2020年09月18日

心の癒し・インコでも人間でも






”私セキセイインコを飼育し60年越えでしたが昨年夏に最後の1羽亡くなりました。インコの鳴き声もなくそれ以来、気が抜けた 毎日、高齢となりこれ以上の飼育を諦めました。ネットで貴社の「森のセンサーバード」を知り購入いたしました。 インコの動作、さえずり、可愛いですね。とても心が癒されています。ありがとうございました。”
(Yahooショッピング「森のセンサーバード」のレビュー欄より)

----

我が家でもインコを一羽飼っている。齢14、人間で言えば80半ばの老体で脚が少し不自由になったものの毎日何気ない仕草で愛嬌を振りまく家族の一員。今はすっかり言葉を忘れてしまったようだが、数年前まではカミさんの声色でお喋りをしていた。

その彼女(雄なのに「ピーコ」と勝手にカミさんが呼んでいる)は、あしかがフラワーパークの売店で買った同種の玩具が大の気に入りで突っついたり、造作の花びらに頭を擦り付けたりして飽くこともないようだ。樹脂の花びらは頭を掻くには絶妙な形状をしていて、人間よりも本物のインコに遊んで貰おうと設計したかに思えるほどである。

電池が切れようものなら具合が悪いのかと心配気な表情をする(インコは顔色がある)ほどだから、つくりものでも情が通うのは人間もインコも同じだと上掲のレビューで感じた次第である。とても良い製品なので紹介したい。


(あしかがフラワーパークで買ったと同じ物・amazonで販売)




(電池が切れて動かないと心配そうにする)


(おわり)

posted by ihagee at 11:38| 日記

2020年09月17日

熱田神宮/名古屋城・1966年



古映像の続き(Kodak Ektachrome Super 8フィルム / 訪日外国人が撮影したと思われるが、撮影者氏名不明のオーファンワーク)。200 ftのフィルムをWolverine MovieMaker Proとliquivid Video Improveでデジタル化した(それら機材とソフトについては本ブログ「8mmフィルム」カテゴリーに記載)。


(街角を行き交う影法師)


名古屋に住んでいたにもかかわらず熱田神宮も名古屋城も親に連れられて行った覚えがない。内山(千種区)の社宅から子どもの足では今池周辺、母の買い物に連れて行かれた栄辺りが思い出の範囲で、オリエンタル中村のおもちゃ売り場で駄々をこねて母を困らせた覚えならある。押入れに仕置きされたことも間々あった。

何十年かぶりに住んでいた辺りを訪ねた。昔遊んだ公園も空に逆立ちした鉄棒もあったがどれも思いの外小さく見えた。虫を捕まえたり地面に絵を描いたりして喜んでいたのだから子どもの視線は低かったのだろう。

(おわり)

posted by ihagee at 03:11| 古写真・映像

2020年09月16日

名古屋まつり・1966年



古映像の続き(Kodak Ektachrome Super 8フィルム / 訪日外国人が撮影したと思われるが、撮影者氏名不明のオーファンワーク)。200 ftのフィルムをWolverine MovieMaker Proとliquivid Video Improveでデジタル化した(それら機材とソフトについては本ブログ「8mmフィルム」カテゴリーに記載)。



父の仕事の関係で小学校低学年まで名古屋に居た。

尾張徳川・御三家筆頭格の城下町の誇りは「大名古屋」と呼ぶのが似つかわしい。その「大名古屋」を象徴するのが名古屋まつりで、電飾を煌めかせ夜の大路を連なって走る色鮮やかな花電車(市電)を母に手を引かれて観に行ったものだ。フィルムにあるようなトラックを改装した花電車風、時代装束やバトントワラーの練るパレードはあまり記憶がない。電波塔、名古屋城も同様に訪ねた覚えがない。それでいて東山動物園のゴリラとYMCA(千種・水泳/体育教室)のカレーライスはやたら思い出したりする。

(おわり)


posted by ihagee at 02:46| 古写真・映像