2020年01月19日

サイアノタイプ - その99(引き伸ばし機)



ワシンの水溶性つやだしニスについての続き(前回記事「サイアノタイプ - その98(引き伸ばし機)」)。



元のプリントの条件に応じて、i) セピア, ii) ブルーブラック, iii) ほぼブラック と色変化の傾向があるようだ。

再現性があるか以下試してみた。
i) セピア
プリントの条件:オキシドール浴後、ジャスミン茶(濃い目で10分程度漬ける)でトーニング、乾燥させる。

用紙:Cotman Water Colour Paper F2 Medium
感光剤:Jacquard cyanotype kit (Potassium Ferricyanide & Ferric Ammonium Citrate)
引き伸ばし機:Lucky II-C (Fujinar-E75mmF4.5)
光源:50W 395nm UV LED unit (SMD=surface mounted LED modules) / レギュレータ & PC用空冷ファン
アナログネガ:120 film(1950年代北海道積丹美国)
露光時間:約五時間

1 (18).jpg


1 (17).jpg

となる(ちなみに写っている引き伸ばし機、イーゼルは本稿のものとほぼ同じ。プリントを介しおよそ70年ぶりの再会となったわけか・・)。浅めにトーニングをしたので青紫っぽいが、長時間(濃い目のジャスミン茶に1時間程漬ける)トーニングすれば
48966255307_bdc59e4801_k (3).jpg

この様にセピア色に近くなる。

ii) ブルーブラック
プリントの条件:オキシドール浴後(トーニング無)、乾燥させる。

用紙:Cotman Water Colour Paper F2 Medium
感光剤:Jacquard cyanotype kit (Potassium Ferricyanide & Ferric Ammonium Citrate)
引き伸ばし機:Lucky II-C (Nikon EL-NIKKOR/1:4/f=50mm)
光源:50W 395nm UV LED unit (SMD=surface mounted LED modules) / レギュレータ & PC用空冷ファン
アナログネガ:35mm (135) film(1950年代名古屋)
露光時間:約五時間

49402937291_759bffa9e7_k.jpg


49402577998_e4a63581e3_k.jpg

となる(左から3人目は親父。1950年代清水建設/名古屋支店でビルなど商業施設の設計を行っていた)。

iii) ほぼブラック
プリントの条件:オキシドール浴後(トーニング無)、乾燥させる。

用紙:Cotman Water Colour Paper F2 Medium
感光剤:Jacquard cyanotype kit (Potassium Ferricyanide & Ferric Ammonium Citrate)
引き伸ばし機:Lucky II-C (Nikon EL-NIKKOR/1:4/f=50mm)
光源:50W 395nm UV LED unit (SMD=surface mounted LED modules) / レギュレータ & PC用空冷ファン
アナログネガ:35mm (135) film(1966年NCB (National Coal Board) 構内作業用タンク)
露光時間:約五時間

49388053113_d2697dbdc0_k (1).jpg


49393085778_6b3d2eb094_k (1).jpg

となった。

いずれもEPSON GT-X980でスキャン。

----

ii) と iii)のニスがけ前のプリントを比較すると、ii) はターコイズ(緑がかった青)、iii) はターコイズでも緑味が少ない。緑味が多いとニスでは黒色に青味が残るが、少ないとほぼ黒色になるようだ。

本稿のUV光源を用いた引き伸ばし機でのプリントでは往々にターコイズ(緑がかった青)に仕上がる。太陽光下の通常のプリント(コンタクトプリント)での群青/藍色まで焼き込むと細部が潰れるのでそこまで行うことはない(引き伸ばし機ゆえ焼き面を視認できるので止め際も判る)。

----

サイアノタイプの階調を最大限引き出すには群青/藍色になる手前で焼き面を抑える必要があるのかもしれない。


(The Matthew R. Isenburg and Enhanced Isenburg Collections 1840-1880)

上掲の1800年代の商用サイアノタイププリントも同様に群青/藍色になる手前のターコイズ。光源に太陽光を用いネガを引き伸ばし機(Solar printer)でプリントしていたようだ(プリントの通り)。ネガや印画紙が焦げないような構造になっていたのだろうが、あっという間に仕上がったに違いない。銀塩写真に近い仕上がりにするにはターコイズに仕上がるよう焼き目を技師が視認していたのだろう。

----

緑味がなく群青/藍色になる手前で止めてニスを塗れば iii) のようなほぼ黒色になるのかもしれないが、これは難しい。おそらく、元のネガフィルムの状態に依るのだろう。

