみない強権を以て実行に移した。農地改革、小作人への住居提供、年季奉公の禁止、地方負債の清算、物価安、農業賃金値上げ、生産と雇用の増大、市街地の整備、脱税取締、密輸品押収、教科書無償化などである。ガンジーは民主主義を軌道にのせるためには「ショック療法」も必要として非常事態令を宣言したのであった。このように彼女は異議を鎮めることに成功し、次第にその政治的立ち位置に鈍感になっていったのだろう、楽観視していた1977年3月の総選挙で、彼女とその国民会議派は大敗を喫する。野党連合は議会の542議席中、330を奪取した。新政府発足とともに、非常事態令は取り下げられた。

この時期の映画制作は途方もない不確かさと不安定さに苛まれていた。1973年に生フィルムが調達難となる。これは政府が輸入生フィルムに250%もの輸入税を課した為であった。生フィルムの輸入量は政府の規制によって1961年からすでに減少の一途を辿っていた。1974-75年の業界誌は生フィルム調達危機と映画制作への影響についての記事で埋め尽くされている。特に、新作映画への影響についてである。1974年8月、情報放送大臣は映画産業のリーダー達に対し、米イーストマン・コダック社がインド国内での生フィルム製造に公正な提案を示さない限り、同社のカラーポジフィルムは輸出用途のプリント以外は国内で用いることができなくなるだろうと述べた。このコダックのポジフィルムに対する禁止令は翌月には緩和され、1975年3月までコダックの生フィルムの輸入許可を認めることになったものの、生フィルムの割り当てをめぐって映画プロデューサー達は関係機関に申請をしなければならなかった。役所仕事的対応の為、実際に許可を得るのは難しく、彼らはブラックマーケットに足を運ぶことになった。このような生フィルム調達危機に加えて、政府が銀行やその他の主要産業を国有化してきた経緯から映画の制作供給も国有化するかもしれないと噂され、映画産業業界は懸念を深めていく。しかし、こればかりは杞憂だった。

ヒンディ語映画で最も顕著な変化の一つがこの激動の時代にもたらされる。1973年、ある映画が興業的に大成功を収めた。それは警官を主人公(Amitabh Bachchanアミターブ・バッチャンが演じた)とする映画「Zanjeer(鎖)」である。


("Zanjeer"から、Amitabh Bachchan, Jaya Bachchan, Pran, Ajit, Bindu 他出演)

その映画の中で主人公の警官はアウトローとして描かれ、この「怒れる若者」像はそれまでのヒンディ語映画のヒーロー像を全く変えてしまったのである。この映画「Zanjeer(鎖)」の成功がとりわけ目を惹いたのも、当時はラジェッシュ・カンナ(Rajesh Khanna)がその人物像、すなわち、暴力やアクションシーンを排したミュージカル・ロマンスでの柔和で傷つき易い、中流階級風のキャラクターを演じて成功を収め、スーパースターとして全盛を迎えた時期だからである。


(1973年、ラジェッシュとシャルミラのゴールデンコンビによる "Raja Rani"・個人的には"Zanjeer"よりもこの映画の方が好きだ。)

不平を持ち、シニカルであり、暴力的な都会の労働者や人夫が、アミターブ・バッチャン(Amitabh Bachchan)によって膾炙されたヒーロー像である。この時期の映画は目だって暴力的になり、その描かれる対象も家族や内々のコミュニティから、国家、社会および都会の巷での人間関係にシフトし、国家は、犯罪、失業や貧困といった問題を解決するに非効率な存在としてしばしば描かれるようになった。この時期の映画では、正義をもたらすべき法の無力が、自警団の正義と対比して描かれるようになる。この時代の映画の悪人は、富裕で尊敬されるビジネスマンを装う密輸業者やブラックマーケットの住人たちが主であったが、1980年代迄にその悪人の座は、堕落した政治家が取って代わり、警察が国家で唯一まともな存在として描かれるようになる。

