2018年05月25日

サイアノタイプ - その24(引き伸ばし機)



熱対策を施した中華製の砲弾型100球のUV LEDでサイアノタイプ・プリントを続けている。タイマーで間欠して(十五分おきに)焼き付けをしてから光量の低下(UV LEDの劣化)は見られなくなった。

デジタルネガの場合、デジタル的に明暗のコントラストを上げてサイアノで再現しやすい階調に整えることができるが、オリジナルのネガフィルムを用いたアナログネガの場合はその調整は一切できない。それがアナログたる所以である。

従って、コントラストの低いネガフィルムを用いた場合、サイアノでの再現はなかなか難しいということになる。元の情報を改竄せずにありのままを紙に焼き付けるので、結果は必ずしも期待通りとはならないが、それが何故かこころよい。安倍政権下、事の結果が気まずくなるとその本源(ファクト)を勝手にいじくり、政権に都合する結果にしてしまえと、「嘘」が蔓延しその嘘を上塗りする「嘘」でファクトをないがしろにする世の中となった。とても気持ち悪い。素顔のない百面相が次から次へと現れ「これが僕の本当の顔です」と言われてごらんなさい、こっちが精神的におかしくなる。ファクトに立ち返り平衡感覚を維持するためにも私はこのアナログのサイアノタイプ・プリントを行う。

結果から元を操作しないことの大切さは、アナログ時代には当たり前のことだった。訂正・修正するのあればその痕跡をしっかり残すしかできなかったのは技術上の制約(ペンと紙)だったのかもしれないが、それは人間の精神に適った所作である。習字然り、公文書の記載然り。この世の万物は全て存在した痕跡を有り体に残す。ところが人間だけがバーチャリティに生きようとし始めたようだ(そのこと自体、虚実である)。デジタル時代になって、元からなかったことにしたり、元を変えてしまうことが日常の所作となり、人間の精神まで影響し始めている。生まれたときから嘘をつき通してそのまま大人になりなぜかこの国の自称最高責任者に収まって、嘘をどんなについても周りから褒められ崇められる。西から日が昇ると言い張る天才バカボンの父がこの国の自称最高責任者に収まれば、誰もが西から日が昇ると言わざるを得ないギャク政治である。官邸前に抗議の座り込みを続ける過労死遺族と会うよりも、ザギトワ選手に犬を贈る方が大事だとは、人の命を軽んじるのも程があろう。

嘘つきは泥棒の始まりと、親から棒で殴られた私のような世代は、そんな自称最高責任者が息を吐く如くつく嘘に気がおかしくなりそうなわけである。

----

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from 120 negative film without using a conventional contact printer and digital processing


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from 120 negative film without using a conventional contact printer and digital processing

(ブローニーネガフィルム・タイマー設定で六時間焼き付け、水洗後濃いめのジャスミン茶でトーニング)

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from 120 negative film without using a conventional contact printer and digital processing


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from 120 negative film without using a conventional contact printer and digital processing

(1950年代ブローニー(ハーフ版)・ネガフィルム・タイマー設定で六時間焼き付け、水洗後濃いめのジャスミン茶でトーニング・デジタルのデの字もなかった素直な時代が撮し込まれていた。)

(おわり)

posted by ihagee at 03:32| サイアノタイプ

2018年05月24日

サイアノタイプ - その23(引き伸ばし機)



光源による焼き上がりの違いを、米国製レジン硬化用のオンボード(実装型=COB)の電球型UV LED(110W)と、中華製の砲弾型100球のUV LEDとの間で確かめてみた。

Cyanotype print made on a photographic enlarger


Cyanotype print made on a photographic enlarger


----

vif Art (B5 H.P. surface) の印画紙に、1950年代ブローニーネガフィルム・タイマー設定で六時間焼き付け、水洗後濃いめのジャスミン茶でトーニングで以下比較。

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a 35mm negative film without using a conventional contact printer and digital processing

(米国製レジン硬化用のオンボード(実装型=COB)の電球型UV LED(110W))


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from 35mm negative film without using a conventional contact printer and digital processing

(中華製の砲弾型100球のUV LED)


明らかに違いがある。やはり中華製の砲弾型100球のUV LEDを光源とした場合の方が白飛びせずグラデーションが滑らかとなった。米国製電球型UV LEDももっと時間をかけて焼けばグラデーションは出るのだろうか?それとも印画紙への当て方を工夫すべきなのか、・・さらに確認してみたい。

----

中華製の砲弾型100球のUV LEDは熱対策を施しているが、やはり少しづつ光量が落ちてきている。元は安物のブラックライト(FOCUSPET )なので長時間の点灯を目的としない故にLED自体の品質は価格相応に妥協しているのだろう。それでも、以下のプリントのように頑張ってくれたのでまだ大丈夫そうだ。

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from 120 negative film without using a conventional contact printer and digital processing

(ブローニーネガフィルム・タイマー設定で六時間焼き付け、水洗後濃いめのジャスミン茶でトーニング)

ネガフィルムは120ブローニーで、鴻巣のポピーをVoigtländer Superbで撮ったもの(Voigtländer Superb 顛末記 - その20)。印画紙と光源の距離を狭めて焼いてみた。暗部が潰れ気味だが独特な感じが出た。静物はこの程度焼き込むと面白いかもしれない。

ホームセンターで購入したタイマーは十五分単位で電源の管理をしてくれる。連続して焼き付けることでLEDが劣化するのであれば、さらなる熱対策として十五分おきに電源をオンオフしてインターバルを設けることも手だろう。

24hour Program Timer PT25 by REVEX

(十五分おき、トータルで六時間焼き付けとなる設定)


(おわり)

posted by ihagee at 02:36| サイアノタイプ

2018年05月23日

サイアノタイプ - その22(引き伸ばし機)



米国製レジン硬化用のオンボード(実装型=COB)の電球型UV LED(110W)に光源を変更した。前回に引き続き、引き伸ばし機によるテストプリントを行っている。

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a 35mm negative film without using a conventional contact printer and digital processing

(電球型UV LED(110W)を用い1950年代 35mmネガフィルム・タイマー設定で六時間焼き付け、水洗後濃いめのジャスミン茶でトーニング )

s-l400.jpg


ここで気付いた点がある。これまで使っていた中華製の砲弾型100球のUV LEDと比較して同じ時間焼いて、均等に印画紙面に光が当たっているのだが、どうも焼きが甘い。つまり、焼きが浅いのである。また、焼き始めてから印画紙に薄っすらと像が現れるまでの時間は中華製の方が早い。米国製はレジン硬化に必要な395nm以外は紫外線を出していないが、中華製はその下の波長まで勝手に出ているということだろうか(中華製は公称395-400nmだがそれよりも下の波長が出ている可能性がある)。品質管理がテキトーな中華製の方がサイアノタイプ・プリントに分があるということなのか、さらにテストプリントして比較してみる必要がありそうだ。同じネガを用い、同じ時間、中華製光源で焼いて上掲のプリントと比較してみたい(結果は追って掲載)。

ちなみに、その中華製の砲弾型100球のUV LEDは熱対策を施してからは、減光は生じていない。

Cyanotype print made on a photographic enlarger

(冷却フィンとファンをUV LEDユニットに載せ熱対策)


(おわり)

posted by ihagee at 03:26| サイアノタイプ