本稿のプリントでは、ii) のブルーブラックに再現性があると判る。青味が若干残るもののコントラストが上がり黒味によって締まって見える。ハイライト部分はそれなりに抜けて全体に自然にまとまるのでこれでも良いのかもしれない。階調に乏しいとされるサイアノタイプだが、この程度まで表現できれば銀塩プリントの手軽な代替手段となり得るだろう。

(おわり)

posted by ihagee at 09:43| サイアノタイプ

2020年01月17日

サイアノタイプ - その98(引き伸ばし機)


”一旦乾燥させて、スポンジ刷毛でニスがけした(ワシンの水溶性つやだしニス)。セリアの百均ニスと異なり、このニスはサイアノプリントに顕著な変色をもたらす。ジャスミン茶であらかじめトーニングしたプリントはセピア色に(以下の通り)、トーニングしていないプリントはブルーブラックっぽくなる(以下の通り)。”

先の記事(サイアノタイプ - その97(引き伸ばし機))から引用

----

フィルムレコーダ (Polaroid Digital Palette CI 5000S)で作成したアナログネガ(35mm フィルム)は普通のアナログネガ(アナログカメラによる)よりも抜けの悪い(コントラストが低い)ネガとなるので、それを元に引き伸ばし機でサイアノタイププリントを作成すると(オキシドール水溶液でリンスするがトーニングはしない)発色未了=ターコイズ・ブルー(緑がかった青色)になる。完全なプルシャン・ブルーとはならない。

ターコイズ・ブルーのプリントにワシンの水溶性つやだしニスをスポンジ刷毛で塗布すると、ブルーブラック(青みがかった黒)に顕著に変色する。

では、普通の35mm フィルムのアナログネガ(アナログカメラによる)である程度完全に発色した(プルシャン・ブルー)プリント(オキシドール水溶液でリンス / トーニングはしない)にワシンの水溶性つやだしニスをスポンジ刷毛で塗布するとどうなるか?1966年撮影のアナログネガ(NCB (National Coal Board) 構内作業用タンクを撮影)で試した。

用紙:Cotman Water Colour Paper F2 Medium
感光剤:Jacquard cyanotype kit (Potassium Ferricyanide & Ferric Ammonium Citrate)
引き伸ばし機:Lucky II-C (Nikon EL-NIKKOR/1:4/f=50mm)
光源:50W 395nm UV LED unit (SMD=surface mounted LED modules) / レギュレータ & PC用空冷ファン
アナログネガ:35mm (135) film
露光時間:約五時間
トーニング:なし(オキシドール浴のみ)

49388053113_d2697dbdc0_k (1).jpg

(ニス塗布前)
49393085778_6b3d2eb094_k (1).jpg

(ニス塗布後)

----

ブルーブラック(青みがかった黒)になると思っていたが、驚くべきことに黒色になった。この結果をFlickrに投稿したところ反響があり、さっそく返事をしておいた。

スクリーンショット 2020-01-17 2.35.12.png


ジャスミン茶やコーヒー等を用いた従来のトーニングは、青みを消して銀塩プリントの色味(黒白)に近づけることが目的だが、

48952991973_1c1723ccc5_k (1).jpg

48946501857_c0080eeaa9_k (2).jpg

(ジャスミン茶で銀塩プリントの色味(黒白)に近付けたプリント例)

トーニングをせずともニスがけ(ワシンの水溶性つやだしニス)で容易に達成できることが判った。ジャスミン茶の場合はタンニン成分でプリント全体を染色することになるので白抜けが悪い(全体が汚れた感じになる・余白が薄っすら黄味がかっていることからも判る)。しかし、ニスがけの場合は染色ではない為(ニス自体は透明・余白に色味はない)、黒くしまって白抜けも良い傾向にある。再現性があるか、また別のプリントで試すことにする。

(おわり)


posted by ihagee at 02:42| サイアノタイプ

2020年01月13日

和文タイプと特許技術翻訳



”当時、私の職場では、和文タイプに従事する者(全員女性)はその高度な専門技能を以て他から一目も二目も置かれていた。大きなタイプライターの筐体のアームを上下左右に動かしてはガッチャンガッチャンと活字を拾う作業の手早さに程々感心したものである。少なくとも職場内では代替不能な業務ゆえに絶対的な立場にいた。

職場に日本語ワープロが導入されるようになり、浄書がタイプからプリントに置き換わるにつれて和文タイプ業務は従事する人とともに職場から消えていった。”


和文タイプライター wikipediaより引用)