1960年代に始まり、1970年代に強まり1980年代まで続いたもう一つの主たるストーリーの傾向は「ロスト・アンド・ファウンド」というジャンルである。ここで描かれる対象は核家族(夫婦と子どもだけの家族)や兄弟といった単位で、悪人の仕業によって心に傷を負ったまま子どもがその親やその兄・弟と離ればなれとなる展開である(ロスト)。そして彼らが大人になって、その別離をもたらした人々や事情を克服し家族が再会を果たす(ファウンド)という展開である。


(1968年の"Sapno Ka Saudagar(夢の商人)", タミル語映画出身のHema Malini (ヘマ・マリニ)のヒンディ語映画デビュー作にして、偉大なラージ・カプール(Raji Kapoor)と共演。ヘマはすでに大スター「ドリームガール」の予感を漂わせる演技。富裕な家の赤ん坊と貧しい家の赤ん坊が取り替えられたことによって物語が始まっている。)

この特別なジャンルは時代を通してポピュラーであり続け、家族の心の別れはわずか30年前に体験した分断(印パ戦争)のトラウマを彷彿させるものであった。それは、数千の家族が離ればなれになり、その大半が再会を果たすことができないという原体験である。家族や血族関係を強調して描くことは、この時代まで数十年を通してヒンディ語映画のストーリーでは顕著な特徴であり続けていた。ヒンディ語映画で描かれる倫理的な板挟みや衝突の場面の殆どは家族関係で描かれてきた。しかし、この家族の描かれ方ががらりと変わるのは1990年代である。

(つづく)

posted by ihagee at 18:24| インド映画

「ビジネスドクター」芦屋 暁(あしや さとる)氏の視点


東京商工リサーチのウエブサイトには、倒産情報が日々更新掲載されている。週に一度程度、私はここに目を通している。

先々週も野沢那智さん(故人)が創業したタレント養成所「パフォーミング・アート・センター」が破産開始決定となったとの情報が載っていた。アラン・ドロンのアテレコ(声優)として、そして、ラジオ番組「パックイン・ミュージック」のパーソナリティの中でも白石冬実さんと組んだ「ナッチャコ・パック」で多くの若いリスナー(深夜の「金瓶梅」のコーナーはラジオの音を小さくして聴いたものだ)を惹きつけたナッちゃんが後進育成の為に遺した会社であった。演出家としての「野沢那智」は、後進への演劇指導(特に彼の劇団・薔薇座)に於いて「修羅」と形容される程、激しいものだったようだ。パフォーミング・アート・センターにおける講義の際、竹刀を持って指導していたという。まさに命を懸けた場所だったのだろう。

nati.jpg

そして先週も、明治24年創業の折り紙の老舗・大與紙工が破産開始決定と報じられている。「ダイヨ」の商品名の教育折り紙のセットに入っていた金紙・銀紙が勿体なくて折れなかった遠い昔の記憶が蘇ってきた。表のツルツルした感触とは異なる裏面のザラッとした指当たりに表裏逆にしても折りやすいと子供心に発見したものだった。

何事も最初から仕掛けだらけのバーチャルな世の中で、折り紙という素朴な実物のそのささやかな身の置き所すら社会は許さなくなったのか。

daiyo.gif

----

このように、企業倒産(過去)に指標を定めて国内経済の「今」を冷静に定点観測するサイトである。

前政権のことはしきりと比較したがるのに、自らの施政の結果については今日のことすら明日には忘失し、過去を総括しようとしない現政権の「逃げ水」のような経済観に置き去りにされたかの如く、数多くの企業が倒産や廃業の憂き目にあっている。

----

このサイトに掲載されている「時局レポート」は経済評論家である芦屋暁(あしやさとる)氏の筆によるものだが、その内容には頷首することが多い。

自身「ビジネスドクター」と称されているようだが、その通り診立てに甘さや忌憚はなく弱肉強食の資本主義経済も否定しない。経済弱者敗者の側にもそうなった病理をみつけ指摘する。同時に経済弱者敗者の側に立つと、強者勝者と呼ばれる側にも深刻な病が見え隠れするようである。その辺りの指摘が厳しい。

----

「ビジネスドクター」に関連して、話は多少脇に逸れるが、この強者勝者と思い込んでいた側が、自ら病に冒されていることに気付いた例がある。

米国クリーブランド・クリニックのCEOが学生との懇談会の席でその一人から「クリーブランド・クリニックは、長年、高度な医療レベルと優れた経営で高い評価を得てきた病院のようですが、入院患者は同院での体験をあまり高く評価していませんよ…」と聞かされた。「医療レベルが高いとわかっていても、患者はできれば同クリニックを選びたくない」とも。

CEOは学生のこの言葉に非常に驚いたそうである。どこにも負けない医療レベルを誇る病院として強者勝者を自認していたのに、当の患者からは評価されていない現実を知る。そして、医師の視点から患者の視点に切り替えて医療改革を始めた(2009年)。

先ず以て病んでいたのは病院という心身(意識と組織)であり、その下で個々の患者の悩みや苦しみなど判る筈がないと強者勝者の側に潜む病理にメスを入れ、今では患者の推すベストホスピタル・トップ10にランクされるようになった。ここでは医師も看護師も事務職も全て「スタッフ」と称し、「先生」と崇め崇められるような関係を病院内・スタッフと患者相互から排除している。それまでの「強者勝者」という、それとは逆の立場の者(患者)を利用した相対観念を捨てることにあるようだ。

----

アベノミクスという御旗の下に国家ぐるみの虚飾粉飾が行われ、昨日の強者勝者ですらその身飾りが剥がれればおしまいとなるのは東芝の例を挙げるまでもない。安倍総理自ら掲げる「アンダーコントロール」なる言葉に国家ぐるみの虚飾粉飾が隠されていると私は考える。(拙稿『国家ぐるみの壮大な「粉飾決算」』)

この言葉の上に進める国策としての原発事業。その原発事業を「チャンレンジ」として取り込んだ東芝が、まさに言葉に隠された意味通りの企業本質(虚飾粉飾)となった。

toshiba.jpg

不正経理問題(粉飾)に始まり、あたかも原発が社会貢献であるかのプロパガンダ(虚飾)、そして本業を捨ててまでも(拙稿「炭火アイロンに想う」)原発事業に猪突猛進した結果、子会社の巨額損失を招き未だに損失額が確定できない存亡の危機に陥っている。この国の縮図を見る気がしてならない。

「アンダーコントロール」という言葉にはクリーブランド・クリニックのように自らが病んでいるといった自覚や自己反省のかけらもない。それどころか、虚飾粉飾(特に原発事故)を画策し、一部の強者勝者、饗応するマスコミなどと一緒になって、似非実体経済の上澄みにこの世の春を謳歌しているようだ。

その強者勝者の相対に置かれるのは我々一般庶民である。「トリクルダウン」なる「(貧民への)お恵み」はこの関係を如実に示し、それが核心だと言うアベノミクスならば、所詮、上から目線の論理でしかない。「いま、地球上で最も重要な仕事を任されていると思います。」もその目線。福島での原発事故を見れば、それは思い上がりでしかない。後始末一つできない経済活動を行ってなぜ「地球上で最も重要な仕事」と言うのだろうか?

そして、彼らが強者勝者となるためには、原発利権に拠らざるを得ない地方の経済弱者がいなければならない。差別社会や人権侵害を前提として成り立つ経済システムが原発なのだろう。人権が最大限尊重され、差別のない社会を目指す国では斜陽となるが必然の産業とも言える。

----

翻れば、現憲法が発布された時代は誰もが弱者・敗者ばかり。もう戦争など懲り懲りだと実感した時代だからこそ、第9条の不戦の誓いが敗戦から唯一勝ち取った真実に見えていた筈である。父の日誌にもこう書かれている。

「新憲法の発布日である。家々の軒先に日章旗が掲げてあるのが珍しく思われる。何年ぶりかだと云う気がする。
何処となく生気が満ちて来たとも云う感じだ。(1946年11月3日)」