----

以上、拙稿「AI本格稼動社会」への大いなる懸念(続き)から引用。

和文タイプ業務がタイプ代(印書代)など営利をもたらす事業であった時代は、ワープロ・パソコンの普及に伴い終わった。そして、AI(人工知能)の時代。その特殊且つ人の能力に依存する業務ゆえ無くならないとされてきた特許技術翻訳(特許業界に於ける営利事業)がAI翻訳に代替されつつある(未だ超えられない "壁" がAI翻訳にはあるがいずれ克服されるだろう)。

技術資料の翻訳が営利事業(=売り物)でなく内部コストでしかない製薬メーカーなどは、内部コスト圧縮の目的に適うとしてAI翻訳の導入に積極的だと聞く(「グラクソ・スミスクライン社と製薬業向けAI翻訳の共同開発を開始」)。特許業界にとってクライアントとなる製薬メーカーが技術翻訳をそう見ているということは、当然メーカーはそのコスト意識を特許業界に問うことになる。それは、かつてのタイプ代(印書代)と同様、費用請求に値しない業務という見方である。

また、我々が普段それとなく用いているグーグル翻訳(AIを中心とする)は、従来、商品として市場価値を有していた多言語間の翻訳(技術翻訳も包括する)サービス供給基盤を翻訳業者から奪い、翻訳のコモディティ化(ジェネリック化)を促進させている。こうなると翻訳業者・翻訳者間の差別化は価格競争一方となる。実質0円のグーグル翻訳にマニュアル(人間)翻訳としての差別化は品質(訳精度)に係るが、その品質と市場価格が比例していることが前提のAIを想定していない昨日のビジネスモデルの「安かろう悪かろう」的常識が、AI前提の社会では「安かろう良かろう」と非比例になりつつある。

----

一般社団法人日本翻訳連盟のHP で技術翻訳の標準単価が公開されているが、マニュアル(人間)翻訳での市場価格は機械翻訳・AI翻訳の台頭によって単価は低廉の一途を辿り、フリーランサー間の競争単価は英和・和英共に10円/wd前後と、もはや翻訳業務だけでは生活できないレベルになっているとも聞く。それでも、がむしゃらに営業し訳語数で稼ぐしかないが、そうなると品質を維持し納期を守ることが難しくなる。だからと言ってAI翻訳を下訳として活用すれば、そのAIにその人なりの学習値を吸い取られることにもなる(職能すらAIに渡すことになる)。AI翻訳によって新たに雇用が創出されると期待されていたポストエディット業務などは、人が直した箇所の数に10円以下の単価の掛け算となるゆえ、訳語数以下(ページ辺り数カ所分)の収入しかエディターにもたらさず、果たして業務として成立するのかさえも疑問視されている。アダプテーションもポストエディットも上述の製薬会社では自社内で行っているゆえ(内部コスト扱い)、AI翻訳に関連するそれら業務の需要は喚起されず、市場も雇用も生まれないだろう。

このような環境にあって、AIを想定していない昨日のビジネスモデルの上に胡座をかいていた特許業界、特に特許事務所に於いて、特許技術翻訳は間接業務(直接的に会社に対して利益を生み出さない業務。特許事務所で言えば、事務管理部門の業務)の範疇に内部コストとして押し込むしかなくなるだろう。和文タイプ・英文タイプに続き、技術翻訳はそれ自体は利益を生み出さないAIに代替可能な業務になっていく。特許技術翻訳業務を収益(=売り物)の柱としてきた特許事務所にとって、そうならないAI本格稼働社会を見越して既存の収益体制の抜本的な見直しが求められることになるに違いない。そしてその流れはいずれ特許明細書を作成する弁理士にも及ぶだろう。国家資格に守られてきた士業ですら、AIを想定していない昨日のビジネスモデルの上にいつまでも胡座をかいていられない。厳しい時代になりそうだ。

便利だと「OK Google」とか「教えてGoogle」などと、AI(人工知能)を無意識に使うことは、他者の知能を借り他律に従うことになる。そもそも発想の原点が他者にあって自己にない日本の社会。そこにAI(人工知能)が適用されればどういうことになるか(拙稿 <意識なきシステム>で「世界一」となる国)?

発想の原点を自己に求めることは無論、AI(人工知能)を使わせる側(AIを制御する側)に回る位の意識の転換が我々一人一人に求められている。それが「私が私である」アイデンティティ identity(すなわち、「個人 an individual」)を失わないことでもある(identity as an individual)。

「我思う、故に我在り」(Je pense, donc je suis)。

(おわり)

posted by ihagee at 10:42| エッセイ