新憲法発布.jpeg

それから70年余、たった一握りの者たちの病んだ経済観・歴史観に我々は再び巻かれようとしているのかもしれない。「最高責任者」と自称し、「私がそう思えばそれが法律だ」と言い、民族差別も教育と言って憚らぬ者に肩入れし、経済政策に飽きたらず学校にも自分の名前を冠することを臆さない人物に、クリーブランド・クリニックのCEOのような謙虚な自省自戒を求めることはできないだろう。病んだ「最高責任者」の下で健全な経済や社会の発展など望むべくもない。この国の経済を賭博に委ねる「IR推進(カジノ)法案」然りである。院内感染すると判っているのに、わざと病原菌を振り撒き、患者を別の病気に晒してまでもがっぽり医療費を稼ごうとする病院に喩えれば、この賭博法の筋の悪さがわかる。悪貨は悪貨しか生まない。

そして、その「アンダーコントロール」を標榜する安倍総理大臣その人の、まさにその言葉に隠された意味通りの本質(虚飾粉飾)が森友学園にかかわる諸疑惑で表出しようとしている。極めて象徴的だと感じる。

そのあたりの病理も読み解くことができるか?まずは一読をお勧めしたい。

(おわり)

posted by ihagee at 04:01| 政治

2017年02月26日

Exakta RTL1000 - 虫眼鏡レンズ(その4)


東独ペンタコン(プラクティカと記載してきたが間違い)のExakta RTL1000に100均の虫眼鏡レンズを組み合わせて、Lomography Redscale XR50-200フィルムでのテスト撮影。

ドイツeBayで見つけたExakta RTL1000純正のTTL露出計が到着。カメラ本体とレンズ(Pentacon auto 2.8/29)はいわばオマケ。すでに初期型のExakta RTL1000を持っているが(銘板がExaktaだけのもの)、後期型のこのカメラの方が細かな点で改良されているようだ。特にフィルム室のフィルムガイドは滑りが良い素材に交換されていた。またレンズも曇りやカビもなく良い状態だった。いつか使ってみたい。

s-l1600.jpg

さて、肝心のファインダー型TTL露出計。KANTO カメラ用水銀電池アダプター 変換型 MR-9(H-D)アダプターにボタン電池(SR43)を組み込んで、露出計の電池室に装填した。アダプターはSR43の電圧1.55Vを約1.35Vの規定値に変換してくれるので露出計が正しく動作するだろう。

さて、露出計の設定。先ずはフィルム感度を設定(例の如くRedscale XR50-200では敢えてISO25に設定)。

CIMG4251.JPG

艦橋部の絞り調整リングで絞り設定をする。おまけのレンズ(Pentacon auto 2.8/29)のように自動絞り機構が付いているレンズでは、シャッターが切れるまではレンズ絞りは開放状態のままなので、レンズの開放値(このレンズなら2.8)にリングの指標を合わせて非固定にする。ファインダー内の露出針が丸印(適正範囲)に入るようにリングを回すとシャッタースピードリングも回る。その際、絞り調整リングは絞りの許容値の範囲(オーバー・アンダー)でずれながら連動する。

needle.png

私が使おうとしているのは絞りのない素通しの虫眼鏡レンズなので、最初から絞り設定、つまり、リングのオレンジ色の線を全て直線となるように合わせて固定する(一番外側のリングのオレンジの線の入った端部を押し込むことで固定)。これで絞り調整リングとシャッタースピードリングが同期して回る。

CIMG4263.JPG

CIMG4255.JPG

CIMG4254.JPG
(ペンタコンのマグニファイヤーを接眼部に装着)

本日(2月26日)は朝から好天だったので、ベランダで生け花(スィートピーとストック)を撮影し、富士見の難波田城公園に梅花を撮影に行った。

CIMG4261.JPG

露出計の針も元気に触れて、被写体に応じて1/250から1/1000の範囲でシャッタースピードを指示してくれた。

以下、虫眼鏡レンズをSONY NEX-3に装着してデジタル撮影(フィルム撮影結果との比較の為):

DSC00862.jpg

DSC00865.jpg

Casio Exilimで難波田城公園の梅花をデジタル撮影。

CIMG4260.JPG

CIMG4259.JPG

----

フィルムでの結果は後日、掲載報告。
デジタルとは異なる絵を期待したい。

(おわり)

posted by ihagee at 18:49| Exakta